スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「硝子のハンマー」貴志祐介
2008 / 10 / 14 ( Tue ) 13:21:05
久しぶりのミステリーらしいミステリーでした。
何ていったって密室殺人!

★★★☆☆

見えない殺人者の、底知れぬ悪意。異能の防犯探偵が挑む、究極の密室トリック!「青の炎」から4年半、著者初の本格ミステリ!
日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。エレベーターには暗証番号。廊下には監視カメラ、有人のフロア。厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。凶器は。殺害方法は。すべてが不明のまま、逮捕されたのは、続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永だった。青砥純子は、弁護を担当することになった久永の無実を信じ、密室の謎を解くべく、防犯コンサルタント榎本径の許を訪れるが―。(Amazonより)



貴志祐介といったら『黒い家』のゾクゾクとした怖さ,『青の炎』の切ない完全犯罪。
どちらもかなり好印象だったのに,なぜかそのまま読まなくなった作家さんです。
これを機に,またよろしく♪(…って,だれに言ってるんだ?\^^)

【こちらの記事も♪】
higeruの大活字読書録


            


介護ザルが殺した?
介護ロボットが被害者を人間と認識してなかった?
犯人が夢遊病(正式にはちと違うらしいが…)だった?
第一発見者の見た死体はダミーだった?
自殺だった?

次々と仮説が出ては消えていく。その過程もなかなかおもしろいものでした。
緻密な構成なんだろうなぁと感じます。

まぁ,その割には「正解」が,今イチ私にはピンと来ませんでしたが。
何でガラス窓に遊びをつけなきゃいけないの?
そのままぶつけたら割れちゃうの?
…と,お話をぶち壊すようなハテナを飛ばした私って,
やっぱり理解力が不足してるみたい。

女性弁護士の青砥さん,もう少し魅力的だったらうれしかったなぁ。
何がどうとうまく言えないけど,あんまりお友達になりたくない感じの方でした。

さてと。
気を取り直して(?)次はアマゾンでも高評価の『天使の囀り』でも読もうかな。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

貴志祐介 TB:1 CM:6 admin page top↑
<<今日買った本 * HOME * 9月に読んだ本&本記事一覧>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちは。
おもしろそうですね~♪

私も「黒い家」「青の炎」好きでした。
そういえば、このところ読んでないなぁ・・・

「クリムゾンの迷宮」なんかも、
あっというまに読めますよ!!

私も久々に読み直してみようかな?
by: ちえぞう * 2008/10/14 17:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>何でガラス窓に遊びをつけなきゃいけないの
 そらやっぱり、遊びが無いと「向こう側」へ伝わる衝撃が抑えられてしまうからでしょう…。(^^;

 ところで『黒い家』とか『クリムゾンの迷宮』ってどうなんでしょ? 気になっている作品ではあるんだけど、基本的にホラーってダメなんだよね。(>_<) 貴志さんだからただ怖いだけってことは無いんだろうけど…。
by: higeru * 2008/10/14 20:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ちえぞうさん,こんにちはっ♪

「黒い家」と「青の炎」。
この2つはホントに印象深かったから,
比べてしまうと見劣りしてしまうけど,
『硝子…』も,まずまずだったんじゃないかなぁ。
あんまりぐっとはこなかったけどv-8

「クリムゾンの迷宮」…まだ読んだことないんだ。読んでみよっ☆
オススメありがと~\(^o^)/
by: そら * 2008/10/15 14:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん,こんにちはっ♪

解説,ありがと~\(^o^)/
あーそうか。
衝撃を逃がすためじゃなくて,衝撃を伝えるためか。
私,ガラスが割れちゃうのかなと思ってみたり,いやいや,それで割れるなら防弾ガラスにならんだろうと思ってみたり,いろいろしたのでしたv-8
あれ?
防弾ガラスって,衝撃を吸収しちゃったりしないのかなぁ。
「向こう側」へ衝撃が伝わるのか????
ま,きっと遊びがあったら伝わるんだろう。うん。もう考えるのよそう。

>貴志さんだからただ怖いだけってことは無いんだろうけど…。

「黒い家」はめちゃくちゃ怖いです。
ただ怖いだけじゃないって気もするけど,そんなことより怖いです。
さぁ,higeruさんも,手に汗握ろう!v-8
by: そら * 2008/10/15 15:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆防弾ガラス◆

これで、窓枠に遊びを作ったのは、それで、社長を殴り殺す、ということと、それで割れる(ひびなどが入るのを防ぐ)ということだと思います。
防弾ガラスそのものの機能は、銃弾を貫通させない、というところにあるので衝撃が加わればひびが入ったりすることはあります。
一義的には、衝撃を伝えるため、ではると思いますけど、同時に割れるのを防ぐっていうのも考えられていたと思いますよ。そうでないと、せっかくの準備が全く台無しになりますし。

って、凄いネタバレですね、これ(^^;)

貴志さんの作品は、これと『青の炎』しか読んでいないので、『黒い家』辺りに挑戦してみようかな…
と思いつつ、まずは、これのシリーズ続編の『狐火の家』を読むつもりですが。
by: たこやき * 2008/10/16 12:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん♪

あ,そうだね。ひびは入るかもしれないね。
ふむ。やっぱり必要な処置だったのか。。。
(いや,もし遊びを作らなかったら,完全犯罪達成?とか思っちゃったものだから^^)

って,ホント凄いネタバレだよね(^^;)

まだ作品読んでない人は,ここを読まないでくださいねっ☆
と,今頃言ってみる。

これ,シリーズ化されてるんだねぇ。
私,青砥さんがどうも苦手だからなぁ。
たこやきさんが読んでからにしよっ☆
おもしろかったら教えてね~\(^o^)/

『黒い家』は,もしかしたら貴志祐介の2大傑作かもしれない。
(も1つは『青の炎』ね^^)
…ってくらい,なかなかのもんです。
読んでみたくなった?o(^▽^)o
by: そら * 2008/10/17 08:44 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/736-89af2829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【貴志祐介】硝子のハンマー
 初読みならば敬遠しそうな厚みだが、以前『青い炎』を読んだことがあり、《防犯探偵が暴く密室トリック! 日本推理作家協会賞受賞作》 という帯のコピーに惹かれて購入。 角川文庫 2007/11/15 再版発行  「本格」という呼び方は好きではない。そうでないミステ... higeruの大活字読書録【2008/10/14 20:33】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。