スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「雪虫」 堂場瞬一
2008 / 10 / 28 ( Tue ) 13:59:50
初・堂場さんです。
最初で最後になりそうな予感(^^;)

★★☆☆☆

俺は刑事に生まれたんだ。祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつて宗教教団の教祖で、五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本部長の父はなぜか了を事件から遠ざけるのだった。正義は、そして歳月は、真実を覆い隠すのか? 新警察小説(Amazonより)



鳴沢了,29歳。独身。
刑事を天職としている男。

題名から,もっとおじさんが主人公のちょっと渋めのお話だと思っていたので,
29歳という若さにちょっとびっくり。

全体的に重たいトーンで,若さ弾けるって感じでもなかったけどね。

【こちら記事も】
31ct.読書部屋
梟通信
読書感想文とブツブツバナシ
21st徒然草
itchy1976の日記


            


物語の途中で,大体の事件の全貌が分かってしまう。
あっと驚くどんでん返しもなし。
なので,犯人はだれか,なぜ殺されたのか,
という興味で読むタイプのお話ではありません。
どちらかというと,登場人物,特に鳴沢了なる人物の魅力で読ませる…
って感じの作品なんだけど。

どうにもこうにも,鳴沢了がねぇ。。。

オレは刑事に生まれてきたと言い切る自信が魅力になってないといいますか。
まだ若造のくせに,自分より下のヤツには鼻持ちならないくらいエラそうだし。
狭量だし。
警察は国に許された狩りみたいな考え方,キライだし。
まぁ,要するにいけ好かない。はい,私好みじゃありません。

作者さんもそれほど格好いいと思っていないようで,
彼の杓子定規な考え方を危なっかしく見ている先輩刑事も配置していたりして,
最後にはこいつもちょっとは成長するのかと思って我慢して読んでたんだけど。。。。

最後までカチンと来ましたね。
何格好つけてるんだか。
筋,通ってないよねとか思っちゃって。

堂場さん,鳴沢刑事シリーズもたくさん書いていらっしゃるのに,残念だわ。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

堂場瞬一 TB:4 CM:16 admin page top↑
<<「なまえのないかいぶつ」 MONSTER完全版 別巻  * HOME * 「きょうの猫村さん」1 ほしよりこ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、私も読んでしまいました^^;
あぁ本当、なんだか久々に主人公にいらいらしました。
何でしょうねぇ、女だから楽しめないんだろうか、
なんて、そんなこともちょっと考えてみたり。
噂によると、堂場さんは無類の野球好きらしく、
そんなテーマの本が多いらしい、とのことでした。

私も最初で最後の小説になるかも…。
by: るい * 2008/10/28 15:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

半年ほど前かなぁ、こちらのどこの書店でも平積みされてて、ずっと気になってたシリーズです。
出版社が売ってやるぞー!みたいな意気込みはすんごく感じましたが^^
そらちゃんの感想を読んで買わなくて良かったとつくづく思いました~~♪
主人公も私の好みでないようだし、ストーリーも大ドンデン返しがダイスキな私には退屈かも。

あ!この前古本屋に行ったら革命シリーズの恋刃 Lancetだけがあったの。
これから読んでもワケ分かんないよね。
と、思って購入には至らなかったんだけど^^
by: デネブ * 2008/10/28 16:07 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そうかあ、云われてみるとそうですね。次のホンは買ってないもの。
水準以上の筆力はあると思ったし、警察のことが割りとリアルだった(私は警察、良く知ってるんですよ)けれど。
by: 佐平次 * 2008/10/29 09:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

るいさん,こんばんはっ♪

そ,そうか,鳴沢了,るいさんもダメでしたかぁ(^^;)

>何でしょうねぇ、女だから楽しめないんだろうか

ま,単に好みの問題かと。
女性でも,こういう高ビーなヤツが好きっ♪って人も…もしかしたらいるかもしれないv-8

野球関連の作品…私もきっとダメだなぁ。。。
さすがにルールくらいは分かるけど,フォークだの何だのってよく分かんない。

>私も最初で最後の小説になるかも…。

お互い,もしかして次の小説読んだら,教え合いっこしましょーねー(^o^)/
by: そら * 2008/10/29 21:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

でねちゃん,こんばんはっ♪

この作品ね,新潟が舞台なの。
だからでねちゃんとこでは力を入れて売ってたのかもしれないね~。
(あれ?今,新潟と一緒にしないで~ってでねちゃんの声が^^)

>そらちゃんの感想を読んで買わなくて良かったとつくづく思いました~~♪

あはは(^^;)舞台に興味が湧いたら,まぁ,考えてやってくださいな(^^;)
…って,何のフォローにもなってないかv-8


革命シリーズ!
これは絶対第1弾の『断鎖』から読むほうが面白いよ♪
うんうん,いい判断だったかも\(^o^)/
早く古本屋さんで会えるといいね~。
by: そら * 2008/10/29 21:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟さん,こんばんはっ♪

あら,そうなん?
横山秀夫がリアルだっていうお話を以前に聞いた気がしたけれど,
これもリアルだった?
「新警察小説」っていうのは,そこから来てるのかぁと思ったのでした。

>そうかあ、云われてみるとそうですね。次のホンは買ってないもの。

いやいやv-356まぁ,好みの問題ですから(^^;)
もしかしたら,るいさんがおっしゃるように,女性仕様じゃないのかもしれないしね。
堂場作品,面白い作品に出会ったら教えてね~♪
(読むのか?私(^^;))
by: そら * 2008/10/29 21:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆堂場瞬一◆

こんばんは。

私は堂場瞬一作品は警察ものではなく「大延長」(野球もの)、「天空の祝宴」(山岳もの)を読みました。これらは私の嗜好とも合致してなかなか面白かったです。女性が読んで面白いかどうかは定かでありませんけれど。

警察小説、野球もの、山岳もの・・・色んなジャンルの小説を書くとはちょっと不思議な作家さんですね。
by: ひろ009 * 2008/10/30 22:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうもー

そーですか。ま、好みですからね。
オレも別に鳴沢好きじゃないですが、
そういう読み方はしてなかったんで、よかったですね。
シリーズ読破します。
by: じゅん * 2008/10/31 16:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

ひろさん,こんにちはっ♪

>「大延長」(野球もの)、「天空の祝宴」(山岳もの)

そうかぁ。全く違う分野の作品だったら,また印象も変わってくるかもね~。
うん,今度読むときは,そういうのを読んでみよっ☆
ひろさん,ありがと~\(^o^)/

>警察小説、野球もの、山岳もの・・・色んなジャンルの小説を書くとはちょっと不思議な作家さんですね。

ですね~。(*^_^*)
by: そら * 2008/11/02 14:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

じゅんさん,どうも~♪

シリーズ読破したら,オススメ作品を教えてくださいなっ☆
by: そら * 2008/11/02 14:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆はじめまして◆

はじめまして。突然のコメント失礼いたします。

わたしも最初で最後になりそうです……。あのあとどうするのか,もう1冊ぐらい,読んでもいいかな……かなり時間があるときに,そんな感じでした。

お邪魔いたしました。
by: hontaka * 2008/11/03 17:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

hontakaさん,初めまして♪

コメントありがとでした\(^o^)/

>わたしも最初で最後になりそうです……。あのあとどうするのか,もう1冊ぐらい,読んでもいいかな……かなり時間があるときに

あはは!ここにも同じ方が(*^_^*)
もう一冊読んでみたら,感想教えてくださいね~(^_-)-☆
by: そら * 2008/11/04 08:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

突然のコメントにも関わらず,お返事&拙ブログへのご訪問ありがとうございました。

そらさんのこのサイトを,私のブログの「お気に入り」に加えさせていただいてもよろしいでしょうか? もちろんご無理にとは申しません。ご検討くださいませ。
by: hontaka * 2008/11/04 10:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

hontakaさん♪

ありがとです。喜んで\(^o^)/

私も,登録させていただきますね。

これからもヨロシクですm(_ _)m
by: そら * 2008/11/04 14:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

突然 お邪魔します。

最初の雪虫は読み終わった瞬間(夜中だったので)に重苦しい気持のまま布団で悶々としました。 こんな男がどのように変化していくのか、這い上がるのか、人生を捨てるのか、自分には縁とおい経験をどう処理するのか見てみたて二冊目も読みました。 すると だんだんのめりこんで今は最後の一冊を読もうとしています。 警察内部の事も詳しく書いてあるのなかなかスリリングですよ。 

今までの結果、成長がなかなか楽しかったですよ。
by: みーこ * 2009/03/06 11:30 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

みーこさん,初めまして♪

> 最初の雪虫は読み終わった瞬間(夜中だったので)に重苦しい気持のまま布団で悶々としました。 こんな男がどのように変化していくのか、這い上がるのか、人生を捨てるのか、自分には縁とおい経験をどう処理するのか見てみたて二冊目も読みました。 すると だんだんのめりこんで今は最後の一冊を読もうとしています。 警察内部の事も詳しく書いてあるのなかなかスリリングですよ。 

みーこさんの熱い思いが伝わってきます。
なるほど,鳴沢了の成長物語として読むと,またおもしろいのかもしれないなぁと思いました。

> 今までの結果、成長がなかなか楽しかったですよ。

そうかぁ。何だかみーこさんのお話を聞いてると,
ちょっと読んでみたくなるなぁ(*^_^*)
…私も読んでみよう…かな。かなかなかな。

熱いオススメ,ありがとうございました\(^o^)/

また,いつでも遊びに来てくださいね♪
by: そら * 2009/03/08 11:27 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/747-68695f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「雪虫」 堂場舜一
雪虫 (中公文庫)著者:堂場 瞬一販売元:中央公論新社Amazon.co.jpで詳細を確認する久しぶりに主人公の性格を許せずに、あまり楽しめませんでした。うーん、新しい作家さんを掘り出すのは大変ですね 31ct.読書部屋【2008/10/28 15:35】
警察小説における”リアル”の意味 堂場瞬一「雪虫」(中公文庫)
久しぶりに国産の警察小説。 俺は警察の実情をホンの少しだけど知っている。 そういう目からみると日本の警察小説はどうもウソくさい。 端的な例が警視庁(東京都警察、他県警察に命令指示はできない)と警察庁(警察の中央官庁、警察庁長官は警視総監よりエライ)の区... 梟通信~ホンの戯言【2008/10/29 09:16】
「雪虫」堂場瞬一
「雪虫」堂場瞬一 祖父・父が刑事である鳴沢は、 自然と刑事を志し、 新潟県警捜査一課の刑事になっていた。 湯沢で老女が殺され捜査を始めた鳴沢は、 その老女が、昔は宗教団体の教祖であり、 周囲で殺人事件が起きていたことをつかむ。 刑事鳴沢了シリー... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2008/10/31 16:15】
堂場瞬一『雪虫』
雪虫 (中公文庫)堂場 瞬一中央公論新社このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『雪虫』を紹介します。祖父・父を継いで刑事になった、鳴沢了と新米刑事の大西海のコンビが事件を解決する。湯沢で殺された老女はかつて宗教教団の教祖で、五十年前の殺人事件に関わった... itchy1976の日記【2009/03/07 01:02】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。