スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「蛍坂」北森鴻
2008 / 01 / 12 ( Sat ) 13:01:05
前作『桜宵』に引き続いての「香菜里屋シリーズ」第3弾。
この作品集、とても好き。

★★★★☆





まずは、どうでもいい話から。

『孤拳』で、工藤が真澄に言います。
「同じもので宜しかったですか」

あぁ、お願い。工藤は「宜しかったですか」って言わないで。
文法的に合ってるか合ってないかはよく分からないんだけど、(間違ってると言う人が多いけど、間違ってるとも言い切れない気がする門外漢の私。)
「宜しかったですか」。。。。
すっごく違和感。
違う!工藤の言葉じゃない!と思うのでした。

さて『蛍坂』。
短編集です。

『蛍坂』で、おなじみのお店に入る懐かしさを感じ、
『猫に恩返し』で、あぁ、これはミステリーだったわねと思い出し、
『雪待人』で、垣間見えた工藤の背景に想像をかき立てられ、
『双貌』で度肝を抜かれました。
北森さん、うまい!
こういうトリッキーなものが途中に挟まると、ピリッとするね~。
そして『孤拳』。
笑うと下弦の月のようになる目が印象的な脩兄ィ。
とても優しく、切なく、ジンと来ます。
何とも言えない静かな余韻が残ります。

いいなぁ。北森鴻。
素直にそう感じ、本を閉じました。

次回作は最終話…らしい。
ずっと昔からだれかを待ち続けている工藤の過去が明らかになるのでしょうか。
知りたいような、知りたくないような。
知ってしまうと、香菜里屋も工藤も私の前から姿を消してしまう気がして、
ちょっと怖い。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

北森鴻 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「夢の中の魚」五條瑛 * HOME * バトン♪>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

あっ!3作目も出てるんですね。
今度、図書館で借りなきゃ。

そらさんの言うように、
工藤に「宜しかったですか」という言い方は
似合わないですね。
by: yasmin * 2008/01/12 13:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

yasminさん、こんにちはっ♪
コメント、ありがと~♪

>工藤に「宜しかったですか」という言い方は
似合わないですね。

だよね~\(^o^)/

香菜里屋は、4作目も出たみたいよ。
どうやらそれが最終作みたいな雰囲気。
『香菜里屋を知ってますか』というタイトルです。
図書館で探してみてねv-221
by: そら * 2008/01/12 14:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

北森鴻さん、僕も好きです。コウだけに(笑)

「蛍坂」はウチでもレビュー書いてます。
香菜里屋の雰囲気がとてもいいですよね。
「孤拳」がベストかな?
「桜宵」も読んで見たいと思います。
by: Koo± * 2012/03/13 13:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆koo±さん♪◆

> 北森鴻さん、僕も好きです。コウだけに(笑)

おっ!そうですか\(^o^)/

香菜里屋シリーズ,いい雰囲気ですよね~♪
おいしそうだしo(^-^)o

といっても,もう「孤拳」がどんな作品だったか,
忘れちゃいました(^^;)
ま,短編集だし,しょうがないよねv-8

そのうち,またふら~っと読んでみようかしらん♪

by: そら * 2012/03/14 20:22 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/646-1b4c5c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。