スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「愛罪」五條瑛
2007 / 06 / 27 ( Wed ) 21:37:40
題名からしても、『恋刃』の続きかと思っていましたが、
またまた新しい切り口です。
今回は、長谷川一族が軸になります。
サーシャの「革命」の全容が、ぼんやりと見え隠れしてきました。

新宿では新種のドラッグを巡り複数の組織が抗争を続けている。大手製薬会社の会長は、複数の愛人に子供を産ませ、すべて引き取っているが本妻は死亡し愛人もすべて消息不明になっている。真実を手繰ると、そこには想像を絶する罪深き愛があった。<革命小説>シリーズ第5弾。(Amazonより)



愛を糧に生きていくことは難しいが、憎悪を糧にすることは楽だ。
愛には常に疑いがつきまとうが、憎しみに疑惑はない。
愛を失うことは苦痛だが、憎しみは失っても困らない。

得るものはどんどん減っていくのに、失うものは増えていく



みんな過剰なほどの愛に溢れているというのに、
誰1人幸福になんかなってない。
愛を言い訳にして、残酷な罪を重ねていくばかりだ



これは、「愛」の物語なのか…???

ちょっと楽しみにしていた桑田とリャンも、「通商の歴史」も、
今回はひとまず棚上げです。
ファービーの新薬申請許可をとるために、製薬会社に目をつけた…というところでしょうか。
1つのことをやり遂げるには、こうやってあちらこちらに目配りし、
手を打たなくてはいけないのね。

『輪が青春の防人』と『神が去ったプノンペン』…亘のとーちゃんが自主出版した本だったのね。また1人、つながったぞっと。それを、なぜ和田剛が持っていて、それが堀江の手に渡ったのか。どんな内容の本なのか、今回も、まだ種明かしはありませんでした。…う~ん、引っ張るな~(^^;)

場面転換が早く、登場人物がくるくる変わります。
それがある種のスピード感を持っていて、さくさく読めます。
いろんな人が出たり入ったりする割には読んで戸惑いを感じないのは、
5冊目ということで、
それぞれがすっかり「おなじみ」になっているからこそ。
この辺は、シリーズ物ならではですね。

今回、長谷川一族の末弟、俊太に絡み、すみれの学校生活も描かれています。
どこの中学校も大変ね~と思ったのでした。

すみれが俊太にときどき感じるイライラが、何だかすごくよく分かる。
私は、すみれのような境遇を知ってるわけでも、経験してるわけでもないのにね。

俊太にしろ、聖美にしろ、ホント、甘えているな~と。
聖美なんか、バカじゃないのと思う私。
ちょっと、自分が荒んでいるかもしれません。

今回出てきた人物のうち、一番気になったのが釜崎です。
「経済やくざ」という肩書きのせいか、
昔は優秀な学生だったという過去のせいか、
山内練を想像させて、何だかわけもなくドキドキしたのでした(*^_^*)

【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文
スポンサーサイト
五條瑛 TB:1 CM:2 admin page top↑
<<最近… * HOME * 「愛しの座敷わらし」荻原浩~120回~>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは~。
本当、少しずつ繋がってきたな~、と言う感じですね。おなじみの人々も出てきてますけど、それらの関連性が見えてきて、かなりスピーディに読めました。

>俊太にしろ、聖美にしろ、ホント、甘えているな~と。

それは、私も感じました。と、同時に、すっかりドゥルダ、そして、サーシャの手のひらの上で操られているだけの満夫に対しての「愚かさ」のようなものも感じました。
実際、その立場になるとそれどころじゃないんでしょうけどね(^^;)
by: たこやき * 2008/07/15 23:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんにちはっ♪

たこやきさんは満夫が気になりましたかぁ。
社長さんだよね。
うんうん,彼もちょっと「愚かだなぁ」と思わされた…かも。。。
あ~!いかんいかん!細かいことをどんどん忘れていく(T_T)
by: そら * 2008/07/17 12:49 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/543-236ddd87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)愛罪 Uxoricide
著者:五條瑛 愛罪“Uxoricide”―R/EVOLUTION 5th Mission (R/EVOLUTION (5th Mission))(2006/04)五條 瑛商品詳細を見る 腹違いの兄らと、父の後継者争いをする... 新・たこの感想文【2008/07/15 23:11】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。