スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「悪人」吉田修一
2007 / 09 / 13 ( Thu ) 17:32:20
またまたお初の作家さんです。
以前朝日新聞の夕刊に連載されていた小説です。
私が読んだのは2日だけ。
おばあさんがバスの運転手に励まされるシーンの回と、最終回でした。
以来、気になっていた作品ですが。
まぁ、気になって当然だわ。
両方とも、単行本で読んでも印象深い箇所でした。

★★★★☆

保険外交員の女が殺害された。捜査線上に浮かぶ男。彼と出会ったもう一人の女。加害者と被害者、それぞれの家族たち。群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。(e-honより)



これが作者の特徴なのでしょうか。
淡々と、どの登場人物とも一定の距離が保たれているように思います。
だから私も、どの登場人物にも感情移入することなく、目の前に繰り広げられるドラマを見ている…そんな感じで読んでいました。
ドラマといっても、この先、どうなるの?とページをめくるのももどかしいジェットコースター型のドラマ展開というわけではない。日常の小さな出来事の1つ1つの積み重ねだったりします。
なのに全体として見ると、大きなドラマが起こり、翻弄され…というお話なんですよね。
ハラハラドキドキというわけでもない。なのに目が離せない。そして気がつくと一気読みしてた。
今まで読んだことのない、不思議な印象の作品でした。

この作品にはたくさんの人物が登場します。
どの人も、作中の言葉を借りれば「匂いのある」人たちです。
中でも印象深かったのは、気の小さい祐一の祖母、房枝であったり、殺された石橋佳乃の父親、佳男(佳乃はお父さんの一字をもらったのね。今、気づいた。)であったり。
地に足をつけた生活をしていた人たちが存在感をもって描かれていたことで、作品に、より一層の深みを与えていたように思います。

車だけをこよなく愛する無口な土木作業員、清水祐一。
彼を見ていると、人間、自身の物語を無意識のうちに持っていて、その脚本に従って行動する…みたいな、どこかで聞いた話を思い出します。
本当に、悲しいくらいに思考パターンって変わらないのねと思ったのでした。

物語終盤。
作中の世間は、祐一が悪人であると断じています。
読者は祐一が悪人ではないと感じています。
光代は、光代にとって都合のよい姿(悪人)を自分に納得させようとしています。
佳男は、真の悪人はこいつじゃ!と別人を告発しています。

悪人とは一体誰なのか?

この問い掛けが、着地することなく虚しく作品世界の周りを回っています。

人が人を心底理解することなんて、できないのかもしれないなぁと、難しいとかそういうことではなくて、能力的に無理な話なのかもしれないなぁと思ったりして。
悲観的な意味ではなく。
ただ事実として。

それでも、やっぱり何かの目印がほしいのかもしれないです。
あいつは悪人だという判断は、つけた人にとって、あったほうが生きていきやすい…そういう目印みたいなものかもしれません。
そんな目印、なくても心地よく生きていけるほうがいいに決まっているけれど。

…ちょっと抽象的すぎて、ちゃんと言えてない気がするんだけどね。(^^;)

【こちらの記事も♪】
粋な提案
本読め東雲 読書の日々
31ct.読書部屋
読書感想文とブツブツバナシ
スポンサーサイト
吉田修一 TB:3 CM:14 admin page top↑
<<おやおや * HOME * 「99%の誘拐」岡嶋二人>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

お久しぶりです♪メタボラの時にちょっぴりコメントしてたまりもです☆
「悪人」朝日新聞の夕刊で読んでました!たまに読めなかった回があったような気がしますが。。。^-^;
淡々と進んでいく物語の中で、いろんな登場人物の視点で書かれていて新鮮でおもしろく毎回楽しみに読んでいました。
数回抜けてる部分もあるし、一気に読みたいから単行本で読んでみようかな!
by: まりも * 2007/09/19 14:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

まりもさん、お久しぶり~\(^o^)/
そうそう。まりもさん、最後の最後にコメントくださって、たくさんお話できなかったのがちょっと心残りだったのよね~。
来てくださったのね。ありがと~♪

『悪人』…夕刊で読んでたの?
おっしゃるように、視点がころっと変わるから、
新聞向きだったかもなぁと、私も思いました。
これね、一気読みでもかなりおもしろいと思う。
うん、ぜひぜひ読んでみてくださいねっ♪
んでもって、読んだら感想聞かせてねっ☆
新聞連載のときとの感じ方の違いなんかが伺えると楽しいなぁなんて思いながら、わくわく待ってますo(^▽^)o

ところで。。。
今、『愛しの座敷わらし』が夕刊に連載中だね。
読んでる?
結構読みやすくておもしろいね。
私、座敷わらしが出てくるシーンがとても好き♪

んじゃ、また、いつでもふらっと遊びに来てねっ☆
by: そら * 2007/09/20 11:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

はい!『愛しの座敷わらし』読んでます(笑
7,8月が飛び飛びで読めなかったところもあるのですが。。。(^-^;
読みやすいし、これも家族のそれぞれの視点で進んでいますね!新聞だとそういうのが多いんですかね!?

座敷わらしが出てくるシーン良いですね★イラストも可愛らしくて好きです♪

『悪人』是非一気に読んでみますね!(^0^*)/
by: まりも * 2007/09/20 16:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

まりもさん、こんにちはっ♪
やっぱり読んでた?o(^▽^)o

>これも家族のそれぞれの視点で進んでいますね!

あ~、そういえば確かにそうだね。
まさか『メタボラ』と『愛しの…』に共通点があるなんて、思ってもみなかったよ。
新聞だと、こういう形式のほうが飽きなくていいのかなぁ。

>座敷わらしが出てくるシーン良いですね★イラストも可愛らしくて好きです♪

私も、あのかわいくないイラストがかわいくて(ん? ^^)好きです。
『悪人』のイラストも、とても印象的なイラストだったけど、
単行本には載ってなくて、ちょっと残念でした。

>『悪人』是非一気に読んでみますね!(^0^*)/

感想、楽しみに待ってま~す(=^▽^=)

by: そら * 2007/09/21 13:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。
連載で読まれた部分が一番印象に残りましたね。
さまざまな角度から、見る人によって変わる人の姿。
繊細に描きながら目が離せない、
読み応えがある作品でした。

「朝顔はまだ咲かない」トラバ未到着でした。
お手数ですが、再トラバしてくださいますか?。
by: 藍色 * 2007/09/23 08:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんにちはっ♪
そうなの。一番よい場面を読んだのでした\(^o^)/
うんうん。読み応え十分の作品でしたねっ♪

「朝顔…」…うっ。ごめんなさい(汗)
私、トラバしてません。
なんかさ、あんな感想トラバするのもど~かと思って(^^;)
ひっそりと過ごさせようかなぁと思ってます(*^_^*)

お気遣い、ありがとねっ☆
by: そら * 2007/09/23 15:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

「朝顔…」…えっ。そんなぁ(涙)。
さびしいです~。
記事はまだ読んでませんけど、何が書かれていても
そらさんの感じ方ですから、大丈夫ですよ。
こちらからトラバしておきますね。
コメントはトラバいただいてからになりそうですけど…。
by: 藍色 * 2007/09/24 01:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、おはよっ♪
そ、そう?大丈夫?
ありがと~\(^o^)/

んじゃ、お言葉に甘えて、TBさせていただきますね♪

藍色さん初め読書ブログの方たちは、いろんな本でいろんな感じ方を見ているせいか、
自分と違う感じ方にも寛容ですね。
それは前々から思っていたことなんだけど、
今回は藍色さんのコメントのおかげで、
何となくほっと肩の力が抜けたような、
ラクな気持ちになりました。

ありがとでした。
by: そら * 2007/09/24 11:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆TBさせていただきました。◆

著者が並々ならぬ覚悟でこの作品に取り組み、できる限りの力を注いだという熱意が伝わってくるような本でした。
by: タウム * 2007/11/15 20:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

タウムさん、こんばんはっ♪

コメント&TBありがと~\(^o^)/

ぢつは、今日タウムさんのところに遊びにいって、
TB…と思ったんだけど、シャイな私は(!?)何となく気後れしてしまいました(^^;)

なので、ホントにとてもうれしかったです♪

あ、だけどせっかくTBしていただいたのに、迷子になっちゃったみたい。
う~~~。ごめんね。

並々ならぬ覚悟とできる限りの力。
本当に、こういう作品を読めると、幸せだな~と思います。

吉田さん、ほかの作品は読んだことないんだわ。
何か読んでみようかなぁと思っています(*^_^*)
by: そら * 2007/11/15 20:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちわ~
そらさんが吉田さんをお読みになっていたとは知らず!
遅ればせTB&コメントさせて頂きます。

吉田さんの作風は言いたいことを絶対に具体的に表現しません。
伊坂さんのように親切に分かりやすく描くのではなく、
日常から、あるいは登場人物の変化から、
読者さん勝手に読み取ってくださいね、と言う感じです。
なのでこの「悪人」に対しても読んだ人、
一人一人それぞれの感想があると思います。
そこが、私は好きなのですが。

「悪人」のような雰囲気で読みたいなら「東京湾景」を、
人間の群像劇をみたいなら「パレード」をお薦めしておきます。
by: るい * 2007/12/18 11:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

るいさん、こんにちはっ♪
コメント&TB、ありがと~\(^o^)/

>吉田さんの作風は言いたいことを絶対に具体的に表現しません。

にゃるほど。
私、この作品、結構好きでした♪
今まで読んでた本には、どれにも似てない感じ。

なので、ほかにも吉田さんの作品、読んでみようと思ってたんだったわ。ちょこっと忘れてたけど('◇')ゞ

オススメありがと~\(^o^)/
『東京湾景』か『パレード』ねっ。
図書館で予約してみますv-221
by: そら * 2007/12/19 14:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆どうもー◆

力の入った作品で、
吉田さんの気合が伺えてよかったです。
登場人物も多くて、でもそれぞれ立ってて
リアル感ありますよね。
by: じゅん * 2008/06/04 18:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

じゅんさん,どうも~♪

じゅんさんは,吉田作品たくさん読んでいらしたよね。
そうかそうか,そんなじゅんさんも,この作品には気合いが感じられたのか。
初読みの私も,「作者渾身の作品」だなぁと感じました\(^o^)/

by: そら * 2008/06/05 10:24 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/588-fef62097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
悪人 吉田修一
装幀は町口覚。初出「朝日新聞」2006年3月24日~2007年1月29日。福岡と佐賀の県境、三瀬峠の殺人事件。被害者石橋佳乃・保険外交員。加害者清水祐一・土木作業員... 粋な提案【2007/09/23 08:20】
「悪人」 吉田修一
悪人 著者:吉田 修一販売元:朝日新聞社出版局Amazon.co.jpで詳細を確認する 最高でした。まさに吉田さんの真骨頂。これは読むしかない、読み始めたら止まらなくなって、いつの間にか「悪人」に同 31ct.読書部屋【2007/12/18 11:51】
「悪人」吉田修一
「悪人」吉田修一 九州の峠道で若い女性の死体が発見された 身元は判明し、大学生の容疑者が。。 しかし女性は、出会い系サイトで 複数の男性と会っているらしい。。 第34回大佛次郎賞 第61回毎日出版文化賞 こんなHPアリ。 なんというか、冒頭は... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2008/06/04 18:28】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。