FC2ブログ
「13階段」高野和明
2005 / 07 / 27 ( Wed ) 15:48:01
期待どおりの本。ぐいぐい読ませる展開に、ページをめくる手が止まりませんでした。

★★★★☆と半分

刑罰のそもそもの目的、死刑制度の是非、現行死刑制度の問題点などの重厚なテーマを背景に、スピーディに物語が展開します。

やれやれ、ご苦労様と思ったら、さらに、えっどうして…という展開があり、最後までドキドキでした。

このドキドキ感がたまらなくよかったです。
細かいことを言えばそれってあり?みたいなこともあるのですが、
もっと言えば、これは伏線じゃなかったのということもあるのですが、
でもでも、「もうすぐ死刑が執行される」というタイムリミットが緊張感を高め、
どんでん返しに自分の推理を組み立て直し、おぉそうかぁ~と納得し、
さらにあぶり出された真相になるほど~と胸が痛み、そしてラストまで。
ラストは胸いっぱいに静かな気持ちが広がりました。

刑務官南郷の苦悩がリアルでした。
死刑はこういうふうに行われる、という厳然たる事実に初めて接して、
ただ、そういうふうに行われるのかと自分の心に納めるのが精いっぱいという感じで、何も言葉がないのですが、
南郷の苦悩は今もだれかが背負っているのだという思いが残りました。

高野さんという方は理系の頭をしているのでは、と思います。
情緒を極力排したあっさりめの表現が、
かえっていろいろな問題点を分かりやすく提示していたように思いますし、
読者も読むのがつらくなるほど追い詰められず、
だから問題意識が心にひっかかったまま本を閉じることができるのだと思います。

重低音で鳴り響く死刑制度とスピード感あふれるストーリー展開。
そのどちらかでも十分読み応えがあったようにも思うのに、2つを絡み合わせたこの作品が作者のデビュー作なんですね。
もっとこの人の作品を読んでみたいと思いました。
スポンサーサイト



高野和明 TB:5 CM:6 admin page top↑
<<「下妻物語 完」嶽本野ばら * HOME * 先生、私の家はここにあります。>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

読んだんですね~
私はかなり忘れてる...
>やれやれ、ご苦労様と思ったら、さらに、えっどうして…という展開があり
おんなじことを思ってるかな?
最後、え~っそんなぁというか
あまりに犠牲が大きいというような感じを持ったと思うんだけど、やっぱり忘れてる...
by: く~ * 2005/07/27 22:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

く~さん、こんにちは(^o^)

>最後、え~っそんなぁというか
あまりに犠牲が大きいというような感じを

あ、それは同じところじゃないかな。
ラストはね、私、あれですごく落ち着いた。
行き着くべくして行き着いたところという感じがあった。
でも、これでは納得しない人もいるんだろうなと、一方では思いました。
多分映画のラストは、ここがまるっきり違うのではないかとにらんでます(^o^)
by: そら * 2005/07/28 17:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

私も、もっとこの人の本を読みたいと思いました。
面白かったです。
by: ゆー * 2005/07/28 20:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ゆーさん、おはよっ♪

>私も、もっとこの人の本を読みたいと思いました。

ねっ♪
by: そら * 2005/07/29 08:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

トラバさせてもらいましたー

やっぱドキドキしました?(笑)
高野さんの展開力ってイイすよねー

最近文庫化された、「グレイブディッガー」もオススメですよー
ちょっとそれは。。なんていう細かいことなんて
なぎ倒すくらいのスピード感です(笑)
by: じゅん * 2005/07/29 20:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪

>やっぱドキドキしました?(笑)

はい、期待通りでしたぁ(^o^)

>高野さんの展開力ってイイすよねー

うんうん♪

「グレイブディッガー」も読みたいです。早く古本屋さんに並ばないかな。

by: そら * 2005/07/30 05:25 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/72-51b754a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)13階段
著者:高野和明 第47回江戸川乱歩賞受賞作。山崎努、反町隆史らの出演による映画も たこの感想文【2005/07/28 00:39】
2001年9月2日 高野和明「13階段」
「量刑」に続いて読んだ乱歩賞受賞作 日記風雑読書きなぐり【2005/07/28 10:09】
高野和明/13階段
「死刑執行の時が迫る。無実の死刑囚を救い出すことはできるのか? 期限は3ヵ月、報酬は1000万円。喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、 犯罪者の矯正に絶望した刑務官。彼らに持ちかけられた仕事は、 記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすことだった。」、、、という設定の... ゆー便り。o○【2005/07/28 20:13】
13階段
「13階段」高野和明喧嘩で人を殺した仮釈放中の青年と刑務官が、記憶を失って死刑判決を受けた死刑囚の冤罪を晴らす。その事件と平行して、「死刑」について語られる。これが、登場人物達を色つけるのに重要「死刑」って言葉だけで、当然実感のない... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2005/07/29 19:31】
「13階段」
高野和明の「13階段」を読みました。 犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴 はぐれ雲【2005/08/14 13:37】
* HOME *