スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「珍妃の井戸」浅田次郎
2008 / 01 / 22 ( Tue ) 23:03:43
浅田次郎『蒼穹の昴』の続編というか、スピンオフ作品というか。
ミステリー仕立ての作品です。

★★★☆☆

美しき妃はなぜだれに殺された?(文庫帯より)

列強諸国に蹂躙され荒廃した清朝最末期の北京。その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか?犯人探しに乗り出した日英独露の高官が知った、あまりにも切ない真相とは―。『蒼穹の昴』に続く感動の中国宮廷ロマン。 (Amazonより)



調査団は英国海軍提督・ソールズベリー伯爵、ドイツ帝国大佐・シュミット男爵、
露清銀行総裁・ペトロヴィッチ公爵、東京帝国大学教授・松平子爵の4人。

証言者の中には『蒼穹の昴』で顔を見せた蘭琴、袁世凱も登場し、
各証言の中には『蒼穹の昴』でおなじみの人々の名前が挙がります。
ですから、イメージしやすく読みやすかったです。

珍妃が紫禁城の井戸に真っ逆さまに落ちて死んだ。そこでは何が起こったのか。
7人の証言者は、それぞれ違う話をする。
真実は…というお話です。

珍妃は西太后の命を受けて殺された…というのが通説だとか。
そこに、想像力を駆使して、浅田次郎がさまざまな解釈を見せるという趣向。

通説に対して、「これが真実」と新たな解釈を試みるのは、
フィクションならではの楽しい作業だと思います。
自分の示す解釈を「本当らしく」見せるところに、作者の腕の見せどころがあるとも思います。

その点、この作品は、詰めの段階が情緒に流されているきらいがあり、
「どうしてそれが真実といえるのか」という根拠が甘いような気がします。
身も蓋もない言い方ですが、最初から光緒帝のところに話を聞きに行けばよかったんじゃないの?と、思ってしまう終わり方は、ミステリーとしては今ひとつかなと思います。

けれども。

さまざまな立場の人の証言から浮かび上がってくる珍妃の高貴な美しさ、聡明さ。
古い価値観の中、対等にお互いを尊敬し合い、高め合い、慈しみ合った光緒帝と珍妃の、
奇跡のような愛。

まさしく時代が動こうとしているまっただ中でうごめく策略。
悠久たる歴史を持ち、独自の文化を高めた中国を蹂躙する列強国の帝国主義。

生き証人の証言を再現する構成の中から浮かび上がるそんなこんなが、
まるで美しいおとぎ話を織りなす縦糸と横糸のように感じられます。

ここに、この作品の魅力があるように思います。

これはこれでステキなお話だとは思うけれど、私には少しきれいすぎたかな。
惹句のような「感動」にまで至らなかったのが、少し残念です。

珍妃の言葉。

さよならの言葉は、タルタル語では何というのでしょうか。
ほんとうはそれを言いたいのだけれど…きっと大興安領や黒龍江や、ホロンパイルの草原に美しくこだまする、風邪のような音にちがいありません。
ではみなさん、再見…。
ごめんなさい。それしか知らないから。
再見。
私の愛しい人。
そして、私の愛しいひとたち………



まるで詩のように美しい。。。。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

浅田次郎 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「禁じられた楽園」恩田陸 * HOME * 「メタボラ」桐野夏生>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆おーわった、おーわった◆

こんばんは。

お正月以降はバタバタでしたが、無事終わりました。
祝福コメントありがとうございました!

私にとって『蒼穹の昴』は微妙な評価の作品です。私にはあの西太后が合わなかった・・・。「珍妃の井戸」は未読なのでいずれ読んでみます。

そらさんちのプチプチ、うちの息子達も楽しんでますよ~
by: ひろ009 * 2008/01/23 21:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、お疲れお疲れ♪

>おーわった、おーわった

が、とっても楽しそうだo(^▽^)o
よかったね~。うんうん(*^_^*)

あの西太后、ひろさんには合わなかったのね。
どこがだろう?ちょっと子供っぽいところとか?
とにもかくにも斬新な西太后でしたよね~。

>そらさんちのプチプチ、うちの息子達も楽しんでますよ~

わ~い♪遊んでくれてありがと~\(^o^)/
by: そら * 2008/01/24 15:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは~
私はこの作品、とっても好きです。「蒼穹」よりも先に読んだせいもあるかもしれませんが、とっても感動しました。
でも「きれいすぎる」という、そらさんの意見もわかる気がします。
浅田さんの文章の美しさとロマンチストぶりは反則!って思うことがあります(笑)
by: EKKO * 2008/01/24 21:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

EKKOさん、こんばんはっ♪
ご訪問、ありがと~\(^o^)/

そうか、感動したのねっ☆
私も、もうちょっと自分が素直だったらなぁ(*^_^*)

>浅田さんの文章の美しさとロマンチストぶりは反則!って思うことがあります(笑)

うんうん!思うことがある(*^_^*)
by: そら * 2008/01/26 02:28 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/654-1f570a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。