スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ジーン・ワルツ」 海堂尊
2008 / 08 / 18 ( Mon ) 14:20:58
とんでもなくタイムリーに読んでしまった気が。
今週20日,下敷きになった事件の判決が出ます。(詳しくはこちら

★★★☆☆

美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ)。人工授精のエキスパートである彼女のもとにそれぞれの事情を抱える五人の女が集まった。神の領域を脅かす生殖医療と、人の手が及ばぬ遺伝子の悪戯がせめぎあう。『チーム・バチスタの栄光』を越えるドラマティックな衝撃があなたを襲う!(新潮社より)



【こちらの記事も♪】
higeruの大活字読書録
粋な提案
デコ親父はいつも減量中
三毛猫の飼い主の日常


            

小説という形式を借りた,医療現場からの問題提起というスタンス。
もう海堂さんの十八番になりましたね~。

省庁の的はずれな施策によって右往左往する医療現場。
医療技術に追いつけない法律。
地方病院の困窮。
萎縮する病院。
なり手のない産婦人科医。
患者に経済的負担を強いる不妊治療。
親はだれ?の代理母。

今回も盛りだくさんです。

そして今回も,曾根崎理恵という現実にはあり得ないヒーパーヒロインを配することで,
読者にある一定のカタルシスを与えるという手法。

小説としておもしろかったかというと,
私自身が曾根崎理恵を好きになれなかったこともあり,
それほどおもしろくもなかったかな。

曾根崎先生については,ホント文句たらたらです(苦笑)

でも,海堂さんには海堂さんにしか書けないテーマを
どんどん世に問うていただきたいと思います。

世の中の一生懸命働いているお医者さんを代表して,がんばれ~♪

なのでした。


(追記)
あちこちのブログを見ても,結構曾根崎先生,すごい!的なことばかりが書かれているので,
何となくお口がムズムズしてきました(笑)
あの方,自分の立場を利用して,自分のために代理母を選択したよね。
苦しんでいる,子供を切望している「だれか」のためではなく,自分のために。
曾根崎先生,何で子供が欲しいと思ったのかなぁ。
焦がれるように子供が欲しいと思っていた…とは,私には感じ取れなかったので,
まるで研究のように思えてしまった。
(実際,パピコを半分こするように,双子の1人は父親のところにさっさとあげているしね)
まずそこで,私の中の曾根崎先生への信頼はなくなりました。

それに,平気な顔してカルテを偽装して,どうだ参ったかみたいな顔をするんだもの。
医者は,その気になれば真実を闇から闇へと葬れるんだ。
そんなことも思います。
しかもワルツだか何だかふざけたことを言って,父親がどちらだかよく分からんって,ど~ゆ~こと?きみは何がしたかったの?って思います。
曾根崎先生って,何だかずれてる。
冒涜してる。
とっても感覚的なものなんだけど,私にはそう思えて仕方ありませんでした。

ついでにもう1つ書くと,
自然に妊娠に至った胎児は2人とも奇形を持ち,
人工授精で妊娠に至った胎児は皆健全な身体で生まれてくる。
これもね,人工授精が安全なものだと印象づけるためなのかと,
ちょっと作為を感じました。

まぁ,それでもこの作品,テーマは非常に興味深く,読む価値ある作品だと思いますが(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

海堂尊 TB:5 CM:6 admin page top↑
<<「No.6 #1」 あさのあつこ * HOME * 「日輪の遺産」浅田次郎>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆お元気でしたか◆

暫く更新がないので旅行かなとか。
医療などの現場には小説の素材は沢山あると思います。
昔、アーサー・ヘイリーだったかの「最後の診断」と言うのが面白かったなあ。新潮文庫。
山崎豊子「白い巨塔」は作者の文章がインチキ臭いから読む気になれないです。
久しぶりにご挨拶のつもりで詰まらんことを書きました。
by: 佐平次 * 2008/08/19 09:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟佐平次さん,こんにちはっ♪

ホント,いつも気にかけてくださって,ありがと~\(^o^)/
すごく,すんごくうれしいんだわ♪
(多分,梟さんが思ってる以上だと思う^^)

夏休みはね,どっこも行ってませ~ん。
何だか毎日パタパタしてたわ~(^^;)

>医療などの現場には小説の素材は沢山あると思います。

だよね~。多分。
海堂さん,世に知らしめたいことがたくさんあると思うんだ。
今はまだ「海堂尊」の名前で読んでもらえるからいいけれど,も少しおもしろいのを書かないと,固定客だけになっちゃいそうで,ちょっと心配。(余計なお世話なんだけど^^)

『最後の診断』…おもしろかったのね♪
メモしておきます。
ありがと~\(^o^)/

『白い巨塔』は,私も読んだことありません。
ドラマになったときに,何だか読んだ気になっちゃったv-356
山崎豊子さんのは『華麗なる一族』くらいかなぁ。中学生くらいのときに読みました。
新聞小説だったせいか,人物紹介がくどかったような覚えがあります。
インチキ臭いかどうかまでは,まだかぎ分ける力がなかったなぁ。(^^;)

また,遊びに来てねっ。
私も梟さんとこに遊びに行くねっ☆
by: そら * 2008/08/19 18:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
医療の実態や問題、
海堂さんならではの取り組みでどんどん書いてほしいですね。
TBさせていただきました。
by: 藍色 * 2008/08/22 01:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん,こんにちはっ♪

コメント&TBありがとでした\(^o^)/

>医療の実態や問題、
海堂さんならではの取り組みでどんどん書いてほしいですね。

うんうん。こういう作品を読まなければ,先の裁判で,「なぜ医療現場が打撃を受けたのか」ということからして理解できなかったと思います。
なのでとてもタイムリーでよかったんだけど。
小説としてのおもしろさとは一致しないのが玉に瑕…って,エラそうにも思いました(^^;)
by: そら * 2008/08/24 13:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

トラックバックが未到着でした。
お手数ですが再トラックバックしてくださいますか?
by: 藍色 * 2008/08/25 01:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん,こんにちはっ♪

お知らせありがと~\(^o^)/
また,送ってみましたよ。
着いたかなぁ?o(^▽^)o
by: そら * 2008/08/26 11:18 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/724-7b638021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【海堂尊】ジーン・ワルツ
 『流星の絆』と同時に借りて、さてどっちを先に読もうかとしばし悩んだのだが、こっちを先に読むことにした。「好きなものは後回し派」なんだよね。 新潮社 2008/3/20 発行  主人公は美貌の産婦人科医・曾根崎理恵。人工授精のエキスパートである彼女のもとにそ... higeruの大活字読書録【2008/08/19 00:54】
ジーン・ワルツ 海堂尊
装幀は新潮社装幀室。初出「小説新潮」。 東城大学を経て帝華大学産婦人科で教鞭を執る曾根崎理恵は人工授精のエキスパートです。 激減す... 粋な提案【2008/08/22 01:01】
ジーン・ワルツ<海堂尊>-(本:2008年142冊目)-
ジーン・ワルツ # 出版社: 新潮社 (2008/03) # ISBN-10: 4103065710 評価:90点 文句なしに面白い。 地域医療の問題、産科医師不足の問題、思考が硬直化した官僚たちの愚かな医療への対応、そんなことに憤りを感じながら読み進めるうちにあっというまに主人公 デコ親父はいつも減量中【2008/10/30 22:39】
ジーン・ワルツ<海堂尊>-(本:2008年142冊目)-
ジーン・ワルツ # 出版社: 新潮社 (2008/03) # ISBN-10: 4103065710 評価:90点 文句なしに面白い。 地域医療の問題、産科医師不足の問題、思考が硬直化した官僚たちの愚かな医療への対応、そんなことに憤りを感じながら読み進めるうちにあっというまに主人公 デコ親父はいつも減量中【2008/10/30 22:40】
「ジーン・ワルツ」【本】海堂尊
それは治療なのか神の領域なのか。 彼女はスペシャリストなのか魔女なのか。 海堂尊著「ジーン・ワルツ」 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常【2009/10/16 15:21】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。