スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「最悪」奥田英朗
2005 / 07 / 06 ( Wed ) 14:06:22
この方の新作、「サウスバウンド」が新聞広告に載っていました。
元過激派の父親を持つ小学6年生が主人公だとか。
「ビルドゥングロマン」なんだとか。(何だ?)
よく分からないけど、おもしろそうです。

ということで奥田さんを思い出したので、
「邪魔」の前に読んだ「最悪」を。
とにかくどんどん悪いほうへ転がる転がる。
そのスピード感がたまりません。

★★★★☆

>不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢(あつれき)や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。
無縁だった3人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。
(文庫本の裏表紙より)

けれども3つの人生が交差するのは分厚い本の3分の2を過ぎたあたりからです。
それまでは、ただもう最悪に最悪を塗り重ねていく3人がそれぞれ個別に描かれます。
3人の中では川谷さんの描写が秀逸。
彼がだんだん追い詰められていく姿に、こちらまで心臓ドキドキ、息苦しくなってきます。
うわ~、どうするのさ~の展開からラストまで、川谷さんから目が離せませんでした。

ラストはジェットコースターの最後のように落ち着くべきところにゴールしたという感じがあり、
いい感じでクールダウンできました。

読み終わって、どこかすっきりしたものを感じていました。
最悪な話のはずなのに後味がいい、何とも不思議な本でした。
スポンサーサイト
奥田英朗 TB:6 CM:10 admin page top↑
<<「センセイの鞄」川上弘美 * HOME * 「模倣犯」の途中>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

え?!
3人が交差するのですか??
わぉ!
川谷さん。。。
みんな本当に最悪で・・・
中でも川谷さんなんて、もー最悪の最悪で。。。
最悪な人の代名詞にできるほど最悪で。。。
とにかく最悪なのよ~
やっぱ、この本を早く読みたい~(焦るよ)
by: ゆー * 2005/07/06 14:49 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ゆーさん、おはよっ♪

この本、途中まで読んでるのかな?
それとも、段ボールの中にあるのかな?

>最悪な人の代名詞にできるほど最悪で。。。

ゆーさん、うまいっ(^o^)

by: そら * 2005/07/07 08:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

本はね、読みかけて忘れて会社の机の引き出しに忘れっ放してて
この前気が付いて家に持って帰ってきたんだけど
とりあえずダンボール箱に戻したら、またそのままに・・・
3人が交差するなんて想像もしなかったからオドロキです。
by: ゆー * 2005/07/07 19:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

なかなか最後までたどり着かない本だったのね(^o^)

公式見解では、「3人が交差したとき、運命が転がり始める」んだって。

その前から十分転がっていたんだけど、
うわ~、どうするのさ~、もうこれしかページ数ないのに、ちゃんと終わるの~って感じでした。
やっぱりこのときも川谷さんが秀逸だったわ。

辛抱強く待っている「最悪」くん、
再会してみる?(^^)
by: そら * 2005/07/07 21:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どもども。

いやーやっぱよかったです。

川谷さんの状況って、
仕事してるひとなら少なからず味わう状況ですよね。。
冷静になろうとしても、それ以上の要求あったりとか。。

読後感は、ホントそーっすね。
アレだけ、落としておきながらさほど重たい終わりになってない、
3人のちょっとした救いだとか、変化とかが
そう思えるとこなんでしょーね。

他の作品、猛烈文庫化待ちです。
by: じゅん * 2005/07/29 20:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪

「最悪」、楽しめたようで何よりです♪
川谷さんの状況、そうでしょう?
一番身につまされる状況でしたよね。
だから一番ドキドキしました。

>3人のちょっとした救いだとか、変化とかがそう思えるとこなんでしょーね。

ねっ♪
この展開でこの読後感は、なかなか出会えない種類の本だわと思います。

「イン・ザ・プール」とか「空中ブランコ」とか、これはまた全然違うけど、おもしろいよ。
早く文庫になるといいね♪

by: そら * 2005/07/30 05:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

そらさん、こんばんは。
やっと「最悪」の感想をUPできました。

本当に「最悪・・・」の一言で
表現できる作品ですね(苦笑)

>最悪な話のはずなのに後味がいい、何とも不思議な本でした。
うん、そうかもしれないっ!
少なくとも私の中では、
「邪魔」よりはましでした。
by: ちえぞう * 2008/11/05 17:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

ちえぞうさん,こんばんはっ♪

やっとUPできたのね。
いろいろとお忙しかったようだもの。忘れなければそれでよし!と。(私はそこが一番問題^^)

>本当に「最悪・・・」の一言で
表現できる作品ですね(苦笑)

ですね~(苦笑)

でも,私もこの作品好き♪
ちえぞうさんも,楽しめた(?)ようでよかったよかった\(^o^)/
by: そら * 2008/11/05 20:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。

「東京下町殺人暮色」と合わせて
お待ちしていますね。
by: 藍色 * 2009/02/10 11:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん,こんにちはっ♪

はいは~い♪
毎度毎度ありがと~\(^o^)/
by: そら * 2009/02/10 16:16 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/53-e06726ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最悪
「最悪」奥田英朗小さな鉄工所社長、女性銀行員、チンピラ。それぞれ、憂鬱な日々を過ごし様々な問題を抱えていたのだが。。。分厚くて避けてた文庫シリーズ その1やっぱり厚い。内容は充分オモシロイんだけど、片手読みしにくいのが文庫派にとっては... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2005/07/29 19:30】
「最悪」奥田英朗
タイトル:最悪著者  :奥田英朗出版社 :講談社読書期間:2005/11/15 - 2005/11/18お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]その町には幸と不幸の見えない境界線がひかれている。事業拡大を目論んだ鉄工所主・川谷を襲うウラ目ウラ目の不幸の連続。町のチンピ AOCHAN-Blog【2005/11/30 19:27】
最悪 [奥田英朗]
最悪奥田 英朗〔著〕 amazonでレビューをみる オンライン書店BK1でレビューをみる お先まっ暗、出口なし それでも続く人生か 小さなつまずきが地獄の入り口。転がりおちる男女の行きつく先は? 不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢(あつれき)や 玉葱の本棚【2006/01/10 00:43】
奥田英朗『最悪』
最悪講談社このアイテムの詳細を見る今回は、奥田英朗『最悪』を紹介します。本書は、全650ページ中最初の500ページぐらいで、3人の主人公が別々に最悪の状況に転落していく様子を描いている。川谷鉄工所社長、川谷信次郎は、近隣との騒音トラブルや設備投資の融資トラブル itchy1976の日記【2006/01/29 10:12】
最悪
最悪(1999/02)奥田 英朗商品詳細を見る 奥田さんの長編です。 「邪魔」よりも先に書かれた作品ですね。 似たような形態の作品だと思います。 ... Double-OK!!【2008/11/05 17:35】
最悪 奥田英朗
不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。 銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んで... 粋な提案【2009/02/10 11:30】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。