スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「6時間後に君は死ぬ」高野和明
2007 / 11 / 15 ( Thu ) 20:33:54
前作の『夢のカルテ』以来、私の中ではすっかりスピリチュアル作家の地位を不動のものにされていた高野さん。
higeruさんのところで、福井晴敏さんも同じようにおっしゃっていたと知り、ちょっと自信を持ってしまった(笑)

そんな高野さんの新作です。

★★★☆☆


回りつづける運命の時計未来を賭けた戦いが始まる!
稀代のストーリーテラーが放つ、緊迫のカウントダウン・ミステリー
運命の岐路に迷う時、1人の予言者が現れる。
「6時間後に君は死ぬ」。街で出会った見知らぬ青年に予言をされた美緒。信じられるのは誰なのか。「運命」を変えることはできるのか。
未来は決まってなんかいない 明日を信じて、進むだけ(Amazonより)



これ、短編連作集なんですね。
私はてっきり『グレイヴディッガー』並みのハラハラドキドキスピード感あふれる長編かと思っていました。

まぁ、期待は裏切られましたが、「客観的には」いい作品集だと思います。

5編のうち真ん中3編は、私はあんまり好きじゃなかった。

いや、おもしろいんですよ。
うん。
決して悪くありません。
そこにある主張も、コツンと胸に響くしね。
だけど…何というか…私が高野さんに期待しているのは、
こういういかにも女性が好きそうな柔らかいお話ではないんです。
これがほかの作家さんだったら、例えば、そうだな、小川洋子や梨木香歩や森絵都だったら、あるいは乙一だったりしたら、多分とても満足していたと思うんです。

ということで。
私は『6時間後に君は死ぬ』と『3時間後に僕は死ぬ』の2つだけで十分満足したのでした。
おもしろかった!
高野さん特有のスピーディな展開とか、リアルに思い浮かぶシーンとか、どうするどうする!のハラハラドキドキとか。

まぁ、新たな分野を確立しつつある作家さんに対して、
あんまり過去を懐かしんでいてはいけないと思いますが(笑)、
こんな感じの長編をまた書いていただきたいなぁと
切に希望したくなったのでした。

【こちらの記事も♪】
粋な提案
読書感想文とブツブツバナシ
たこの感想文
higeruの大活字読書録
スポンサーサイト
高野和明 TB:2 CM:10 admin page top↑
<<「ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル 」今野敏 * HOME * 「ビター・ブラッド」雫井脩介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

 一つ思い出しました。「ミステリー・カレッジ」のトークセッションで、「なぜ乱歩賞に応募したか」という質問があって、高野さんの理由の一つが「占い」。
 なんでも方角的に講談社が良かったのだということで、すかさず福井晴敏が「スピリチュアルだな~」とツッコんでました。(^^;
by: higeru * 2007/11/16 23:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
5編のうちの前後2編が良かったのですね。なるほど~。
考えてみるとハード(前後2編)とソフト(真ん中3編)、両方を兼ね備えていたのかも。
どちらのテイストも書ける高野さんって、すごいですよね。
私は全体的に好きでした(笑)。

トラバのみ届いたのですが、コメント、弾かれちゃったんでしょうか?(汗)。
よかったらコメントも…お待ちしていますね。
by: 藍色 * 2007/11/17 01:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん、こんにちはっ♪

>高野さんの理由の一つが「占い」

うわっ!それはホンモノだぁo(^▽^)o
高野さん、もしかしたら本当は、そっち方面のほうが書きたかった人だったのかなぁ。
姿形といい、精神構造といい、私にとっては意表をついた方だわ~。

higeruさん、おもしろい話をありがと~\(^o^)/
by: そら * 2007/11/17 10:42 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんにちはっ♪

ハードとソフトね。
うん、確かに!

まぁ、どちらが好きかはホントに好みなんでしょうね。
藍色さんはどちらも好きなのね。
バランスのとれた方とお見受けした(*^_^*)

コメントはね、書く前に寝ちゃいましたv-356
ご心配おかけして、ごめんなさいです。
by: そら * 2007/11/17 10:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは~。
サスペンスフルな作品と、ハートフルな作品、両方ありましたよね。丁度、そらさんの感想と逆に、私の場合は、ハートフルな方に惹かれました。
どちらの作品も面白いだけに、読んだときに、どちらを求めていたのか? で、評価が分かれたのかも知れないですね。

でも、私もたまには、『13階段』とかみたいな、緊迫感溢れる長編、期待したいです。
by: たこやき * 2007/11/18 17:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん、こんばんは~♪

>丁度、そらさんの感想と逆に、私の場合は、ハートフルな方に惹かれました。

あはは!やっぱりいらした、こういう方。
うんうん。私と逆なのが好きって方、絶対いるはず…って思ったんだ。教えてくれてありがとね~♪
(あ、だけど私、ソフト路線は「女性好み」って書いちゃったv-356ごめんっv-421

>読んだときに、どちらを求めていたのか?

そうだね。きっと、これで「惹かれた作品」が違ってくるんだろうね。
つまり、全体的に「面白い」ってことかしらん。
スバラシイ!!!(*^_^*)
by: そら * 2007/11/19 17:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうもー

イマイチでしたかー
オレはどれも楽しくよめたような記憶あります。
今の高野のソフトな部分も好きですし。

いずれにしても、
じゃんじゃん新作書いてもらいたい作家さんのひとりですよねー
by: じゅん * 2007/11/20 18:32 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪

うっ。また1人ごめんなさいだv-356
ソフト=女性向き…ってわけでもないんだなぁと、(まぁ、当たり前っていったら当たり前なんだけどね ^^)改めて思ったのでした。

>いずれにしても、
じゃんじゃん新作書いてもらいたい作家さんのひとりですよねー

うんうん♪高野さんってそれほど多作の方ではないから、何だかんだで全部読み尽くしてしまったことだし、じゃんじゃん書いてもらいたいなぁ(*^_^*)

by: そら * 2007/11/20 22:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

そらさん、こんにちは!
またまたお久しぶりです。

この本、出ていたのちっとも知らずに図書館で発見!さっそく借りて読みました。

ええと、私は1つめは「?」という印象で、徐々に面白く感じていきました。最後の『3時間後に僕は死ぬ』は一番気に入りました。
私が高野さんの作品に感じている、[人の命を救う]というテーマを一番感じさせてくれました。

『6時間後に・・・』は何か台詞に違和感が。。初対面でああいう口調で話すのかな~~と。

でも、主人公の圭史は優しい話し方で、好感が持てました。

『幽霊人名救助隊』以来、お休みしていると勘違いしていた高野さ。ん、『夢のカルテ』も探してみま~す。また楽しみが増えたv-10


by: nao * 2008/11/02 15:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

naoさん,おはよっ♪
お元気でしたかぁo(^▽^)o

私,この作品のことをあんまり覚えてないのよ~(^^;)
人形が出てきたような,出てこなかったような。。。。

『夢のカルテ』は,私的には,彼がスピリチュアル作家であると認識した作品でもあります。
毛色の変わった高野さん,楽しみにしてね~(^o^)/
by: そら * 2008/11/04 08:08 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/616-2b606fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
6時間後に君は死ぬ 高野和明
装幀は多田和博。装画は牧野千穂。「小説現代」2001年9月号~2006年12月号不定期掲載、エピローグ書き下ろしの連作短編集。6時間後に君は死ぬ:殺される予言に原田美緒は圭史と未来を変える行動に。時の魔法使い 粋な提案【2007/11/17 01:36】
「6時間後に君は死ぬ」高野和明
「6時間後に君は死ぬ」高野和明未来の”ビジョン”が見える圭史を軸とした「6時間後に君は死ぬ」「時の魔法使い」「恋をしてはいけない日」「ドールハウスのダンサー」「3時間後に僕は死ぬ」「エピローグ 未来の日記帳」6編の連作短編集... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2007/11/20 18:41】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。