スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「君たちに明日はない」垣根涼介
2007 / 11 / 28 ( Wed ) 11:59:03
『明日の記憶』(荻原浩)と一緒に山本周五郎賞を獲った作品だそうです。
山本周五郎賞って幅広いのね。

★★★☆☆

リストラ請負会社に勤める村上信介。
彼が面接する相手は、仕事の発注元である相手会社のリストラ候補生。
要は、リストラ候補者に早期退職を紳士的にお勧めする仕事。
当然そこにはドラマが生まれる。
若くてカッコいい村上の、恋と仕事のお話。



軽くて読みやすい、痛快サラリーマン小説です。

リストラ請負会社という設定が目新しく、そこに助けられた感もあります。
つまらなくはないけど、そんなにおもしろいってわけでもない。
そんな感じ。

作者があとがきで、こんな言葉を残しています。

小説は、魅力的な人物像を描くことがもっとも重要だと、私は考えている。…(中略)…私が思うに、人間の存在価値は、人が持っている内面世界、つまりは、その人が自分の目に見える世界をどう捉えているかという、本人の自意識そのものにある。自意識のフレームだ。だから私は物語を組むときに、その人物の自意識のフレームが変容する瞬間を常に描いてきた。…(中略」…人生の大事は、なにも冒険犯罪という分野に限定しなくても、現実のこの世界にも厳然としてある。そう思い立ったのがきっかけで、このサラリーマン小説『君たちに明日はない』を描いた。



なるほどね。
人生の大事ね。
この作品でいえば、
たしかに、主人公が面接する人にとっては人生の大事だけれど、
主人公にとってはそうではない。
恋愛だって、本人は結構楽しそうだけれど、そこに主人公にとっての意外性というか、新たな発見というものがない。
まぁ、その辺が、「ちょっと期待はずれ感」をもたらしたのかもしれません。

余談ですが。
解説で、篠田節子さんが、信介の恋人・陽子に作者が与えた道を褒めていました。

そこには「愛のハッピーエンド」の嘘くささも、日本脱出や「とりあえず起業」の浮つき感もない。


…だそうで。
なんだか『女たちのジハード』を自己批判してるみたいで、ちょっと笑ってしまいました。

higeruの大活字読書録
たこの感想文
読書感想文とブツブツバナシ
スポンサーサイト
垣根涼介 TB:1 CM:4 admin page top↑
<<「彼女のこんだて帖」角田光代 * HOME * 「フライ,ダディ,フライ」金城一紀>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆山本周五郎賞◆

 う~ん、お気に召しませんでしたか。
 『女たちのジハード』ってのは…ふむふむ直木賞受賞作ですか。

 篠田さんて読んだことはないんだけど、『ゴサインタン』は前から気になっている一冊なんだよね。でも…そらさんの評価は低いですね。あら、これも山本周五郎賞。ひょっとして相性悪い?
by: higeru * 2007/11/29 22:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん、こんにちはっ♪

『ゴサインタン』…あぁ、あったね~。私は『弥勒』のほうが好きだわ♪

>あら、これも山本周五郎賞。ひょっとして相性悪い?
たしかに(-_-)
重松清さんの『エイジ』も、吉本ばななの『TUGUMI』も、世の評価ほどおもしろく感じなかったし、天童荒太『家族狩り』は、グロかったという記憶しかない。。。
あ、でも、『火車』(宮部みゆき)、『閉鎖病棟』(帚木何たら)、『奪取』(真保裕一)は面白かった!
…4勝5敗です(*^_^*)
by: そら * 2007/11/30 13:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうもー

オレは結構楽しめましたね。

垣根さんの、フレームがなんたらってのは、
あまり実感できなかったっすけどね(笑)

文庫解説は篠田さんなんすかー
あとで立ち読みでもしてみまーす
by: じゅん * 2007/12/12 09:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪

>オレは結構楽しめましたね。

うんうん。あちこちブログを覗いてみると、そういう方、多いみたいね。
「つまらなくもないけど、おもしろくもない」なんて失礼なこと言ってるの、私ぐらいかと(^^;)

フレームがなんたらの話、前にも垣根さんの作品の中で出てきましたねぇ。
そのときは、何言ってんだか、よ~分からんかったけど、今回のあとがきでは、ちょびっと分かった気がしましたよ。
じゅんさんはハードカバーで読まれたのね。
ぜひ、文庫のあとがきと解説を、立ち読みしてくださいなo(^▽^)o
by: そら * 2007/12/12 12:27 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/623-19b60bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「君たちに明日はない」垣根涼介
「君たちに明日はない」垣根涼介 リストラ請負会社に勤務する主人公は、 事前に調査した様々なデータを駆使し、 会社にしがみつこうとする リストラ候補社員に引導を渡している。          第18回山本周五郎賞 最近、穏やかな話が読みたい... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2007/12/12 09:45】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。