スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「医学のたまご」海堂尊
2008 / 05 / 03 ( Sat ) 14:35:06
さらっと読めるジュブナイル小説(中高生向け小説)です。
最初のうちは,横書きが,ジュブナイルではない私には鬱陶しかったけど,
すぐ慣れました。

★★★☆☆

僕は曽根崎薫、14歳。歴史はオタクの域に達しているけど、英語は苦手。愛読書はコミック『ドンドコ』。ちょっと要領のいい、ごくフツーの中学生だ。そんな僕が、ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、東城大学の医学部で研究をすることに。でも、中学にも通わなくちゃいけないなんて、そりゃないよ……。医学生としての生活は、冷や汗と緊張の連続だ。なのに、しょっぱなからなにやらすごい発見をしてしまった(らしい)。教授は大興奮。研究室は大騒ぎ。しかし、それがすべての始まりだった……。ひょうひょうとした中学生医学生の奮闘ぶりを描く、コミカルで爽やかな医学ミステリー。(Amazonより)



ミステリーって何だろうって,今さらながら思ってしまう私。
これもミステリーだったんだ。

【こちらの記事も♪】
粋な提案
徒然なるままに…
りゅうちゃんミストラル
デコ親父はいつも減量中



                

海堂さん,今どきの中学生はつるかめ算なんか習わないよ。
つるかめ算をやるのは,中学受験組のごく一部の小学生だけだってばさ。

…と,どうでもいいことから入りますが。

この作品,いろんな海堂作品にリンクしてます。
とある作品の登場人物が大きくなって登場したり,そのままの姿で登場したり。

これって何年の設定なんでしょうね~。
だんだん登場人物の年齢が分からなくなってきました。

アツシ君,きみには会いたかったわ~。
ということで,私的にはそれだけでマル
何だか随分印象が変わってしまったけど,元気でいてくれてうれしいです。

印象が変わってしまったといえば,ヘラ沼って出てきた子は,『夢見る黄金地球儀』でちょこっと出てきた息子?あれ?主人公本人?書きながら分からなくなっちゃったけど。(しかもキーワードの,○○がいろんな機械を発明してる…の箇所が見つからないから,○○がお父さんだったか,おじいちゃんだったか,確認できない)
息子だと思って読んでた私。
ちょっと思春期入ったクールな印象を持ってたけれど,随分と軽いヤツだなぁと違和感があったのでした。

違和感があったといえば。
海堂さん,あとがきに最初の読者はお嬢さんだったと書いていたけど,
お嬢さん,利発な学級委員・進藤美智子ちゃんに自分をシンクロさせながら読んだんじゃないかなぁ。
いえね,主人公・薫,あまりにも子供っぽすぎる印象がありまして。
今どきの中学生,大人の前ではものも言えないほどウブじゃないよなぁなんて,
自分の息子を鑑みて思うのですが。
もっと言えば,薫君には,パッシヴ・フェーズではなくて,若者らしく(!)アクティヴ・フェーズを選んでほしかったなぁという気も。(アクティヴだの,パッシヴだの,この言い方も,懐かしい^^)
…まぁ,いろんな中学生がいますからね。こんな子いないなんて,言うつもりはないけれど。

海堂さん,中高生向けに,ふだん地味な扱いを受けている基礎医学に焦点を当てて,こんなこともやってるんだよとさりげなくアピールしてみたり,
分かりやすい悪役を作ることで,主人公薫に感情移入できやすくしていたり,
薫をオバカキャラにすることで,医学知識やゲーム理論を分かりやすくかみ砕いて説明したり,
随所に工夫が見られます。

ある種の使命感があったんだろうなぁ。

まぁ,中高生が読めば,きっともっと楽しめるはず。(多分)

学級文庫に入れてあげればいいのにと思ったのでした。

ちなみに私が一番受けたところは,医学雑誌『マグニフィスント』を,
何度聞いても薫が,『マグニチュードスンスン』と言ってたところだったりして。
結構ツボでした。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

海堂尊 TB:4 CM:8 admin page top↑
<<「サクリファイス」近藤史恵 * HOME * 「古道具 中野商店」川上弘美>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆私も最近読みました◆

《マグニチュードスンスン》

に笑っているうちに、私までそう読んでしまってました( ̄▽ ̄;)
今時の中学生で…三田村みたいなのはいないだろうなぁとか思いつつ
by: あゆぱん * 2008/05/03 16:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんばんは。
薫くんのサポートをしたメンバーとのやりとりが、良かったですね。
アツシ君と再会できてうれしかったです。
ヘラ沼、たぶん息子でしょう。

トラックバック届いてなかったのでこちらからさせていただきました。
トラックバックしてくださいますか?。
by: 藍色 * 2008/05/04 04:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

あゆぱんさん,おはよっ♪

>《マグニチュードスンスン》
に笑っているうちに、私までそう読んでしまってました( ̄▽ ̄;)

あはは!
確かに私も,本当の雑誌名,最後まで覚えられなかった(=^▽^=)



by: そら * 2008/05/04 06:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

藍色さん,おはよっ♪

>ヘラ沼、たぶん息子でしょう。

だよね,やっぱり。
う~ん。だとすると,すごく印象が違うなぁ。
ま,学校と家庭では印象の違う子って,いるからね。
ヘラ沼くんも,そういうタイプなのかな。

>トラックバック届いてなかったので

ありっ?また迷子?
では,再度チャレンジしておきますね~(^o^)/
by: そら * 2008/05/04 07:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんばんはー。
りんごです。
そらs、元気にしていますか?

友達たくさんできました(^▽^)クラスの半分以上とは、友達になりました(・▽・b
これも、そらsのおかげです!
ありがとうございます<(_ _)>
これからも、宜しくお願いします<(_ _)>
by: りんご * 2008/05/04 20:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

りんごちゃん,こんばんはっ♪

おーーーっ!
お友達がたくさんできたんだねっ☆
よかったよかった\(^o^)/
入学して約1ヵ月。どうしてるかなぁなんて,ちょうど思ってたところだったんだ。
私のおかげなんて,と~んでもない(^^;)
りんごちゃんが前向きに,学校生活になじもうとしてたからだよ!
学校生活ってイロイロあるけど,
楽しく元気で過ごせればいいなぁと,関東の空の下で思ってます。

また,いつでも遊びに来てねっ☆

by: そら * 2008/05/04 21:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

また、来ちゃいました(^▽^)
GWなんで、自由な時間が取れるのです(まだね)

部活も友達もenjoyしてますよ(^皿^)v
毎日、学校が楽しいと感じる事が、出来ました♪


そらs・・
こんな、私の為に・・・相談とかいろいろありがとうございますね。
改めて。。
by: りんご * 2008/05/05 21:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

りんごちゃん,こんばんはっ♪

>部活も友達もenjoyしてますよ(^皿^)v
毎日、学校が楽しいと感じる事が、出来ました♪


いや~,よかったよかった\(^o^)/
こればっかりは,運だからね~。
よい運を大切にっ♪

>改めて。。
改めて言われるほどのこと,何もないんだよぉ。
でも,何か吐き出したくなったりしたら,いつでも遊びに来て,愚痴って行っていいからねっ♪
私,りんごちゃんが好きだもの(*^_^*)
by: そら * 2008/05/06 19:45 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/689-034be3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
医学のたまご 海堂尊
装画はヨシタケシンスケ。ブックデザインは守先正+高橋奈津美+輪湖文恵。「日経メディカル」連載。理論社ミステリーYA!シリーズ。 桜... 粋な提案【2008/05/04 04:47】
『医学のたまご』 海堂尊
落ちこぼれ気味の中学1年生・曾根崎薫の父親は、世界的なゲーム理論学者。その父が作成した「潜在能力試験」を受けた薫は、父の問題作成を手伝っていた関係で全国1位の成績を収めてしまう。文部科学省の特別教育プログラムに選ばれてしまった薫は、あれよあれよという間... 【徒然なるままに・・・】【2009/01/11 09:26】
海堂尊「医学のたまご」
海堂尊「医学のたまご」を読んだ。(この記事は一部ネタばれあり)     この作品は、チームバチスタシリーズのその後を描いている。しかも、中学生が読んでもおかしくない内容になっている。舞台は近未来の2020年頃の東城大学医学部付属病院。バチスタスキャンダ... りゅうちゃんミストラル【2009/02/20 11:05】
医学のたまご<海堂尊>-(本:2009年)-
医学のたまご (ミステリーYA!)クチコミを見る 出版社: 理論社 (2008/1/17) ISBN-10: 4652086202 評価:85点 内容(「BOOK」データベースより) 僕は曾根崎薫、14歳。歴史はオタクの域に達してるけど、英語は苦手。愛読書はコミック『ドンドコ』。ちょっと要領 デコ親父はいつも減量中【2009/09/12 01:08】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。