スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「四度目の氷河期」荻原浩
2007 / 06 / 15 ( Fri ) 08:53:44
なかなか興味深い、少年の成長物語でした。

★★★☆☆

父のいない少年ワタル。
周りの子との違和感を、幼いワタルは「父親がクロマニヨン人である」と信じることで、乗り越えようとする。
ワタルの、17歳に至るまでの成長物語。



「親を知らない子供たちは、必ず親探しの旅に出ます」…赤ちゃんポストが話題になっていた頃に、新聞で見かけた児童養護施設の職員の方の言葉が思い出されます。
子供にとって親を知らないことは、子供のアイデンティティー確立の大きな阻害要因となると、その方はおっしゃっていたように思います。
なるほどな~と思う作品。

幼稚園時代、小学校時代のワタルの物語は、確かに孤独ではあるけれど、たくましさも同時に感じ、ちょっとほのぼの読んでいました。
(ほのぼの読む箇所かどうか、何だか違う気もするんだけれど。。。)
じっとしているとむずむずしてくるというワタルに、とっても親近感。
うちの息子も、いまだにじっとしなくてはいけない時間が長くなると、「背中がむずむずする」だの、「背骨がくすぐったい」だの、言ってきます。
ああ、こういう感じなのかな…なんて、ワタルの話を読みながら、逆に息子の気持ちをなぞってみたりして。
まぁ、ワタルの場合、その衝動が自分で抑えられないあたり、多分病院に連れていったら何か病名がついてしまう子…なんでしょうね。
軽度発達障害の場合、その病名がつくことでサポートが受けられる環境になければ、診断されても何の助けにもならないんだな。そんなことを感じます。
そんな中で、「僕のお父さんはクロマニヨン人」という発想は、なかなかナイスな落ち着きどころだったのではないかなぁ。

サチが登場して、孤独だったワタルに彩りが生まれ、
少しずつ少しずつ、普遍的な少年心を描く作品にシフトします。

性の目覚めや戸惑う気持ちなどは、私が経験してこなかったことだけに、ふ~ん。。。と興味深かったです。
もちろん、ワタルの感じたことはワタル個人が感じたことであって、
それが「必ず通る道」なのか、よく分からないのだけれど。

自分は普通の子とは違う。
そんな思いを否定的に感じたり、肯定的に思ったり。
どこにもない「普通」を基準に揺れ動いていた気持ちが、
僕は僕としてここにいる、
そしてだれかとつながっていると、
頭ではなく心でストンと納得できたワタルの精神的な成長に、
スーッと水がしみわたるように、幸せな思いがしみわたったのでした。

ただ。この作品で一つ残念だったのは、
ところどころフライングの文章が挟まれていたことです。
ここまで何回も出てくるっていうことは、作者は確信犯なんだよね。
何がしたかったんだろう?

【こちらの記事も♪】
My Favorite Books
苗坊の読書日記
読書感想文とブツブツバナシ
デコ親父はいつも減量中
京の昼寝~♪
スポンサーサイト
荻原浩 TB:5 CM:9 admin page top↑
<<今週の図書館本 * HOME * 「象と耳鳴り」恩田陸>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

クロマニヨン人が父親だと信じていたのに、
実は・・・って、なんかワタルがかわいそうだったり。
でも、サチの存在に救われたり。
で、最後はどうなったんだよ~って思うんですけど、
きっといい方向に進んだんだろうと
思わないとなんかやってられません。
by: す~さん * 2007/06/15 21:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんわ^^
またまた失礼いたします。
最初はワタルはどこへ行ってしまうんだろうと、心配になりましたが、サチが出てきてからは安心して読めましたね^^
ラストも結構好きでした。
by: 苗坊 * 2007/06/15 22:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

す~さん、こんにちはっ♪
>最後はどうなったんだよ~って思うんですけど、
あぁ、やっぱり?(笑)
あの感じなら、助かったんでしょうね~。
んでもって、仲よく暮らしましたとさ…という気がします(*^_^*)

by: そら * 2007/06/16 13:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんにちはっ♪

>最初はワタルはどこへ行ってしまうんだろうと、心配になりましたが
あはは!心配しましたか(*^_^*)
私は、あのまま大きくなってくれても良かったんだけどね
どんな大人になるのか、見てみたかったかもv-8

まぁ、サチの登場は、ワタルにとって大きな意義あることだったんだなぁと思います。

ラスト。私も好き。
出来事的には「。」ではなくて、「、」で終わったようなラストでしたが、勝手に明るいこれからを思い描きました。(^^;)
なにがしかの「気づき」を持って、明るく終わる成長物語って、よかったよかったと思って、ホッとします♪
by: そら * 2007/06/16 13:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆す~さんへ◆

す~さんのとこ、TBのあて先も、コメント欄も出てこないの。。。
by: そら * 2007/06/16 13:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

え~っと
各記事の下にTB()CM()ってところがあるので
()の部分をクリックすると
TBのURL欄やコメント記入欄に飛ぶようです。
テンプレートを変えたので分かりにくいかもです。
by: す~さん * 2007/06/16 22:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

す~さん、了解です♪
明日、やってみますねっ☆
by: そら * 2007/06/17 22:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうもー

女性には、あの辺りイマイチ盛り上がれないかもですね。
たぶん男は、少なからず楽しめる部分あると思います(笑)

フライング文章。ありましたね。
他でもたまに見かけますけど、
”わかってるから楽しめる”効果があると思ってます。
隠しておくよりも。
by: じゅん * 2007/10/01 18:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪

>女性には、あの辺りイマイチ盛り上がれないかもですね

あら、そう?
ほーほー、息子が朝、なかなか起きてこないときには放置しよっ☆とかね、いろいろとおべんきょになったりして♪
私は結構楽しめました(=^▽^=)←もはや女性を捨ててるかも?!

フライング文章。私は何だか興ざめしちゃうんだよね~。
まぁ、これは好みの問題かも。かもかも。(*^_^*)
by: そら * 2007/10/01 19:08 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/538-7b7c4d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四度目の氷河期     ~荻原 浩~
読み応えあり。ワタルは母親と二人小さな町で暮らしている。よそ者の二人に町の人たちは冷たく、二人をかたくなに受け入れようとしない。幼稚園の頃から人と違う行動を取るワタルに友だちはなく、いつも一人で母親 My Favorite Books【2007/06/15 21:47】
四度目の氷河期 荻原浩
四度目の氷河期僕のお父さんは、クロマニヨン人だ。ワタルは、小さな田舎町で母と一緒に住んでいる。父親はおらず、誰なのかも分からない。自分がだんだん他の子とは違う身体に成長していくのを感じ、自分はクロマニヨン人の子どもだと思い始める。それからは毎日.... 苗坊の読書日記【2007/06/15 21:55】
「四度目の氷河期」荻原浩
「四度目の氷河期」荻原浩母親と2人暮しの幼い主人公は、田舎社会ゆえ、その境遇や他のみんなと違うその風貌で周囲から孤立していた。。そんな状況を解決するのに、父親に関する、とある推測をする。。自分は特別なんだ。と。そんな主人公ワタルの青... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2007/10/01 18:24】
四度目の氷河期<荻原浩>-(本:2009年読了)-
四度目の氷河期クチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2006/9/28) # ISBN-10: 4104689033 評価:89点 予備知識なしにこの小説を読み始めた。 「四度目の氷河期」という題名、そして本の表紙。 きっとSFなのだろうと思っていたのだが、どうにも変な立ち上がり。 デコ親父はいつも減量中【2009/10/10 13:52】
「四度目の氷河期」/荻原 浩
「四度目の氷河期」/荻原 浩(新潮文庫刊) 今年の初読みは文庫本になっていたのでこの本にしました。映画『明日の記憶』の原作者が荻原 浩だと知って、色々読み始めたけれど、僕が主に読書タイムにしているのは専ら通勤電車の行き帰り。困るのは思わず吹き出してしまい 京の昼寝~♪【2010/02/09 08:49】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。