スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ビター・ブラッド」雫井脩介
2007 / 11 / 14 ( Wed ) 17:03:58
なかなかナイスなお父さんです。

★★★☆☆

ベテラン刑事の父親に反発しながらも、同じ道を歩む息子の夏輝。夏輝がはじめて現場を踏んでから一カ月が経った頃、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部が疑う内部犯行説に、曲者揃いの刑事たちは疑心暗鬼に陥るが…。初の現場でコンビを組む事になったのは、少年時代に別離した実の父親だった―。(e-hon本より)



あらすじだけを読むと重たい気分になる作品かと思いますが、
何の何の。
軽やかな読後感です。

冒頭から蚊の話がしつこく出てきていたし、
題名も『~ブラッド』だし、
キーワードは「血」かと思ったのですが、
どうやら外れたようですね。
でも蚊の話は、ちゃんと落としどころがありました。
なるほどね~。ふ~ん。そうなのかぁ。。。なのでした。

ストーリー自体は、ちょっと私には複雑だったかも。
複雑というか、いろんな事件を蒸し返して…というお話なので、
何か見落としているのでは…という気になりました。
ラストまでいくと、もうどうでもよくなって(失礼!)
ただただ相星が残念でした。

相星。なぜだか夏輝をかわいがる情報屋さんです。
彼が出てくると、あたりがパッと明るくなります。
全くもう、シニアって(笑)
いいときにいい情報を提供してくれるし。
愛すべきキャラクターです。

この作品、刑事さんにそれぞれあだ名がついています。
ジェントルにジュニア。チェーサー稲木にスカンク富樫、アイスマン鍵山にバチュラー古雅。
まるで太陽にほえろみたい。
個性的な面々も、この作品に軽さを与えているのかもしれません。

でも何と言ってもジェントル島尾。夏輝パパ。
夏輝にとって「自分たち家族を棄てた」「憎い」父親であるはずなのに、
夏輝のそんな気持ちも何のその。
マイペースでとぼけてます。
ジャケットプレーって何なのさ…とブツブツ言いたくなる夏輝の気持ちも思いっきり空回り。
おまけにここぞというときにはなぜか必ず足がつる。
かなりいい味を出していました。

修羅場になりそうな親子関係。こういうときには、徹底的に相手の土俵に上がってあげないというのも、いい手かもしれないなぁと思ったのでした。(お父さんは素でしたけれど)

最近、雫井さんの作品が続々と映画化されていることだし、
個性的な登場人物と軽いノリの雰囲気は、いつか映画化されるかもしれないという思いを抱きます。
映画化するなら、ジェントル島尾はぜひとも本家本元の郷ひろみに。なんてね。

【こちらの記事も♪】
たこの感想文
読書感想文とブツブツバナシ
粋な提案
こっこの日常新聞
ぱんどらの本箱
スポンサーサイト
雫井脩介 TB:4 CM:4 admin page top↑
<<「6時間後に君は死ぬ」高野和明 * HOME * ワインわいんわい~ん>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは。
軽快で楽しかったですね。
そうそう、「いろんな事件を蒸し返して」は私も苦手なのでついついナナメ読みでした(笑)。
相星、とってもいいキャラだったので結末が残念でした。
ジェントル島尾も独特の笑えるキャラでしたね~。
映画化でジャケットプレーができるのは…やっぱり郷ひろみさん!?(笑)。
私は役所広司さんでイメージしてました。
by: 藍色 * 2007/11/15 02:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんばんはっ♪

>相星、とってもいいキャラだったので結末が残念でした。

ね~(T_T)

ジェントル島尾は役所広司さんですかぁ。
な、なるほど~。
なんかいい味だしてくれるかも(*^_^*)
by: そら * 2007/11/15 20:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうもー

なんだかわさわさしてまして、、ひさびさです!

なんかごちゃごちゃしてたって印象ありますねー
でも、イイキャラたちだし、
楽しみ方は他にもあるって感じがイイっすね!

映像化、シリーズ化に期待!
by: じゅん * 2007/11/15 20:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうもー♪

わさわさしてるの?
もうすぐ冬ですからね~。
体調管理はバッチリしておいてねっ♪

>でも、イイキャラたちだし、
楽しみ方は他にもあるって感じがイイっすね!

そうそう!
私なんか、ほかの楽しみ方しかしてなかったけどね(*^_^*)

映画化、シリーズ化、楽しみだよねっ♪
by: そら * 2007/11/16 15:35 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/615-63674adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
雫井脩介著『ビター・ブラッド』
今、何かと話題になっている沢尻エリカさん主演『クローズド・ノート』の著者の作品です。 ビター・ブラッド雫井 脩介 (2007/08)幻冬舎 この商品の詳細を見る警視庁の新米刑事・佐原夏輝。初めての現場でコンビを組む こっこの日常新聞【2007/11/14 23:54】
ビター・ブラッド 雫井脩介
イラストレーションは日端奈奈子。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「パピルス」掲載に加筆修正。新米刑事の佐原夏輝は初の現場で家族と別れた父親、本庁捜査一課の島尾明村とコンビを組むことに。一カ月後に明村の上司、 粋な提案【2007/11/15 02:48】
「ビター・ブラッド」雫井脩介
「ビター・ブラッド」雫井脩介新米刑事の夏輝は、警視庁捜査一課のベテラン刑事である父とある事件でコンビを組む。自分を捨てた父。。反発しつつも捜査を進めていく。すぐに容疑者は捕まるのだが、事件は思わぬ方向にむかっていく。。。雫井さん新刊... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2007/11/15 21:02】
雫井脩介【ビター・ブラッド】
佐原夏輝が警視庁S署E分署の刑事課に配属されて早々、E分署管内で不審死体が発見された。 捜査は本庁の捜査一課が指揮を執り、E分署か... ぱんどらの本箱【2008/05/21 16:53】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。