スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「プラチナ・ビーズ」五條瑛
2007 / 09 / 01 ( Sat ) 20:05:20
冒頭、サーシャとすみれが登場。
もうこれだけで、目が離せません(笑)

★★★★☆

おもしろかった!
ラストに向かっての疾走感がよいです。

デビュー作ですからね。
何かしらとアラだって、あったりします。

葉山を突き動かしていた原動力が瑠実…ということに、
かなり違和感を覚えたり。
結局アメリカの思惑のままという虚しさに、
福井晴敏の『亡国のイージス』を思い出したり。

途中、「それ、前にも聞いたよ(-_-)」の人物説明に辟易したり、
中だるみ…っていう部分も感じたりしましたが。

だけど。
今、読み終わって、この作品を読んだこと、とても満足しています。

国際支援をしても上層部に搾取されてしまうとか、
チャリティーを行っても、とんちんかんな支援をしてしまうとか、
そういう話、私みたいな一般庶民でさえ耳にします。
本当に困っている人に今切実に欲しいものを送ることができないことに、腹立たしさを感じたりします。
そんな、ごくごく普通の視点がダイナミックに展開して、
ある種のカタルシスをもたらします。

プラチナ・ビーズの意味するところ…重いですね。
重くて、そしてとても切ない。。。


葉山。葉山弟。エディー。JD。坂下。野口。
いろんな人が出てきますが、私は泣き虫田所先生が一番気になったりして(*^_^*)

【こちらの記事も♪】
たこの感想文
higeruの大活字読書録

スポンサーサイト
五條瑛 TB:1 CM:4 admin page top↑
<<7月・8月に読んだ本&本記事一覧 * HOME * 「光とともに4」戸部けいこ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは。
本当、「プラチナ・ビーズ」という言葉の意味するもの、重いですよね。ODAとかも含めて、支援活動っていうのは色々と耳にするわけですけど、それが本当に必要としている人々に届くのかどうか…。
「難しい」の一言で片付けてはいけないのですが、難しい問題ですよね。勿論、そこに外交問題だとかも絡んでくるんでしょうし。

五條さんの作品、最初に読むならデビュー作とこの作品を読んだのですが、サーシャや葉山は、他の作品にも出てくるんですね。
他の作品も読んでみようと思います。
by: たこやき * 2007/09/10 18:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん、おはよっ♪

>支援活動っていうのは色々と耳にするわけですけど、それが本当に必要としている人々に届くのかどうか…。

確かに難しいと片づけてはいけないものだと思います。だって、本当に必要としている人は、今日生きるか死ぬかだったりするんだものね。五条さんって防衛庁(省)にお勤めだったというから、その辺のジレンマというか、悔しさや憤り、あるいは自身の無力感みたいなものを、一般庶民の私よりも強く感じていたのかもしれないなぁなんて、そんなことも思いました。
何はともあれ、「サーシャ、よくやった!」なのだ(*^_^*)

サーシャや葉山。
サーシャは、革命シリーズに出てきます♪(第1弾は『断鎖』)
葉山は、このシリーズの続編、『スリー・アゲーツ』に出てくるんだって。(まだ読んでないけど)
五条瑛。楽しんでねっ☆(と、なぜかせっせと宣伝活動 ^^;)
by: そら * 2007/09/11 11:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆すみれ?◆

 すみれ?…って冒頭に出てくる(片目のつぶれた拾った子猫がモデルだという)子は女の子なの??

 私もふっと思い出しました、『亡国のイージス』。というより「日本人よ、これが戦争だ」という名ゼリフ。

>人物説明に辟易
 確かに! だんだん坂下が嫌な奴に思えてくる…。

 ところで日系三世(=クォータ)かと思った葉山が「1/4…×2」というセリフがあったのですが、この辺りの出生の秘密みたいな話は外伝とかで出てくるのですかね?
by: higeru * 2008/06/07 12:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

higeruさん,こんにちはっ♪

すみれはれっきとした男の子よん♪
五條さんのもう1つのシリーズ(革命シリーズ)のレギュラーなのだ(*^_^*)

「日本人よ,これが戦争だ」…うんうん,あれも北朝鮮人のセリフだったね。中井貴一,カッコよかったなぁ(って,そんな話じゃないってば^^;)
あり?葉山ってどんな出生の人だったっけ?
よく覚えてない。。。
by: そら * 2008/06/09 13:11 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/582-9aae1bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【五條瑛】プラチナ・ビーズ
 『スリー・アゲーツ』を読み終わる前に買ってしまった五條瑛のデビュー作である。ただしヤバイほどに面白かった『スリー・アゲーツ』に比べてかなりとっつきにくい。なかなか入り込めない。  最初にこれを読んだなら100ページも進まないところで挫折したかも知れない higeruの大活字読書録【2008/06/07 12:12】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。