スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「サニーサイドエッグ」荻原浩
2007 / 10 / 31 ( Wed ) 22:16:32
『ハードボイルド・エッグ』の続編です。
う~ん。。。。
期待しすぎたかな?

★★★☆☆

最上俊平。ハードボイルドをこよなく愛する探偵。
今日も今日とてペットを探す?



『SPEED』を読んだ後だからでしょうか。
この作品の特徴である「まだるっこしさ」に、ちょっとイライラっときました。
まぁ、そこは長編。だんだんなじんできましたけど。

やっぱり二番煎じだなぁというのが第一印象。
最上の思考が読めてしまって、「くすっ」と笑えなかったかも。

前作で登場した綾さんのことを、最上が「思い出したくもない」と一蹴したのが、なんだか悲しかった。
カッコつけてるのは分かってるけど、
カッコつけてるけど、でもやっぱり心が残ってる…みたいな描写があったら、うれしかったのになぁと思う私。

私、綾さん好きだったんだよね~。

秘書見習い(?)の女の子の設定が、何だかなぁ。
すごく上滑りな感じがした。
一時期、流行っていたけれど、今さら何で?とも思った。

あ、でも、猫のことは結構詳しくなったかも♪

【こちらの記事も♪】
粋な提案
My Favorite Books
higeruの大活字読書録
AOCHAN-Blog
新・たこの感想文
スポンサーサイト
荻原浩 TB:3 CM:6 admin page top↑
<<「川の光」松浦寿輝 * HOME * 突然>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、こんばんは。
『SPEED』の直後だと、速度の違い、「まだるっこしさ」に、ちょっとイライラってわかる気がします。
前作を読んでいないので、最上のとぼけた味、明るめのお話を楽しみました。
猫の生態について結構詳しくなれましたね~。
さらに続編もあるかもです。
by: 藍色 * 2007/11/01 21:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんばんはっ♪

>速度の違い、「まだるっこしさ」に、ちょっとイライラってわかる気がします。

やっぱり本を読む順番って結構大事だよね~。と思ったよ♪
ま、でも長編は、それでもだんだん慣れてくるからいいよなぁとも(*^_^*)

藍色さんは前作を読んでいないのね。
だったらきっと、余計に楽しめたと思う♪
この作品って、最上俊平の人となりそのものがおもしろかったりするからねっ☆

前作、私は好き。
もしよかったら、読んでみてね♪
by: そら * 2007/11/02 23:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

確かに綾さんの存在あっての前作だったので・・・。
綾さんのいないこのシリーズはちょっと寂しいですね。
でも、忘れたころに届いた新作は
やっぱり嬉しいんですけどね。
なんだかこの後も続きそうなシリーズですよね・・・。
by: す~さん * 2007/11/03 23:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

す~さん、こんばんはっ♪

綾さん、思い出すと切ない気持ちになるけれど、
そういう気持ちを最上とも分かち合いたかったなぁと思いました(*^_^*)

>忘れたころに届いた新作

確かに!最上俊平。作者にとっても忘れられない人物なのかもしれないね。
また、そのうち第3作が届くでしょう(*^_^*)
このときは、題名はきっと『スクランブルエッグ』だ!というアイディアを2つのブログで見かけました。
なんか、私もそんな気がする\(^o^)/
by: そら * 2007/11/05 22:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
最上の自意識と、周囲の反応のギャップというのは相変わらずでしたけど、2作目のせいか、ちょっと慣れてしまっている、っていうのがありました。この辺り、シリーズの難しさ、なのかも知れないですね。
つまらなかったわけではないのですが…ちょっと、期待過剰だったかな? とか思ってしまいました。

とりあえず、Jの本名が治作というのは驚きました(笑)
by: たこやき * 2008/02/18 20:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん、おはよっ♪

>2作目のせいか、ちょっと慣れてしまっている、っていうのがありました。

うんうん!私も同じだった\(^o^)/

>この辺り、シリーズの難しさ、なのかも知れないですね。

だよね~。シリーズ化は、主人公の造型にさほど苦労はしないかもしれないけれど、いかに飽きさせないかという要素が必要なんだなぁと思ったのでした。
by: そら * 2008/02/20 08:39 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/607-e9894092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サニーサイドエッグ 荻原浩
ブックデザインは緒方修一。オブジェ制作・写真撮影・デザインは矢島高光。<ミステリーズ!>vol.1-vol.20連載を加筆訂正。創元クライム・クラブの一冊。『ハードボイルド・エッグ』続編。主人公で語り手の私は私立探偵、最上 粋な提案【2007/11/01 21:10】
サニーサイドエッグ   ~荻原 浩~
あの最上俊平が帰ってきた!まさかかの作品がシリーズ化されるとは思ってなかった。嬉しいです。前作は切なすぎる最後で終わりましたが、はて、今回は?相変わらずペット探し専門のような探偵稼業の最上。 My Favorite Books【2007/11/03 22:58】
「サニーサイドエッグ」荻原浩
タイトル:サニーサイドエッグ著者  :荻原浩出版社 :東京創元社読書期間:2007/09/21 - 2007/09/26お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]フィリップ・マーロウに憧れる私は、むろん私立探偵である。が、やむなく、失踪したペットの捜索を請け負 AOCHAN-Blog【2007/11/09 14:06】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。