スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「風が強く吹いている」三浦しをん
2007 / 08 / 04 ( Sat ) 16:46:09
長距離やってる人たちの心をわしづかみにした本です。
スポーツ全般苦手です…という私にも、心に響く作品でした。

★★★★☆

この作品、主人公・走(かける)の成長物語としても、十分読ませてくれます。
言葉より体が先に動くタイプの走。
彼が、自分の感情を言葉で表現する大切さを実感していく…そんな物語でもあります。
人は人によって成長していくんだなぁ。そんなことも思います。

走に大きな影響を与えた清瀬灰二。コーチとして、申し分のない人だと思います。本人の特性を生かしつつ、納得ずくでやるべきことをやらせる。スポーツだけにとどまらず、コーチングの1つの理想形だと思います。すごいなぁ、ハイジ。まだ若いのに。

寄せ集めのチームで臨む駅伝。
ちょっとかじったことのある人なら、「あり得ないよ」と思うことも多々あるのかもしれません。(私にはあり得ない箇所自体が分からないけど)
そういう意味では、どこかマンガチックな作品かも。
けれども、リアリティーなんて吹き飛ばす、ファンタジーでもいいじゃないと思える勢いが、この作品には確かにあったように思います。

作品中、たっぷり描かれた駅伝シーン。
テレビで観ているだけでは、なぜかいつも眠くなる駅伝ですが(^^;)
胸にぐっと迫るものがありました。
うん、やっぱりスポーツはすばらしい!


蛇足ですが。
この作品の中に登場する「上尾シティーハーフマラソン」。
小学生の部に息子が出たこともある、地元のマラソン大会です。
こんなところでお目にかかれるとは。
何だかちょっと嬉しかったのでした。

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
ひろの東本西走!?
粋な提案
アン・バランス・ダイアリー
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
31ct.読書部屋
clipboard
生きることにも心急き,感ずることも急がるる
itchy1976の日記
higeruの読書ログ


スポンサーサイト
三浦しをん TB:7 CM:22 admin page top↑
<<「Q&A」恩田陸 * HOME * 梅雨が明けました\(^o^)/>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちは。TBさせていただきました。
私は箱根駅伝を毎年見ているので、この作品を読むのをためらってました。
でも、読んで良かったですね~まさに青春ですよ。
感動でした。
ランナーそれぞれの想いがちゃんとかかれてましたよね。
本戦は手に汗握りながら読んでましたよ~。
by: 苗坊 * 2007/08/05 15:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんにちはっ♪
苗坊さんも長距離が好きっ♪な方なのよね~(*^_^*)

>まさに青春ですよ。
うんうん、た~しかに♪
読後に爽やかな風が吹く作品でした(*^_^*)

>本戦は手に汗握りながら読んでましたよ~。
ほんまもんの箱根駅伝は、いっつも寝ちゃう私でさえ、
ぐっと胸に迫るものがあったもの。
箱根駅伝を欠かさない苗坊さんなら、余計だろうな~と思ったのでした。

by: そら * 2007/08/06 15:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ハイジ、凄い!◆

こんばんは。

コメント・トラバ・リンク、ありがとうございました!

走も良かったけどハイジが素晴らしかったです。v-238
うちのブログでのそらさんコメントへのレスで書いたのですが、明確で非常にレベルの高い目標を掲げ、メンバーの特徴や性格を的確に把握してやる気を起こさせるハイジのコーチングは理想に近いと思います。
ここは全くの同意見ですね。
個人的には神童とムサも好きでした。

「あり得ないよ」と思うことは例えば、陸上をやったことがない人がいきなり5000mを走ってあのようなタイムを出すことなどです。私の自己ベストよりも遙かに速い!

でも、この作品の素晴らしさの前にはそんなことはどうでもいいですね。
走ることの苦しさ・つらさ、その反面の凄さ・素晴らしさを描くと共に、友情、信念、努力、恋心なども散りばめて、そう、”読後に爽やかな風が吹く”作品でした。v-218
by: ひろ009 * 2007/08/06 23:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは。
走るだけじゃなく私もスポーツ全般苦手です。
でもまさに、心をわしづかみにされました。
走っていく勢いが素晴らしくって、読後爽快でしたね。
上尾シティーハーフマラソンって、そらさんの地元で
息子さんが出られたこともあるんですね。びっくり!。
あそこから、第二のムサや王子が!?(笑)。
by: 藍色 * 2007/08/07 01:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆レースの裏側◆

確かに駅伝は見ていると眠くなる(笑)
最初は楽しんでいるのに、結構皆散漫になって飽きてくるんですよね。
と言いつつ、私は毎年欠かさず見る習慣があるのですが。
去年知り合い(とはいっても中学の県大会で顔を見知っている程度)が、
駅伝に出るようになったので、つい姿を探してしまいます。
最近、駅伝前のドキュメンタリー放送が増えましたよね。
三浦さんのレース部分で感動できたのは、
彼らの練習の頑張りをみることが出来たからであって、
という事は、テレビ局も飽きてしまう駅伝に観客を惹きつけようと、
頑張っているのかなぁ、なんて思いました(笑)
知っている土地が小説に出てくるって嬉しいですよね。
by: るい * 2007/08/07 10:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、おはよっ♪

神童とムサかぁ。渋いところを突いてきますね~、ひろさん(*^_^*)

>陸上をやったことがない人がいきなり5000mを走ってあのようなタイムを出すこと

あ~、やっぱりイロイロあるんだね。ずっと長距離やってるひろさんの自己ベストより速いって、相当「あり得んだろー」だわね。
そういう細かいところがよく分からなくて、よかったのか、悪かったのか。
まぁ、突っ込もうにも突っ込めない一抹の疎外感(?)がありました、私。(十分楽しめたから、いいんだけどね。*^_^*)

by: そら * 2007/08/07 10:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんにちはっ♪

>走っていく勢いが素晴らしくって、読後爽快でしたね。

ですよね~v-221

上尾シティーマラソン。そんなにちゃんとした大会だったの~???とびっくりしました。てっきり地元の運動会のノリだと思っていたもので(^^;)
「上尾ってどこですか」の会話に、笑えました。(県民でない人には、よ~く聞かれるのよ^^;)
by: そら * 2007/08/07 10:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

るいさん、こんにちはっ♪

>確かに駅伝は見ていると眠くなる(笑)
長距離やってた方にそう言われると、ちょっとホッとしたりして(*^_^*)

確かに、応援してるチームとか、注目してる選手がいなければ、ただ単に「走ってる姿が延々と流されてる番組」になってしまいますからね~。
そういう意味では、「裏側」を知るのも、駅伝を楽しく見るのに欠かせないかもしれないね。
あんまり悲劇性ばかりを強調されると、逆に引くけど(^^;)

どんな形であれ、知り合いが駅伝に出てるって、すご~く楽しそう♪
娘のカレシとか、息子の友達とか、そうじゃなかったら、私の友達の息子とか、何年後かに出てくれないかなぁ(妄想中)
by: そら * 2007/08/07 10:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆そらさん、こんばんは!◆

私の大好きな「風が強く吹いている」
そらさんの感想を
楽しみにしていました。
私は心をわしづかみにされた一人ですが本屋大賞が
「一瞬の風になれ」にもっていかれ
もう少し評判になってもよかったと残念でした。
「一瞬の風になれ」は短距離。これは長距離。
陸上の才能は皆無の私ですが両方ともすごく面白かった。

「風が強く吹いている」はありえないだろ~というお話ですが
小説の世界くらいこんな素敵な奇跡があっても良いですよね。
わくわくして、図書館派の私が本屋で買っちゃった一冊です。

来年の箱根駅伝はこの本を片手に見ようと思っています!
by: はまゆう * 2007/08/07 21:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん
駅伝、私もじっくり見たことないので、この本乗り切れるかな~と少々不安だったのですが、駅伝の場面は気持ちが込みあげてきて、うるうるしながら読みました。
本当に胸に迫るものがありましたね。
by: EKKO * 2007/08/07 23:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

はまゆうさん、おはよっ♪
元気~?(*^_^*)

はまゆうさんは、この本、買われたのね。
なかなか、よいお買い物ではないの♪

>小説の世界くらいこんな素敵な奇跡があっても良いですよね。
うんうん。ホントそうだね!
私も、今度の箱根駅伝は、ちょっと注目してみようかな~なんて思ってます♪

『一瞬の風になれ』も、おもしろそうですね~。
図書館で予約しようかな。(以前、予約しようとして、あまりの待機人数の多さにめげたことがある^^;)
by: そら * 2007/08/08 09:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

EKKOさん、おはよっ♪

>この本乗り切れるかな~と少々不安だったのですが

私も私も!駅伝のシーンが延々続くっていうお話も、どこかで漏れ聞いていましたし。陸上やってた人に人気が高い作品のようなので、まるっきり分からない人間にはど~なのかなぁなんてね。
まぁ、要らん心配でしたけど♪

>うるうるしながら読みました。

お~、そうか~。EKKOさんは純粋な読み方をされる(*^_^*)
私は、「泣かそうったって、そうはいくかぁ!」みたいに妙にひねくれてるので、そこはぐっと我慢(?)です(*^_^*)
by: そら * 2007/08/08 10:03 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆そらさん♪◆

私は元気です。そらさんのブログは時々お邪魔させて
もらって参考にしています。
この前は「隠蔽捜査」を借りてきました。
読むのが楽しみです。

「一瞬の風になれ」も高校陸上部のお話ですが
すごく面白かったのでぜひ読んでください。
そらさんのほうも図書館での予約がすごいんですね。
こちらでも本屋大賞受賞後は予約殺到していて
再読したいんだけどだいぶ後になりそうです。

それに比べて「風が強く吹いている」は予約者なし。
もっと皆読んでくれ~!
by: はまゆう * 2007/08/08 15:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆はまゆうさん♪◆

>私は元気です
わ~い\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

ときどき遊びに来てくださってるの?
ブログを始めた頃は、大体どなたがいらしてくださってるか、
地方から類推できてはいたんだけど、最近、よ~分からん状態になってしまった。。。
どうもありがと~。忘れないでいてくれて、うれしいよ~\(^o^)/

『隠蔽捜査』…私はオススメ!
もしよかったら、読んだら感想聞かせてねっ☆

『一瞬の風になれ』…昨日の段階で70人の予約待ちです(-_-)ハリポタの次に予約人数が多いの。
う~みゅ。ブックオフでも覗いてみようかな(*^_^*)
あ、ちなみに、『風が強く吹いている』も、21人予約が入ってた。市が貧しくて、本を何冊も買えないのか、それとも人気があるのか、その辺は定かじゃないけど、21人って結構多いよねv-221
by: そら * 2007/08/09 09:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆そらさんこんばんは。◆

そらさんが読んでから、随分時が経ち、私は今頃この本を読みました。走っている選手になった気分で一生懸命読みました。駅伝でドラマがたっぷり詰っていて素敵ですね。
by: agyl * 2008/03/11 22:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

agylさん、初めまして♪
コメントありがとうございました。
走ってる選手の気分になって。。。
うんうん、そんな感じ。
実際には私、走るのも苦手なんですけれど、
ついつい力が入りましたよね~。
こういうお話、私は好きです♪

また、いつでも遊びに来てくださいね。
お待ちしてますよん♪
by: そら * 2008/03/12 11:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

そらさん、こんにちは~

私は『風が強く吹いている』は未読で、『一瞬の風になれ』を読みました。
(ちなみに『風が~』のほうは夫の買っているヤングジャンプで漫画化されたほうを読んでいます
ハイジさんが好いですね!)

陸上は地味なスポーツという印象ですが、とっても奥が深いですよね~
『一瞬の風になれ』もお勧めです。
私の近所の図書館ではやっと人気が下火になり、借りられましたよ~

3冊じっくり読みました。
推理小説と違って先へ先へと急がされないのが良かったです。
登場人物がみんなカワイイです。
by: nao * 2008/04/19 10:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

naoさん,こんばんはっ♪

『一瞬の風になれ』ねっ☆
今,どんな感じかしらんと思って図書館のホームページを見てみたら,
予約が33人でした。
…た,確かに予約も少なくなってる。そろそろ予約してみようかな。
naoさん,私がころっと忘れてた頃に絶妙なアナウンス,ありがと~\(^o^)/
by: そら * 2008/04/19 21:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは!

『風が強く吹いている』も、やっと図書館で借りて読みました(^^♪

が・・・!
最初のほうのページが何ページが抜け落ちていて・・・
冒頭のお風呂上りのハイジとカケルが出会うシーンから
いきなりいつの間にか箱根駅伝チャレンジ!の乗りになっていました。
アオタケの住民の紹介がちっとも分からず、
彼らのパーソナリティーが浸透しないまま読み進めることに・・・

まぁ漫画で予備知識はありましたけれどね~

きれいな台詞が一杯あって素敵ですよね!
『一瞬の~』と同じく、お気に入りの一冊になりました。

ps、nnは先日お陰様で無事に誕生日を迎えられました!
  祝福メッセージ、ありがとうございました (^_-)-☆
by: nao * 2008/06/14 13:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん,こんばんはっ♪

>『風が強く吹いている』も、やっと図書館で借りて読みました(^^♪

お~っ!それはおめでと~\(^o^)/

>が・・・!
最初のほうのページが何ページが抜け落ちていて・・・

え。。。
それはひどいっ!naoさん,ず~っと待ってたのにぃ!!

何人もの人が読んでいれば,本がくたびれてきて,ページがポロッと…っていうことも,ある話かもしれないけれど,そゆときは,正直に「とれちゃいました」って言ってほしいよね~。修繕すればちゃんと読めるんだしさ。
まぁ,漫画を読んでいたから,不幸中の幸い…だったとは思うけど。。。
なんか,せっかくだったのにぃ(>_<)って気がしてならない私。

ちょっと気を取り直して(*^_^*)
この作品,スポーツでつながってるっていいな…と素直に思える作品だったよねっ☆
私も,お気に入りの作品です。
そういえば,最近こういう爽やかな作品,読んでないなぁ(*^_^*)

>nnは先日お陰様で無事に誕生日を迎えられました!

改めて,おめでと~v-315
無事が一番。
何だかすごくうれしいです(*^_^*)
by: そら * 2008/06/14 22:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆傑作でした。◆

そらさん、お久しぶりです。

別に映画化されたから読んだという訳ではないのですが、もっと早くに読めば良かったとちょっと後悔しています。

そらさんのおっしゃるように、一種のファンタジーかもしれませんが、読む人に勇気と感動を与えてくれる素晴らしい作品だと思います。
by: touch3442 * 2009/12/23 17:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん,こんばんはっ♪

こーーーんな開店休業状態のとこにお越しいただきまして,
感謝感謝です\(^o^)/

体調はいかが?
お元気でお過ごしかしらん(*^_^*)

>読む人に勇気と感動を与えてくれる素晴らしい作品だと思います。

ですね~。「うん。私もがんばろー」と素直に思えた作品でした。
スポーツって,いいよね(*^_^*)

by: そら * 2009/12/23 21:25 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/564-51efdb01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
風が強く吹いている 三浦しをん
風が強く吹いているオススメ!箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝.... 苗坊の読書日記【2007/08/05 15:07】
風が強く吹いている 三浦しをん
装画・挿画は山口晃。装幀は新潮社装幀室。寛政大学四年生、清瀬灰二は銭湯からの帰り道、万引きした男の走りに目を奪われ、自転車で追跡。無一文の万引き犯で、四月から後輩になる蔵原走(カケル)に自分が住んでいるアパート、 粋な提案【2007/08/07 01:55】
「風が強く吹いている」 三浦しをん
風が強く吹いている 著者:三浦 しをん販売元:新潮社Amazon.co.jpで詳細を確認する いやぁ、面白かった。雰囲気を一言で現すなら、陸上版「テニスの王子様」。主人公は反抗的ではありませんが、周 31ct.読書部屋【2007/08/07 10:07】
『風が強く吹いている』  三浦しをん  新潮社
『優勝できなきゃ、走れないのか?じゃあおまえら、いずれ死ぬからって生きるのやめんのかよ』箱根駅伝は興味ありながら、じっくり見たことがありません。多分、関西よりも地元の関東のほうが人気が高いのだと思います。そして、私個人的にはお正月って昼間に何時間.... アン・バランス・ダイアリー【2007/08/07 23:13】
『風が強く吹いている』三浦しをん著(新潮文庫)
 20日の日曜日は結局、年賀状を一枚も書けず仕舞いだった。10時過ぎまで寝ていて、午後から親子四人で近鉄パッセに出かけたこととと、時間が空けば、この本を読み続けていたことがその理由だ。そう、この本は、面白い。  箱根駅伝にはそれほど興味がない。正月二日... 生きることにも心急き、感ずることも急がるる…【2009/12/23 17:40】
三浦しをん『風が強く吹いている』
風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)三浦 しをん新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、三浦しをん『風が強く吹いている』を紹介します。箱根駅伝挑戦の小説ですね。構想から6年かかった作品らしいですね。話は若干アニメチックではありますが、すごく面白かったで itchy1976の日記【2010/12/29 18:38】
【三浦しをん】風が強く吹いている
 読んだ順番と投稿順が逆になってしまったが、先週の読了本その3は、今年なって読んだものでは今野さんの『エチュード』に次いで★四つ半のこれ。  タイトルは知っていたが三浦 ... higeruの読書ログ【2011/03/05 01:12】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。