FC2ブログ
「弥勒」篠田節子
2005 / 07 / 15 ( Fri ) 13:02:05
自分の持っている価値観がぐらぐらと揺さぶられる本。
ハードな世界が広がっています。

★★★★★

仏教美術に始まるこの作品、そのまま仏教美術の物語に突入するのかと思っていたら、そんな平和な物語ではありませんでした。
インドと中国の間に位置する小国パスキム。独自の文化と信仰を持ち、人々は豊かな生活を享受している。。。はずだったのに、突然起きたクーデター。破壊されているであろう仏教美術に思いを寄せる永岡は、パスキムに単身潜入する。革命軍に捉えられた永岡の生活体験は、彼の価値観を根底から揺り動かす。
主人公永岡が、美とは、信仰とは、幸せとは、生きることとは、死ぬこととは、と思考を再構築せずにはいられない姿に圧倒されます。

人間の命の尊さということが日本では当たり前に言われていますが、それが通用する世界はほんの一握りでしかないのではないかと思い知らされます。

この作品の中では、急進的な革命の末路なども描かれているのですが、
革命を起こす側の人間が真摯な思いで革命を起こしているという部分もきちんと描かれているために、
余計におろかというか、浅はかというか、
人間の器の限界みたいなものを思いました。

人間の目は前についている。
だから物事の一面しかとらえられないという言葉を
ちょっと思い出しました。

この間、テレビでブータンが紹介されていました。
民族衣装の着用が義務づけられていること、
敬虔な仏教徒が多いこと、
田舎の人も立派な3階建ての家に住んでいること
なんかが紹介されていました。

この国がパスキムのモデルだったのかなと思いました。
と同時に、
この国であのような悲劇が起きないようにと思わず願ってしまいました。
スポンサーサイト



篠田節子 TB:2 CM:12 admin page top↑
<<「ST警視庁科学特捜班」今野敏 * HOME * 「永遠の出口」森絵都>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、Yahoo! JAPANで文学賞の公募。
『「あした」をテーマにした小説
優秀作品10本(予定)をノミネート
ノミネート作品から、Yahoo! JAPANのお客様投票により「Yahoo! JAPAN賞」を、
直木賞作家の石田衣良さんが「選考委員特別賞」を決定』だって。

そらさん応募してごらんよ。

詳細は
http://bungakushou.yahoo.co.jp/

「弥勒」は未読だし、それに関係ない内容でゴメン~

by: く~ * 2005/07/15 14:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おはよっ♪

まぁ~、賞金20万円ですって♪
石田衣良さんサイン入り読書専用端末ですって♪

って、何とおそれおおいことを(^^;)
いつもありがとね(*^_^*)
by: く~さん * 2005/07/16 05:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

私も篠田さんの「イビス」を読み終わりました^^

篠田さんって、ホント引き出しの多い作家さんですね。

「イビス」も怖くてちょ~面白かったです^^
by: でねぶ * 2005/07/16 17:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

☆でねぶさん☆

自分のブログなのに、コメント欄がまともに使えない(^^;)

自分の名前でなくて、タイトル書いてしまうのよね、私。。。。

ということで、こんばんは♪

「イビス」、夏によさそうなホラーなんでしょ?
だけど鳥の話だよねぇ、たしか。
私、鳥はしばらくパス。。。(^^;)
by: そら * 2005/07/16 22:03 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

「弥勒」はオモシロイと評判を聞いて本屋に行って、
あまりの分厚さにやめたという思い出があります。。(笑)
でも、そらさんが星5つ!とは読みたくなります!
読みます!!

分厚いといえば、「邪魔」に続いて、
「最悪」を読もうとスタンバイ中です。
by: じゅん * 2005/07/19 20:32 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

☆じゅんさん☆

おはようございます♪

「弥勒」はハードな世界が広がっていますから、心臓ドキドキですよ~(^o^)
ご堪能ください♪

「最悪」もスタンバイ中なのね。
こちらも読んでいて疲れます(笑)が、私は「邪魔」より好きでした。
じゅんさんの感想が楽しみです。

重松さんはいかが?
私もこれから、「流星ワゴン」を読もうと思っています。

by: そら * 2005/07/20 07:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どーも!やっと読みましたよー「弥勒」

いやースゴイ!のひと言ですね~~
ホント、ハードでした!!

けど、ちょっと最後のほうがあっさりだったんで、
どう終わらせんだーーと期待してただけに残念でしたー
by: じゅん * 2005/12/08 15:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪
すごかったでしょ?ハードでしょ?
うんうん、私も篠田節子ってすごいなーと思いましたv-315
>最後のほうがあっさり
ま、ねv-8
祈って終わりかいっ!!!って、私も思いました。
だけど、それが個人の限界なのかな~とも。

人間の命は尊いということが当然の世の中に生きていて、
人間の命が虫けらのように踏みつぶされる世界に、
圧倒されたのでした。
こういう世界では通用しない「常識」なんだなーということに、
そしてそういう世界が、ついこの間まで日本にもあったんだよなーということに、軽いめまいを覚えました(^^;)
それでもその中でも、「人間として大事なもの」というのは、もしかしたら変わらないのかもしれませんね。
と思う今日この頃v-290
by: そら * 2005/12/08 21:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

「弥勒」はかなり昔に読んだので、ほとんど覚えていないのですが、「インコは戻ってきたか」もキプロス島(うろ覚え)に行った女主人公が政変に巻き込まれる話でテイストが似てるかも。

私は、あるニュータウンにウィルスが原因と見られる奇病が蔓延していくパニック小説「夏の災厄」がけっこう好きでした。
多分初めて読んだ作品です。

浅倉卓也さんの「四日間の奇蹟」を読んだときになんかこれ篠田さんの「ハルモニア」に似てるなーと思って、世間の評価ほどには感動がなかったことも思い出します。

軽いところでは、美人で仕事もできるのに、実は家事はまるでだめな女性と結婚してしまった男性の悲劇?を描いた「百年の恋」などおすすめです。

最近は読んでいない篠田作品ですが、気に入った作家さんなので、以前の作品はけっこう読んでると思います。

長いコメント失礼しました。
by: こっこ * 2005/12/09 11:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こっこさん、こんにちはっ♪
篠田作品の数々のオススメ、ありがとう\(^o^)/

「インコは戻ってきたか」、似た感じなのね。
そうか。読んでみようかな。
「四日間の奇蹟」が「ハルモニア」に似てるって、私も実は思った(^^;)
ま、同じところは障害を持った女性が音楽に秀でている、という設定だけなんだけど、私も「ハルモニア」のほうが好きでした。
光一の出ていたドラマも見ていたな~v-290

また、いつでもお立ち寄りくださいね♪
お待ちしてますよんo(^▽^)o
by: そら * 2005/12/09 11:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、オヒサです。じっちゃんであります。

『弥勒』以前から気になっている作品です。
でも、なんか解説を読むと脅し文句がいっぱい書いてあって
なんか恐ろしくなって敬遠しておりました。
うーむ、そらさんが5つ星をつけているのなら読んでみようかなあ。
by: じっちゃん * 2007/11/30 16:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じっちゃん、こんばんはっ♪
おひさで~す\(^o^)/

>なんか恐ろしくなって敬遠しておりました。

そ、そうか。う~ん、確かに、正直言って、結構ハードです。怖いです。エネルギー要ります。(^^)
だけど、今でも私は、この作品、「いい!」と思ってしまうんだな。

>うーむ、そらさんが5つ星をつけているのなら読んでみようかなあ。

あら、うれしい(*^_^*)
もし読まれたら、感想を教えてくださいね。
じっちゃんの感想、すごく知りたい!!o(^▽^)o
by: そら * 2007/12/02 20:16 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/62-7dccf236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
2001年3月17日 篠田節子が描く文明と文化の救いない相克 『弥勒』
アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバーンが、同国バーミヤンの大仏を破壊しようとしていた問題で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が「すでに破壊が実施された」と発表した。タリバーン側は大仏の上部の破壊を認めていたが、国連機関による確認は初めて。2001年3 日記風雑読書きなぐり【2005/07/15 15:00】
弥勒
「弥勒」篠田節子チベットのパスキム王国で政変が起き、貴重な美術品が危機に陥っているという。遠く離れた小国で、情報は少なく、以前、その美しさに心打たれた主人公は、実際に自分で訪れてみようとするのだが。。分厚くて避けてたシリーズ。最近ドコ... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2005/12/08 15:34】
* HOME *