スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「午前零時」アンソロジー
2007 / 09 / 09 ( Sun ) 14:04:27
「午前零時」をキーワードにした作品集。
お久しぶりの作家さんと、初読みの作家さんがたくさん。
たまにはこういうアンソロジーもおもしろいかも。

★★★☆☆

鈴木光司。
久しぶりに読みました。
七、八年振りぐらいかな。今でも船で生活してるのかなぁなんて、関係ないことを思いました。

坂東眞砂子、朱川湊人。
初読み。
さらっと忘れた(^^;)

恩田陸。
『卒業』って、つい最近読んだばかりだ。。。
さすが恩田陸と思ってしまう私は、自分で思っている以上に恩田さんのファンなのかも。

貫井徳郎。
初読み。
煩悩だらけの中年サラリーマンのお話。
奥田さんの小説にも出てきそうな、ごくごく普通…な感じ。
あまりおもしろくはなかったのですが(失礼!)
「午前零時」をテーマに書いてくれと頼まれて、こういう普通のものを書いてくる作家さんって、天の邪鬼で私は好きです。

高野和明。
タイムマシンもの。
何だかB級の外国映画を観ているような印象でした。
おもしろくないってわけじゃないんだけどね。

岩井志麻子。
初読み。
これ、よく分かんなかった。ごめんなさいなのです。

近藤史恵。
失恋した女の子の引きこもり生活のお話。
前向きな終わり方で、読後も爽やか。
地に足がついてる安定感や優しい目線が、『天使はモップをもって』を書いた人だなぁという感じ。

馳星周。
この方もお久しぶりだわ。
けなげなワンコものだったので、びっくり。
ダークな世界だけじゃないのね。馳星周。
新鮮でした。

浅暮三文
初読み。
悪魔の召還のお話。
合わせ鏡を何たらかんたら~♪なんていう歌を思い出しました。
う~ん。こねくり回している割には…だったかな。
主人公が好きではなかったからなぁ。。。

桜庭一樹
初読み。
大人のための童話。
今度、この方の作品を読んでみようかな。

仁木英之
初読み。
インドのお話。なので、独特な雰囲気を味わいました。

石田衣良
トリなんだから、ビシッと締めてよ。石田さん。
と、無謀にもお願いしたくなりました。
こういうヒロイン、ど~なのよって思います。

【こちらの記事も♪】
粋な提案
苗坊の読書日記
スポンサーサイト
アンソロジー TB:2 CM:6 admin page top↑
<<「教室の悪魔」山脇由貴子 * HOME * ただいま♪>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、こんにちは。
最近、なかなか本を読むペースが進まない私です(汗)。

貫井徳郎さん、何冊か読んだことがあるんですが、私の読んだのは、人間の深層心理を深くえぐったような作品・・・というか、ダークな感じのする作品ばかりだった気がします。
普通の人間・・・ではなかったかな(笑)。
読んだ中でのおすすめは『慟哭』です。

桜庭一樹さんが女性だっていうのはご存知ですか?
by: こっこ * 2007/09/10 13:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こっこさん、おはよっ♪

貫井徳郎さん…ダークなのね。なるほど(*^_^*)
そういえば、うちにも『慟哭』がどこかで眠っているはずです。あれ、誘拐ものだったような。買ったはいいけど、何となく読む気がなくなっちゃって。…う~ん。どこに行っただろう?
探してみるねっ☆
オススメ、ありがと~\(^o^)/

桜庭一樹…って、女性なの?そうなんだ。←この短編しか読んだことないから、反応薄い私(^^;)
最近、男性と思っていたら女性とか、女性と思っていたら男性とか、性別不明の作家さんって多いね~。流行?なのか??
by: そら * 2007/09/11 11:16 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは。
早速来てくださってありがとうございます。
くわしく書かれてますね~。いくつか思いついたことを。
私も二度目でしたけど、やっぱり恩田さんが一番よかったです。
貫井さんは、まず『慟哭』からですが、最近読んだ『夜想』も良かったですよ。
近藤さんは、『天使はモップをもって』の続編の記事をアップしています。
“合わせ鏡を何たらかんたら~♪なんていう歌”、これってもしかして中島みゆきさんかも?。
桜庭さんは『少女には向かない職業』がおすすめです。男性名の最近の人気作家さんは、有川浩さんもですね。共通しているのはライトノベルのご出身。おすすめは『塩の街』(デビュー作・単行本版)です。
初読みの作家さんが多くてビックリ。これから楽しまれるのですね。いいなぁ~。
まずは桜庭さんの『少女には向かない職業』を。ちょっとハードかも、ですけど(笑)。
by: 藍色 * 2007/09/14 00:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんばんはっ♪
たくさんコメント、ありがと~\(^o^)/
貫井さんの『慟哭』…あそこにあるだろうと思ってた本棚にないのよぉ~(>_<)どこにしまいこんじゃったんだろう。。。

>“合わせ鏡を何たらかんたら~♪なんていう歌”、これってもしかして中島みゆきさんかも?。

だよねだよね♪シングルカットされてなかった曲なので、知ってる人も少ないだろうと思って、思いっきりてきと~に書いたけど(^^;)

有川浩さんはね、『図書館内乱』だったかな、結構あちこちで絶賛されてる本だったんだけど、私には何がおもしろいかさっぱり(T_T)で、以来、近づいてません。
そういえば、あの方も男名(というのか?)だよね。

桜庭さんの『少女に向かない職業』…メモしておきましたぁ\(^o^)/オススメ、ありがと~♪

まぁ、読んだことない作家さんも多いことですし、
ぼちぼち読んでいきま~すo(^▽^)o
by: そら * 2007/09/14 20:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。TBさせていただきました。
アンソロジー久しぶりに読みました^^
私は近藤さんの作品が1番好きです。
なんだか主人公の女の子の気持ちが、ちょっと分かるんですよね。
ラストの前向きさも好きです^^
by: 苗坊 * 2007/12/02 13:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんばんはっ♪

アンソロジーって、知らない作家さんも読めるから、導入部としてはいいよね。

近藤さん。箱が届けられるお話だよね。
作者の目線が温かくて、私も好きでした。

私は何が一番好きだったかなぁ…。
なんかこのアンソロジー、馳星周の意外性に目を奪われていたような気がする(^^;)

by: そら * 2007/12/02 20:43 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/586-298e0930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
午前零時 鈴木光司ほか
装幀は新潮社装幀室。アンソロジー。目次・ハンター:鈴木光司/冷めたい手:坂東眞砂子/夜、飛ぶもの:朱川湊人/卒業:恩田陸/分相応:貫井徳郎/ゼロ:高野和明/死神に名を贈られる午前零時:岩井志麻子/箱の部屋:近藤史恵/午前 粋な提案【2007/09/14 00:19】
午前零時
午前零時今夜、運命は変わる、変えられる。豪華執筆陣が、イタズラな世界の24時×13夜を描いた掌編小説集。長針と短針が交わる真夜中の1秒間、運命へのカウントダウンが始まった――鈴木光司、坂東眞砂子、朱川湊人、恩田陸、貫井徳郎、高野和明、岩井志麻子、近藤... 苗坊の読書日記【2007/12/02 09:52】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。