スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「猫と針」恩田陸
2008 / 04 / 24 ( Thu ) 22:54:56
このモチーフ,恩田さんの短編で読んだことあるなぁと思いながらの読書でした。
戯曲なので,さらっと2時間以内に読めます。

★★☆☆☆

人はその場にいない人の話をする――。友人の葬式の帰り、久々に学生時代の仲間が集まった。一見なごやかな宴だが、やがて漂う不穏な空気。この集まりの本当の意図とは? 閉鎖空間で展開する心理サスペンス会話劇。戯曲執筆の舞台裏を赤裸々に綴る書き下ろしエッセイ「『猫と針』日記」も収録。遂にベールを脱ぐ、恩田陸〈初戯曲〉。(新潮社より)



【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
粋な提案
映画な日々。読書な日々。
いくつもの週末と本
                

「面白いのかどうか」は,とうとう最後まで分からなかったような気がする



と,恩田さんも『「猫と針」日記』に書いていますが。

私も,面白いかどうか,よく分かりません(笑)

正直,あんまり面白くないような気もします。。。
何というか,あんまりドキドキハラハラしないんだよね。
私の場合,サトウだのスズキだの,登場人物がときどきごちゃごちゃになってしまって,
今イチ作品に入れなかったということもあるかもしれません。

せりふだけで構成されている戯曲って,
単品で「作品」としては成り立たないものなのかもしれないなぁと思ったのでした。

この舞台,見てみたかったぞっと。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:4 CM:10 admin page top↑
<<「八日目の蝉」角田光代 * HOME * カラオケに行ってきました\(^o^)/>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

こんばんわ。
文章の雰囲気は恩田さんっぽいなぁと思いましたが。
やっぱり戯曲は文章の羅列だけですもんね。
実際に舞台を観たいですよね。
by: 苗坊 * 2008/04/30 21:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんばんは。
そうそう、名前がカタカナだったので誰が何を言ってたか、
ちょっと混乱もありました。
戯曲(脚本)って台詞だけなので感情や表情がわかりにくいのも、
わからなかった原因かもです。
by: 藍色 * 2008/05/01 01:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

苗坊さん,おはよっ♪

>文章の雰囲気は恩田さんっぽいなぁと思いましたが。

シチュエーションも恩田さんっぽかったよね。

>実際に舞台を観たいですよね。

ねっ☆
実際に上演した劇団も,「恩田脚本」ということで,新たな客層を呼び込めたのでは…と,下世話なことも思いましたv-8
by: そら * 2008/05/01 09:49 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

藍色さん,おはよっ♪

>戯曲(脚本)って台詞だけなので感情や表情がわかりにくいのも、
わからなかった原因かもです。

確かにそうなんだよね。
まぁ,逆に言えば,そこに役者や演出者の出番があるんでしょうね~♪
by: そら * 2008/05/01 09:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。
TBさせていただきました。
私も面白いのかどうか、正直??という感じはありました。
でも実際に舞台は観たかったです。
by: masako * 2008/08/30 15:19 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

masakoさん,こんにちはっ♪
コメント&TBありがとでした\(^o^)/

>私も面白いのかどうか、正直??という感じはありました。
でも実際に舞台は観たかったです。

ねっ♪
戯曲は,舞台で演じられて初めて1つの作品として完成するんだなぁなんていうことを感じました(*^_^*)
by: そら * 2008/08/31 13:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆はじめまして◆

同じようなことを考えている人がいて、うんうんと頷きながら読ませてもらいました。

恩田陸の「不思議でおもしろそうな雰囲気」は小説にこそいかされるのかな?と思いましたね。
by: あきら * 2011/10/26 10:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あきらさん,初めまして♪
コメントありがとうございます(*^_^*)

> 同じようなことを考えている人がいて、うんうんと頷きながら読ませてもらいました。

あきらさんも同じようなこと,考えましたかぁ(*^_^*)

脚本ってそれだけで成り立つものではないんだなと,
知ることのできた作品でしたね~。

> 恩田陸の「不思議でおもしろそうな雰囲気」

うんうん。
恩田さんには長編小説書いていただきたいわ~と思います(^-^)v

また,気が向いたら遊びに来てくださいね。
あきらさんのブログ,ちょこっと覗かせてもらったけど,
結構かぶっているような。。。(*^_^*)
by: そら * 2011/10/26 15:26 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆かぶってますよね◆

作家の一覧を見て、私もそう思いました。

私がまだまだ書けていない作家さんの感想もあって、楽しく読ませてもらいました。

もしよければ、相互リンクをお願いしてもいいですか?
自分が読んだ本が別の人からみるとどんな感想なのか、とても興味があります。
by: あきら * 2011/10/26 19:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あきらさん,こんばんはっ♪


> 私がまだまだ書けていない作家さんの感想もあって

そうなんだ。
ではでは,私もあきらさんとこ,楽しみにさせていただきます\(^o^)/

相互リンク,よろしくです♪
リンクの仕方,ちょっと忘れ気味なんだけど。。。
がんばってみるv-91

同じ本を読んで,
同じ感想,違う感想,いろいろあって楽しいですよね。
よろしくお願いいたします(*^_^*)
by: そら * 2011/10/27 18:40 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/683-8008fb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
猫と針 恩田陸
猫と針 友人の葬式の帰り、久々に学生時代の仲間が集まった。 噂によれば、仲間たちはみな、何らかの個人的事情を抱えているらしい。 一見なごやかな宴だが、それぞれが諸事情で少しずつ席を外す間、残った人間は様々に憶測を巡らし、不在の人物について語り合う。 や... 苗坊の読書日記【2008/04/30 21:53】
猫と針 恩田陸
装幀は鈴木成一デザイン室。恩田さんが演劇集団キャラメルボックスに書き下ろした初戯曲の書籍化。 葬式帰りに集まった三十代後半の男女五... 粋な提案【2008/05/01 01:29】
恩田陸 『猫と針』
猫と針/恩田 陸 ¥1,260 Amazon.co.jp 人はその場にいない人の話をする――。友人の葬式の帰り、久々に学生時代の仲間が集まった。一見なごやかな宴だが、やがて漂う不穏な空気。この集まりの本当の意図とは? 閉鎖空間で展開する心理サスペンス会話劇。戯曲執... 映画な日々。読書な日々。【2008/08/30 15:10】
『猫と針』~猫でもなく針でもなく~
感想の前にちょっとだけ本書について説明。 これは「演劇集団キャラメルボックス」によって上映された舞台の戯曲で、恩田陸が劇団のために書き下ろしたもの。 あとがきでその経緯についてふれているのだが、... いくつもの週末と本【2011/10/26 14:18】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。