スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「木曜組曲」再読 恩田陸
2007 / 05 / 29 ( Tue ) 13:47:20
スリーピング・マーダー』の一場面を、恩田さんはどこかの作品で「知らず知らずのうちに拝借していた」らしい。
もしかしたら『木曜組曲』が当該作品?という話もあったので、ついつい再読(*^_^*)

似てるところを探しながら読むなんて、もしかしたら初めてかも。

結論からいうと、この作品、『スリーピング…』のオマージュでもなければ、場面拝借の作品でもない、かな。

『スリーピング…』とは雰囲気が全然違う作品です。
この作品は、密室劇というか、舞台劇というか。
狭い空間の中でストーリーが展開します。
この、狭く、重苦しい空気感は、田舎の開放的な空気感とはまるっきり異なるものでした。

この作品で語られる死が、「セピア色の殺人」というほど古く色褪せた死ではなく、いまだ色濃く鮮やかに登場人物たちに影を落としているところも、『スリーピング…』とは一線を画しているところのように思います。

また、「鏡」、「遺言書」、「玄関にかかっている絵」…アイテム的に似てそうなものもあったけれど、「おぉっ!これ、出てきた出てきた」と思うほど既視感のある場面はありませんでした。


…と、まぁ、似てないな。という感想で終わったのですが。

この作品、剥いても剥いても真相が出てこないたまねぎみたいな魅力がありますね。
最後に示された「真相」も、あと数ページ書き足せば、ころっと新たな「真相」に取って代わられそうな脆さがあります。
それが、なかなか味わい深い。

登場人物4人は、それぞれが重松時子を描くことを約束して、この作品は終わったのですが、それぞれの重松時子、読んでみたいと思ったのでした。

それにしても。
この作品、登場人物が5人しか出てこないのに、名前がとてもややこしかったです。
それぞれを素材の違う絨毯にたとえている箇所を、何度も何度も読み返したのでした。

毛足の長いゴージャスな静子、ナチュラルカラーの麻を編んだ絵里子、地味なこぢんまりした花模様がきっちりと織り込まれた尚美、ポップ・カラーのビニールのつかさ。



名前と性格がどうも一致しなくって(苦笑)

【こちらの記事も♪】
たこの感想文
徒然なるままに・・・

スポンサーサイト
恩田陸 TB:1 CM:6 admin page top↑
<<中学校図書室 * HOME * 昨日の図書館本>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん♪
木曜組曲、読まれたんですね!スゴイ~
「スリーピング~」と共通点なかったですか。やっぱり違ったんですね。残念。いったいどの作品のどの場面だったんでしょうね?
以前、『果しなき旅路 ピープルシリーズ』 を読んだときに「麦の海に沈む果実」を思い出す場面があって、「これ、ゼッタイオマージュだ!」と嬉しくなったことがあります。「スリーピング~」はどの作品のオマージュなのか・・・う~ん、気になりますね・・。
by: EKKO * 2007/06/01 07:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

EKKOさん、おはよっ♪
うんうん、酔狂にも読んでみたよ。
2回目でも、とても新鮮に楽しめる私。
忘れっぽいのがいいのか、悪いのか…って感じです(^^;)

>いったいどの作品のどの場面だったんでしょうね?
もし、何かピンときたら、教えてね♪
(そのときは、今度は『スリーピング…』のほうをもう1回読まなきゃかもしれない^^;)
by: そら * 2007/06/01 08:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは~。
確かに、ちょっと登場人物に混乱してしまう部分ありましたね。言われるように名前が似ている、というのもあるんでしょうが、それ以外に、1人称と3人称が変な形で入り乱れている部分もあったかな? というのを感じました。
それまで第三者的に語っていたのに、突如、ある人物の視点になっていた…とか言うところがちらほらあったので…。

ただ、作中で殆ど動きのあるシーンが無いのに、実にスリリングに話が展開したりと、その辺りの作りはさすがだな、というのを感じました。
by: たこやき * 2007/07/12 15:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん、こんにちはっ♪

>1人称と3人称が変な形で入り乱れている部分もあったかな? というのを感じました。

そうだったっけ?(^^;)
2度も読んでるのに、全然気づかなかった私。。。。
最初の煙草のシーンから、そうだった?
なんか、あそこから既に混乱してたのよぉ~(早過ぎっv-356

>作中で殆ど動きのあるシーンが無いのに、実にスリリングに話が展開したりと、その辺りの作りはさすがだな、というのを感じました。

ですよね~。うんうん。
あの緊張感がよいよね~。
これ、映画化されたんだそうですけれど、
映画にしたら、きっとおもしろくないだろうなぁなんて思いますv-8
舞台だったら、また違うかも…だけどね♪
by: そら * 2007/07/12 17:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

コメントまで頂きまして、有難うございました。
この作品、舞台化したら演技派・実力派の女優さんの、丁々発止のやりとりが楽しめそうですよね。
反対に経験の浅い若手の女優さんなんかを起用すると、目も当てられなかったり・・・(苦笑)。

ただ個人的にはこの作品の登場人物、喫煙者が、というかヘビースモーカーがいますよね。
そのあたりがちょっと気になったり・・・(偏見かな)。
by: エクスカリバー * 2009/01/06 23:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

エクスカリバーさん,こんばんはっ♪

こちらこそ,TBありがとでした~\(^o^)/

> この作品、舞台化したら演技派・実力派の女優さんの、丁々発止のやりとりが楽しめそうですよね。
> 反対に経験の浅い若手の女優さんなんかを起用すると、目も当てられなかったり・・・(苦笑)。

ね~っ♪映画のキャスティングは,鈴木京香(絵里子),静子(原田美枝子),尚美(冨田靖子),つかさ(西田尚美)だったようで。
なかなか豪華ですよね~。

> ただ個人的にはこの作品の登場人物、喫煙者が、というかヘビースモーカーがいますよね。
> そのあたりがちょっと気になったり・・・(偏見かな)。

あ,確かに。
by: そら * 2009/01/07 20:24 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/525-4aae0e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『木曜組曲』 恩田陸
女流作家・重松時子が謎の死を遂げてから4年。その日その場に居合わせた縁の者たちは、それ以来毎年「うぐいす館」と呼ぶ彼女の家へと集まるのだった。 編集者のえい子、ノンフィクションライターの絵里子、売れっ子のサスペンス作家である尚美、純文学作家のつかさ、小... 【徒然なるままに・・・】【2009/01/02 10:21】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。