スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「フライ,ダディ,フライ」金城一紀
2007 / 11 / 21 ( Wed ) 13:08:07
ど~でもいいけど金城さん、「レヴォリューション」とか、「フライ,…」の「,」とか、ひらがな入力の私には、とっても打ちにくい題名ばかりです。

パターン的には『SPEED』に似てるかな。
だけど私、このパターン、好きだわ♪

★★★★☆

さえない中年サラリーマン、鈴木一が娘の仇討ちをしようと立ち上がる。
師匠は舜臣。
ともすれば挫けそうになる気持ちを奮い立たせて、
守りたい者を守るため、鈴木一は闘いに向かう。



私の頭の中では、常にスピッツの『空も飛べるはず』が流れていました。

♪君と出会った奇跡が、この胸にあふれてる♪
♪きっと今は自由に空も飛べるはず♪

鈴木一の出入り(?)の場面では、何だかこの歌と一緒に盛り上がってしまって、胸が詰まりました。(*^_^*)

『空も飛べるはず』→『白線流し』→『長瀬智也』の連想からか、
舜臣は長瀬智也で決まり。
まぁ年齢的には無理があるけど、いいのいいの。気にしない。

舜臣、深い思索を巡らせているだけあって、いいこと言うね。
闘うとはどういうことか、彼なりの思いを鈴木さんに託し、最後までどっしりと鈴木さんを見守っている…そんな感じがとても頼もしい高校生です。
ジェットコースターがダメなのも、ご愛敬。

鈴木一が遥のビデオを見るシーン。
荒ぶる心がホッと安らぐ。
好きなシーンです。

なあ、遥。
私はまだ鷹には程遠いけど、今、飛べそうな気がしてるんだ。
どうしてかな。
いますぐにでもおまえに会いたいよ。
もう少しだけ待っていてくれ。
今から、
飛んで行くよ。



鈴木さん、カッコいいよ!

【こちらの記事も♪】
ひろの東本西走!?
梟通信
生きることにも心急き、感ずることも急がるる
苗坊の読書日記
読書感想文とブツブツバナシ
新・たこの感想文
itchy1976の日記



スポンサーサイト
金城一紀 TB:7 CM:16 admin page top↑
<<「君たちに明日はない」垣根涼介 * HOME * 「レヴォリューションNO.3」金城一紀>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆鈴木さん、カッコいいよ![2]◆

こんばんは。

おっ?そらさんも第1作よりこちらの方が点数が高いのかな?
なるほど、私が未読の「SPEED」もこちらのパターンなんですね。
高まる期待感。

>鈴木一が遥のビデオを見るシーン。
>荒ぶる心がホッと安らぐ。
>好きなシーンです。

 同感です。私はこの決戦前日・前夜がとても素晴らしいと思いました。
 そして、鈴木さん、ほんとカッコいいよ!

ちょっとだけ登場する鈴木の同期にして直属の上長も良かったです。

長瀬智也、昨年(一昨年?)はドラマで高校生役をやっていましたね。
多少無理があるかもですが、いいんじゃないですか?
by: ひろ009 * 2007/11/21 22:32 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あ~っ!ひろさん!!!
早いコメント、ありがと~♪うれしいわん\(^o^)/

>そらさんも第1作よりこちらの方が点数が高いのかな?

うんうん♪こっちのほうが好き(*^_^*)
ひろさんも同じなのね。
なら、『SPEED』も楽しめるかも。
期待しててね~♪

>私はこの決戦前日・前夜がとても素晴らしいと思いました。

ここ、いいよね~。奥さんの怒りの中に優しさがあって、鈴木さんの驚きの中に思いやりがあって。
子供の小さいときのビデオって、見るとやっぱりいとおしさがくぅーっと増すよね。
そんなところもすごく好き。

>ちょっとだけ登場する鈴木の同期にして直属の上長も良かったです。

確かに。今度会うときまでに父親としてかっこよかったことを思い出しておくって言ってたけど、彼もいろいろと思い出しただろうね。
その話もちょこっと聞きたいなぁと思ったのでした。

>長瀬智也、昨年(一昨年?)はドラマで高校生役をやっていましたね。

えっ!そうなの?じゃあ、まだまだいけるかもv-221
by: そら * 2007/11/21 22:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ドラゴン怒りの鉄拳◆

おたずねの映画はドラゴン怒りの鉄拳だと思いますよ。
アチョー!
by: ひろ009 * 2007/11/22 00:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆映画はみました◆

面白かったです。
この人の「映画篇」だったか、最初の短編読んで後が残っています。
この記事を縁にして読んでしまおう。
by: saheizi-inokori * 2007/11/22 14:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、おはよっ♪

『ドラゴン怒りの鉄拳』ね…教えてくれてありがと~\(^o^)/

by: そら * 2007/11/23 10:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟さん、おはよっ♪

映画もおもしろかったのね♪
舜臣が岡田准一なんだよね、たしか。
鈴木さんはだれが演じたんだろう。
私も観たいなぁと思ってます(*^_^*)

『映画篇』…私はとても好き!この短編集を読んで、「金城一紀、いいじゃん♪」と思ったのです。映画好きの梟さんなら、観たことのある映画がたくさん出てきて、余計に楽しいんじゃないかなぁ(*^_^*)

>この記事を縁にして読んでしまおう。
うんうん!
読んだら、ぜひ感想聞かせてね♪
by: そら * 2007/11/23 10:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん

こんばんは。
『フライ、ダディ、フライ』も大好きです。

この作品で、ぼくが一番好きなのは、舜臣が「鷹の舞」を披露して、それを見ていた周りの人たちからの拍手を受け、照れくさそうにするシーンです。

ジェットコースターで、鈴木さんが舜臣を挑発する場面も好きです。

ちなみに、映画で鈴木を演じたのは、堤真一さんです。
岡田准一さんとなかなかいいコンビでしたよ。
by: touch3442 * 2007/11/24 22:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんわ^^TBさせていただきました。
読まれたのですね!
良いですよね~^^
この作品を読んで、「SPEED」とかぶるところがいくつかあったのではないかと思います^^
佳奈子と特訓する所で、懐かしいなって舜臣が言う台詞があるんですけど、何だか顔がほころんじゃいましたもん^^

映画は堤さんと岡田君のコンビでした^^
今は「SP」で共演されていて、久しぶりにこのコンビがみれてとても嬉しく思います。
この作品を読んだきっかけが、某雑誌で岡田君がオススメしてたんですよ。
それで読んだのがきっかけだったんです。
それから金城さんにすっかりはまってしまいまして^^
なので、映画化が決まって、岡田君が主演だとわかってちょっと嬉しかったです。
映画も見てみてください^^
by: 苗坊 * 2007/11/25 00:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆映画篇、読みました。◆

泣けました。
この作家はヒッチコックみたいな遊びも好きなのですね。
なお、「,」は「コンマ」と入力して二回くらいENTERキーを押すと変換してくれますよ。さっき分かりました、エヘン!
by: saheizi-inokori * 2007/11/25 12:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん、こんばんはっ♪

>『フライ、ダディ、フライ』も大好きです。

私も私も♪

こういうお話、何だかとっても気持ちがいい\(^o^)/

>舜臣が「鷹の舞」を披露して、それを見ていた周りの人たちからの拍手を受け、照れくさそうにするシーン

あぁ、ここもよかったよね。そう、力強いけど流麗な舞も、照れくさそうにしてる舜臣も、目に浮かんでくるようで、いいシーンだったなぁ。

>ジェットコースターで、鈴木さんが舜臣を挑発する場面も好きです。

舜臣の意外な弱点発見!というシーンですね♪
初めて優位に立てた鈴木さんのはしゃぎっぷりが、何だかとってもかわいかった。

…こうやってみると、金城さんの小説って、すごく映像的だなぁと思います。
シーンの1つ1つが鮮やかで、インパクトがありますね♪

>、映画で鈴木を演じたのは、堤真一さんです。
岡田准一さんとなかなかいいコンビでしたよ。

堤真一さんですかぁ!!!
私の中の鈴木さんは、もっと冴えないおじさんだったけど、
うん、堤さんのどこかコミカルな味、私好きです♪
う~みゅ、ますます映画を観たくなったぞo(^▽^)o
by: そら * 2007/11/26 21:07 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんばんはっ♪

>この作品を読んで、「SPEED」とかぶるところがいくつかあったのではないかと思います^^

うんうん!

>佳奈子と特訓する所で、懐かしいなって舜臣が言う台詞があるんですけど

そうなのよ。これね、『SPEED』を読んだとき、前に何かあるんだろうなと引っかかったところなの。
あぁ、これかぁ!と思いました(=^▽^=)

映画、今とても見たくなってます。
レンタルしてこようかな(*^_^*)

「SP」…とても評判がいいみたいね。
私は、あのバレーボールの延長のおかげで、1回、2回と見逃して、
見るのを諦めました。
また再放送でもしてくれないかな。
by: そら * 2007/11/26 23:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟さん、こんばんはっ♪

昨日から、梟さんとこで『映画篇』がアップされていたり、とても丁寧なお返事をいただいているのを横目で眺めてました。
明日あたり、ゆっくり伺いますね~♪(*^_^*)

『映画篇』…ねっ♪よかったでしょ♪私も、短編集で泣いたのは、これが初めてかもしれない。胸に響く作品集だったよねっ\(^o^)/

>「,」は「コンマ」と入力して二回くらいENTERキーを押すと変換してくれますよ

お~!そうか,,,,あ、ホントだ\(^o^)/
梟さんも今どき少数派のかな入力なんだ。
仲間仲間♪
また、何か分からないことがあったら教えてねっ☆
by: そら * 2007/11/26 23:19 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんばんは~。
「シンプル・イズ・ベスト」を地でいくような感じで、読んでいて凄く心地よかったです。

映画版の鈴木一は堤真一さんなんですね~。
個人的には、「髪が薄くなってきた」とか、そういうところの描写もあってか、高橋克実さんみたいなイメージで読んでました。

金城さん、ブログの方に、お勧めの作家さんです、というのがあって読み進めるようになったのですが、『SPEED』も皆さんが「面白い」と仰っているので、凄く楽しみです。
by: たこやき * 2008/11/17 23:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

たこやきさん,おはよっ♪

>「シンプル・イズ・ベスト」を地でいくような感じ

うんうん。それがまた心地よかったよね♪

高橋克美さんですか。
確かに違和感ないかもv-8
DVDを見たんだけど,堤真一の冴えないおじさんもよかったよ♪

『SPEED』,楽しんでくださいね~\(^o^)/
by: そら * 2008/11/19 10:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆どうもー◆

いやー、キモチイイ感じでよかったです。
最後までの持ってき方とか、
途中に詰めてる想いとか、
んーーよかったです。

映画もあるんすよね
さがしてみてみます。
by: じゅん * 2008/11/20 18:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

じゅんさん,どうも~♪

うんうん,ホントに。
気持ちいい感じがよかったよねっ☆

映画,機会があったらぜひど~ぞ(*^_^*)
by: そら * 2008/11/23 17:17 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/621-3aa56679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
飛べよ!おっさん  「フライ・ダデイ・フライ」  「スター・ウオーズ エピソード3」
俺はこの手の映画に弱い。涙腺がすぐに緩んでしまう。「ミリオンダラー・ベビー」のような映画でも主人公が死ぬところより、試合に勝って喜ぶ場面で泣けてしまう。娘を不良高校生(父親が石原竜太郎という名の有力政治家)に乱暴されたエリートサラリーマン。暴力と権力に脅 梟通信~ホンの戯言【2007/11/22 14:20】
『フライ、ダディ、フライ』金城一紀著(講談社)
フライ,ダディ,フライ 『フライ、ダディ、フライ』(角川書店)を読んだのは2年前です。 確か夕刊紙だったか何かの書評で紹介されていたのがきっかけです。 妻と娘を愛する平凡なサラリーマン鈴木一。ところがその大切な娘・遙がカラオケ・ボックスで暴力事件に巻.... 生きることにも心急き、感ずることも急がるる…【2007/11/24 22:58】
『フライ・ダディ・フライ』(堤真一、岡田准一出演)
フライ,ダディ,フライ 今年に入って初めて、フルに土日を休みました。やはり二日休みがあると、のんびりできます。久しぶりにDVDを借りてきて見ることもできました。 選んだのは、金城一紀さんの原作が面白かった『フライ・ダディ・フライ』です。内容は、以前、本.... 生きることにも心急き、感ずることも急がるる…【2007/11/24 23:00】
フライ、ダディ、フライ 金城一紀
フライ,ダディ,フライオススメ!おっさん、空を飛んでみたくはないか?鈴木一、47歳。名も平凡だが、生活も平凡そのものである。しかし、何よりも大切なものがある。それは家族だ。妻と、娘の遙。この2人は自分が守らなければならないと思っていた。しかし.... 苗坊の読書日記【2007/11/25 00:18】
(書評)フライ、ダディ、フライ
著者:金城一紀 フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))(2005/05/31)金城 一紀商品詳細を見る 鈴木一、47歳。大手家電メーカーの子会... 新・たこの感想文【2008/11/17 23:56】
「フライ,ダディ,フライ」金城一紀
「フライ,ダディ,フライ」金城一紀 平凡なサラリーマン、鈴木一。 何もない彼にも、愛する家族がいる! が、ある日、 高校生のひとり娘が男に殴られケガをする。 単身復讐に向かうが、あっさり倒され、 目が覚めるとそこにいたのは。。 ザ・ゾンビーズシ... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2008/11/20 17:58】
金城一紀『フライ,ダディ,フライ』
フライ,ダディ,フライ (角川文庫)金城 一紀角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る 今回は、金城一紀『フライ,ダディ,フライ』を紹介します。ゾンビーズシリーズ第2弾で、主人公は、鈴木一というサラリーマン。娘の遥が不良高校生に襲われ、刃物を手にして itchy1976の日記【2009/12/23 01:41】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。