スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「対話篇」金城一紀
2008 / 01 / 09 ( Wed ) 16:22:42
やった!金城さんの作品全部読んだぞ~♪

★★★★☆

『恋愛小説』、『永遠の円環』、『花』が収録された短編集。



【こちらの記事も♪】
読書感想文とブツブツバナシ






うぉ~、ど~しよ~!『花』以外、忘れちゃった。。。
12月に読んだ本なのにぃ。。。

検索検索。

『恋愛小説』ひょんなことから知り合った友人。彼は自分の大切な人が必ず死ぬという運命を背負っていた。その彼が恋してしまった。
『永遠の円環』余命幾ばくもない僕は、Kにある頼み事をする。


というお話だったみたいです。

うんうん、ちょっと思い出してきたぞ。
『恋愛小説』…一番肝心なラストが思い出せない。けど、切ない系のお話だったような気もする。う~みゅ。。。
この作品、玉木宏が主演して映画化されたらしい。玉木宏!見たいっ!
『永遠の円環』…ゾンビシリーズで出てきた教授が再登場したんだった。僕の復讐物語より、Kの背景のほうが知りたかった。この人、どこかのスパイ?だよね。

『花』

老弁護士と青年が、東京から鹿児島までを車で旅をする話。
老弁護士は、長い間離れて暮らしていた妻の遺品を取りに行く。

彼は妻を忘れようと思い、忘れたいと思っていたら本当に忘れてしまっていた。
妻が彼に最後に託した花の名前は何だっただろう?
青年は、脳腫瘍を抱えており、死の影と、手術をすれば記憶をなくすかもしれない。
忘れたくない記憶が消えてしまうかもしれない恐怖。



青年が、死の恐怖に怯える場面。
到着した2人がハイタッチを交わした場面。
そして、老弁護士が花の名前を思い出した場面。

美しい映像のように印象に残っています。
愛は離れていてこそ、透明で美しいのかもしれない。
一緒に過ごしていると濁ってしまうものね…なんて、
ちょっと濁ったことを考えた私(^^;)

2人の会話がよかった。
幾つか書き抜こうと思ったんだけど。

世の中はステキだみたいなせりふ(うろ覚え)も、
とてもキラキラと輝いていました。

珠玉の一遍。

再読したいです(*^_^*)

【1/10 追記】
返したと思っていた図書館本が、次女の鞄の中で埋もれていた('◇')ゞ

ので、早速再読。
『恋愛小説』…あ、やっぱり落ちてくるんだ。

大切な事柄はひどく脆い氷の像のようなもので、言葉はノミみたいなものだ。よく見せようとノミを撃っているうちに、氷の像はだんだんと痩せ細り、いつの間にか砕けてしまう。本当に大切な事柄は、言葉にしてはいけないのだ。…最期の炎に焼かれるまで。そのときになって、氷の像は一番綺麗な姿を見せながら、身体とともにゆっくりと溶けていくだろう。


結局のところ、大切な人の手を探し求め、握り続けるためだけに、僕たちはうすのろな時間をどうにか生きている。
ねぇ、そうは思わないかい?(『恋愛小説』)



あれもこれも、すべてがいとおしい。それらを抱えて、来るべき冬を迎えよう。
車の調子はいい。
世界の涯まで行けそうだ。
間違いない。
この世界は素晴らしい。(『花』)



言葉は要らない。
しみじみと愛おしい作品集でした。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

金城一紀 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<バトン♪ * HOME * 「クドリャフカの順番」米澤穂信>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆初めまして◆

私は読書家ではありませんがたまたま今年読んだ本が「悪人」と「映画篇」です。「悪人」は最終章を読むまでは単なる犯罪小説だと思っていたのですが、最終章で、どちらかというと居心地の悪い役回りだったはずの清水房子と石橋佳男の力強い復活に泣けました。「映画篇」は「ドラゴン怒りの鉄拳」が一番のお気に入りです。小説は最後をどうまとめるかによって随分印象が違うものですね。2編とも読み終わって、元気が出た本でした。金城作品は[GO」は読んでいますが、「対話篇」も読んでみようかなと、
by: ume * 2008/01/07 23:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

umeさん、初めまして♪
どこかでお会いしたことがあると思ったら、梟さんちでしたね。
わ~い♪コメント、ありがと~ございました\(^o^)/
これを機に、ちょくちょく遊んでください(*^_^*)

「悪人」と「映画篇」ですか。おぉ~!とってもよいチョイスだ\(^o^)/
私も、2冊とも印象深く残っています。
「悪人」の石橋佳男…お父さんですね。力強い復活。
そう、あのシーンがなかったら、この作品も薄っぺらいものになってしまったかもしれないと、私も思います。

『映画篇』は、私は『太陽がいっぱい』がお気に入りです。短編であれだけ気持ちを揺さぶられたのは、ちょっとない経験でした。
『ドラゴン怒りの鉄拳』は、ごめんなさい、赤い目…しか覚えてない(^^;)

>小説は最後をどうまとめるかによって随分印象が違うものですね

ですね~。ホントに。最後がビシッと決まった本に出会うと、何だかとても充足した気持ちになります。だから読書はやめられない(なんて^^)

『対話篇』も、最後の『花』がよかったけれど(これも最後がビシッと決まってました)、umeさんは、どの作品がお好きかな?
もし読まれたら、感想聞かせてくださいね。

また、いつでも遊びに来てくださいね。
本以外のコメントも大歓迎!
お待ちしてます♪
by: そら * 2008/01/08 09:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆恋愛小説かぁ。。。◆

こちらでは明けまして?かな???
今年もよろしくです。

年の初めは少しゆっくりじっくり色々考えようと思って今月は休み多め
(と言っても普通の人が休みを取るのと同じくらい取っただけだけど…)

昨日は出勤前に時間が取れたので久しぶりに書店に足を運びました。
3冊ほど文庫本をゲット。。。『猫は・・・』の新刊が沢山でていたので
それを1冊。エッセイ1冊。小説1冊(ジョルジュサンド)。電車の中で
は殆ど寝てばかりだったのに昨日は読書いたしました。でもねぇ~
ずっと読んでいたらなんだか気分悪くなってきて途中でやめました。
今日は続きを読めるかな>>>?
by: 一陽 * 2008/01/10 08:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

一陽ちゃん、明けましておめでとです♪(多分、今年お初だよね ^^)

>今月は休み多め

そっかそっか、ゆっくり休むんだよ\(^o^)/

電車の中で読書。酔っちゃったんだね。
私は電車で酔うことはないからよく分からないんだけど、
読書はしばらくやめておいたほうがいいよ。
なんか、クセになる(?)らしいから。(次女談)

お大事に♪
by: そら * 2008/01/10 17:42 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/644-1a1efaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。