スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
西村寿行さん
2007 / 08 / 27 ( Mon ) 20:29:43
今朝の新聞で訃報を知りました。

この方の作品も、まぁクセのある性描写満載でしたね~。

遠い昔。
本を買ったり借りたりする時間や心の余裕がなく、
それでも何でもいいから何かを読みたくて、夫の本に手を出して。
初めて西村作品を読んだときは、ホントに吐き気がした私。
私も若かったのね~。

それでも懲りずに何冊か読むうちに、「またかい(-_-)」なんて思うようになりましたが。(何せ、思いっきりワンパターン^^;)

何を読んだのか、題名もストーリーもさっぱり覚えていませんが、
小さかった子供たちとのドタバタの毎日とともに、
懐かしく思い出したのでした。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
読書メモ TB:0 CM:2 admin page top↑
<<「夏の庭」湯本香樹実 * HOME * 「クレージーヘヴン」垣根涼介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆そらさん♪◆

西村寿行さん、私も20年以上前結構読みました。
今思うと、あの頃は女性作家があまりいなかったんです。

西村さんの本の女性への扱い方は
私もよ~く覚えています。動物的でしたね。

「黄金の犬」シリーズは犬好きですので
面白かった記憶があるんですよ。
by: はまゆう * 2007/08/29 13:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>今思うと、あの頃は女性作家があまりいなかったんです。

そうか。ミステリーやハードボイルドの女性作家って、そういえばあんまり心当たりないね~。今も思い出せるのは、『猫は知っていた』の人ぐらいかな。(って、思い出せてないし^^;)
あと、女性が読む作品と、男性が読む作品と、結構きれいに色分けされていたような気もする。

>西村さんの本の女性への扱い方
動物的かぁ。はまゆうさん、なかなかきれいにまとめてらっしゃる(笑)
もしかしたら、垣根さんも20年前だったら、もっと受け入れられたのかもしれないなぁなんて、思いました。
少しずつ、読者の求めるものも変わってくるんだろうね。

「黄金の犬」シリーズ
有名ですよね~。テレビドラマにもなったし。
犬笛だっけ?
私も読んだような、読んでないような。。。。う~む、ど~なんだろう???何だか、ほかの「犬もの」とごっちゃになってる気がする(^^;)
by: そら * 2007/08/30 13:28 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/577-bd7ddbcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。