スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「終末のフール」伊坂幸太郎
2007 / 05 / 31 ( Thu ) 16:34:39
あと7年後に小惑星が衝突して、地球が滅亡する。
突然のニュースから巻き起こったパニックを経て、現在、地球滅亡まであと3年。
暴動や集団ヒステリー、流言も沈静化し、どこか諦めや落ち着きを取り戻してきた市民の風景8連発。

★★★☆☆

地球滅亡のパニックを描いた作品は数あれど、その後の倦怠感とも諦観とも、何とも言えない凪いだ雰囲気の中に生き残った人々の話という点で、ユニークです。

その中でも、感じ方はいろいろ。決着の付け方もいろいろ。
そのいろいろがあちこちにリンクして、どの人も主人公になりうるという伊坂さんの視点も健在です。

大人しい作品…という印象でした。

【こちらの記事も♪】
読書感想文とブツブツバナシ
My Favorite Books

スポンサーサイト
伊坂幸太郎 TB:2 CM:8 admin page top↑
<<5月に読んだ本 * HOME * 映画「しゃべれどもしゃべれども」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、こんにちは!

私、この本一番最初はピンと来なかったんですが、
再読したらとても好きになりました。

2つ目くらいに出てくる、結婚10年目に子どもができた夫婦が、
産むかどうするか悩む話、とてもよく分かります。
(伊坂さんも小さい子どもがいらっしゃるようなので、
 ちょっと私小説的な面もあるのかな?)

私の感想では、この本は世の中が少しずつどうしようもない方向へ流れて行くことへの無常観を描きつつ、
対政治だと、『魔王』のように怒りのこもった作品になり、
対隕石だと、運命として受け入れてしまう人間の姿を見せてくれているのだな、という感じでした。
(ナンかイマイチの説明ですみません・・・)
by: nao * 2007/06/01 13:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは^^
先日はコメント返し、ありがとう!

私、伊坂さんて独特の雰囲気が大好きなんですよ。
すっごい感動は無いことが多いんだけど…
「終末のフール」はちょうど一年位前に読んでますが、
まぁまぁってところだった様です。

伊坂さんで特に好きなのは、「オーデュポンの祈り」と
「ラッシュライフ」でしょうか。

最近、「フィッシュストーリー」を読みました。
伊坂作品をほとんど読んでいれば
あの人やこの人が登場して、楽しめますよ♪

by: ほのこ * 2007/06/02 10:03 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
お元気~~~?(*^_^*)

この本、再読までしたのね。
そうか、すごいな~。

あの夫婦の話も、まぁ悩むだろうな~と思ったし、
彼らの決断はステキだなぁと思いました。
私が一番印象的だったのは、障害児のお父さんだったかな。主人公にはなってなかったけど。
すごく実感のこもった親の気持ちだよな、と思いました。
「この子より1日でもいいから長生きしたい」って気持ちの裏返しだよね。

小惑星衝突の瞬間でもなければ、
衝突が発表された瞬間でもない、
とても中途半端な「とき」を選んだ伊坂さんって、
やっぱりどこか変わってるというか、ユニークというか。。。
そこが「いい」と思いました(*^_^*)
by: そら * 2007/06/02 13:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ほのちゃん、こんにちはっ♪
コメント、ありがと♪

>伊坂さんて独特の雰囲気が大好きなんですよ。
すっごい感動は無いことが多いんだけど…

独特の雰囲気を味わいたくて、ついつい手が出てしまいますね~。
この作品も、すっこ゜い感動はなかったけどv-8

『オーデュボン…』私も好きっ♪
あとは、『チルドレン』とか『死神の精度』なんかが好き。
私、ややこしくないのが好きみたい(^_^;)

『フィッシュストーリー』かぁ。図書館で予約してるんだけど、13人待ちなんだ。まぁ、軽く見積もって半年後かな?
楽しみだぁ\(^o^)/
by: そら * 2007/06/02 13:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

「籠城でビール」が好きでしたね。
すごく中途半端な時期を描くことで
これからの在り方を
問うていうるようなそんな感じでした。
発表直後とか滅亡寸前を描くと
また別の作品ができるのかな~なんて思いますね。
by: す~さん * 2007/06/03 12:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

す~さん、おはよっ♪
「籠城でビール」…復讐のお話ですね。ラストが、この設定ならではで、そうか~、なんて思いました。

>発表直後とか滅亡寸前を描くと
また別の作品ができるのかな~なんて思いますね。

まるっきり違う作品になるでしょうね~。
ここで、「あえて」中途半端な時期を持ってきた伊坂さん、
おもしろいな~と思いました。
by: そら * 2007/06/04 08:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうも。

そうですねー大人しい、ゆるい感じでしたよね。
そこがちょっとしっくり来なかったとこかもしんないです。
とんでもない暴動があったんなら。。。
とか、なんか話の設定に乗り切れなかったというか。。
でもやっぱり伊坂さん風でしたよね。
by: じゅん * 2007/06/06 09:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、ど~も♪

>大人しい、ゆるい感じでしたよね。

うんうん。どこかまったりとした雰囲気が漂ってましたね。
7年も8年も、ず~っとヒステリー状態のまま生きてはいけないものなのかもしれないね。
何だかとってもニッチな作品で、そこがとっても「伊坂さん」でしたねぇ。



by: そら * 2007/06/06 14:43 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/530-4f96d7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
終末のフール      ~伊坂 幸太郎~
伊坂幸太郎待望の新作!!です。今回は8年後に小惑星が地球に衝突し、世界が終わってしまう。その発表があった5年後、つまり小惑星が地球に衝突するまであと3年になった仙台の街が舞台。もっと細かく言えば、仙 My Favorite Books【2007/06/03 12:37】
「終末のフール」伊坂幸太郎
「終末のフール」伊坂幸太郎あと、8年で地球に小惑星が落ちてきて人類は滅亡する。と発表されて、5年。その日を3年後に控えて、とある仙台の団地に住む人々達は、残された日をどのように過ごしていくのか。。8編の連作短編集。集英社に「特集サイ... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2007/06/06 09:24】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。