FC2ブログ
「光の帝国」恩田陸
2005 / 07 / 18 ( Mon ) 22:47:46
サブタイトルは「常野物語」
短編が10編入っています。

★★★★☆

どの作品も、権力を持たず、群れず、常に在野の存在である異能の人々、常野一族が描かれていますが、
登場人物は一遍ごとに違います。
それでいながらどれもがどこかにつながっていて、最後に大きなうねりが感じられ、
このお話の続きが知りたくなります。

どのお話もそれぞれ何かしらの余韻を残しており、私はとても好きなのですが、最後のお話、「国道を降りて」が愛おしく感じます。

「音楽にすればすべてが美しいって。憎しみも嫉妬も軽蔑も、どんなに醜いおぞましい感情でも、それを音楽で表現すればそれは芸術だからって。だから音楽はどんな時でも味方なんだって。武器なんだって。」

つい先日、心地よく音楽を聴いてきたからでしょうか、
音楽の持つ不思議な力を思いました。
世界が音楽に満ちていれば、人の心にも平穏を取り戻せるかもしれないと、そんな気持ちになりました。

スポンサーサイト



恩田陸 TB:8 CM:11 admin page top↑
<<梅雨が明けました * HOME * 「ST警視庁科学特捜班」今野敏>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

わぁなつかしい!!!
と思ったので、思わずコメントです。
高校生のときに読みました。
わぁぁ。。。懐かしい。
あの人の独特な文調とか話の流れが好きです。
「上と下」だっけ、あれ、おすすめです
by: みるく * 2005/07/26 00:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

みるくさん

高校生のときに読んだ本ですかぁ~。
懐かしさが私にも伝わってくるわ♪

「上と下」。読んだことないので、今度探してみます。
オススメ、ありがとね♪
by: そら * 2005/07/26 08:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おはようそらさん♪

では、お言葉に甘えて・・・って、ホントにいいのかな~(汗)
by: アトマツ * 2005/09/09 08:49 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

何をおっしゃるアトマツさんe-281

TBありがと♪
アトマツさんのブログ、いつも楽しみですv-353

by: そら * 2005/09/09 12:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは!

以前『図書室の海』の中に入っている『グリーンスリーブス』が好きとコメントしたら、『光の帝国 常野物語』が雰囲気似ているよ、と教えていただいたので、ずっとずっと探していて、ようやく読みました。

仰るとおり!これこれ、この雰囲気が好きなのだ~と思いました。現在形で語られていても、ナンかノスタルジックな回想を思い起こす、恩田さんの世界ですよね。
全編を通して、ドラマの回想シーンで使われるような、ぼんやりと紗のかかったイメージでした。
(ただ単に、「光の・・・」という言葉に触発されたのかもしれませんが・・・)

常野シリーズは、『蒲公英草紙』『エンド・ゲーム』を先に読んでしまってました。
『蒲公英草紙』は、『光の帝国』のムードのまま、
『エンド・ゲーム』は、時子さんたちが再登場して、SFの、私にはちょっとついていけない小説に仕上がっています。

それにしても、『グリーンスリーブス』は、いつ完成するのでしょう。。。
by: nao * 2006/08/01 18:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

***訂正***

ごめんなさい、『図書室の海』の中の『グリーンスリーブス』ではなくて、『図書室の海』の中の、『イサオ・オサリヴァンを探して』でした。。。
タイトル、間違えておりました。
by: nao * 2006/08/01 19:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんばんはっ♪
えっ私、そんなこと言ったっけ???
もう忘れている私(^^;)

>現在形で語られていても、ナンかノスタルジックな回想を思い起こす
うんうん、そうなのよねっ♪これは、恩田さん独特の世界…という気がします。

>全編を通して、ドラマの回想シーンで使われるような、ぼんやりと紗のかかったイメージでした。
これ、分かる~\(^o^)/
すごくいい表現だわ~と思ったのでした。

『蒲公英草紙』『エンド・ゲーム』は、両方とも読んでいないけど、『蒲公英草紙』読みたいな~。
by: そら * 2006/08/01 22:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうも!
コレはどの話しも続きが欲しいすよね。
これからも常野作品出そうなんで、楽しみですが、
とりあえず、2作を読もうかどうか。。。
by: じゅん * 2006/08/17 10:16 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも♪
常野のあと2作、読みたいな~と思いながら、なかなか手に取る機会がありません(^^;)
話の続き、読みたいねっ☆
by: そら * 2006/08/17 10:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんわ^^
常野は良いですよね~。
出てくる人皆が素敵です。
特にわたしは「国道を降りて」が好きです。
全ての作品の集大成だったので^^
ツル先生の言葉が感動的でしたね~
by: 苗坊 * 2007/04/14 17:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
お忙しいのに、ご訪問ありがとね\(^o^)/

私も、常野の物語は大好きです。中でも、「国道を降りて」が好きっ♪
by: そら * 2007/04/15 09:15 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/64-403d2db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『光の帝国~常野物語~』 恩田陸
おすすめ度:☆☆☆☆膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから・・・。「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への志向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮.... vivi書店【2005/08/10 01:10】
恩田 陸『光の帝国―常野物語』
光の帝国―常野物語posted with amazlet at 05.09.07恩田 陸 集英社 (2000/09)売り上げランキング: 9,284Amazon.co.jp で詳細を見る膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見 アトノマツリ【after_you-festa】 ~アトマツ家のミステリな読書日記【2005/09/09 08:47】
「光の帝国-常野物語-」恩田陸
光の帝国posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.19恩田 陸 / 恩田 陸著集英社 (2000.9)通常2~3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る「蒲公英草紙」を読むために再読。感想も更新。不思議な力を持った常野一族を描いた連作短編集。 常野一族。人の 本を読む女。改訂版【2005/10/26 00:57】
光の帝国 常野物語
「光の帝国 常野物語」恩田陸(集英社文庫) 「蒲公英草紙」を読んだのがきっかけで 蒼天百景【2005/12/05 22:54】
「光の帝国-常野物語」恩田陸
「光の帝国-常野物語」恩田陸特殊な能力を持った常野の一族は、ふつうの人たちの中でその能力を隠し暮らしていた。。10編の連作短編集。こんなもの発見→「常野だより」恩田さんの話とかあってオモシロイ。でも、「蒲公英草紙」「エンド・ゲーム」... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2006/08/17 09:58】
光の帝国 恩田陸
光の帝国―常野物語オススメ!膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから―「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそ.... 苗坊の読書日記【2007/04/14 17:18】
今野敏「触発」
今野敏著 「触発」を読む。 このフレーズにシビれた。  社会科学者の宿命です。われわれはただ観察して考察するだけです。 [巷の評判] やっぱり本を読まなくちゃ!では, 「通常では考えられない枠組みだが、面白い! でも、作者の今野氏…爆弾を作る描写が生々しい…。... ご本といえばblog【2010/11/03 14:18】
「光の帝国」恩田陸
超能力を持つ一族を描いた「光の帝国」を読んだ。 恩田陸による初期の連作集。    【送料無料】光の帝国価格:520円(税込、送料別) 特殊な能力を持つ人たちは、それを隠そうとする。 なぜなら、その能力を利用しようとする輩がいるためだ。 筒井康隆の「家族八景」… りゅうちゃん別館【2012/02/14 18:04】
* HOME *