FC2ブログ
「バッテリーⅢ」あさのあつこ
2005 / 07 / 31 ( Sun ) 14:03:11
暑い日が続いていますね。
高校野球も、県予選が終わったようです。
もうすぐ高校球児の夏が来るのですね。(特に思い入れはないけれど)

ということで、今日は野球少年の物語をご紹介。

★★★★☆

「なあ、豪。おまえはどうなんだ。
勝利をみんなで喜び合うことも、
敗北をいっしょに悔しがることも、
仲間と心が通じあうことも、
まとまったいいチームになることも、
なんの意味もない。
そう思わないか。」

という、表紙の裏コピーに惹かれました。

良くも悪くも原寸大の少年を描いた作品です。

主人公巧は野球が好きです。けれどもその「好き」の中には、友情だとか夢だとか、今までの爽やかスポーツものにつきものの、そんなものは入っていません。

その辺がちょっと新しい感覚であり、今までのスポ根ものの物語とは一線を画する作品だと思います。

今の子は仲間意識を持ちにくいのではないかと、最近、自分の息子を見ていて思います。
ですからこういう、ある種自己中心的な、自我が肥大した子供を主人公にした作品が支持されているのも、
何か分かるというか、考えさせられるというか。

正直な話、巧に少なからず危うさを感じてしまいます。

スキンシップを嫌うし、
人の気持ちは分からないし、
自分の執着してるものしか見えてない。

心がつながるという感覚を実感したことのない巧。

彼には決定的にこの種の経験が不足しているように思います。このまま大人になってほしくないな~と思います。

彼の唯一のよりどころである野球を通じて、
ちょっとだけでも彼の世界が広がったらうれしいのですが。。。

「バッテリー」はⅥまで続いているようですが、そこには巧が潰されることなく成長していく姿が描かれていますようにと願っています。
スポンサーサイト



あさのあつこ TB:0 CM:8 admin page top↑
<<「症例A」多島斗志之 * HOME * 「下妻物語」映画版>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちわ。
バッテリーはぼくのblogでは4以降となってしまうので、TBは遠慮させていただきました。
賛否両論ある作品ですが、ぼくはこの主人公の孤高なる姿をぶれることなく描ききったことに、惜しみない評価を与えます。
ステレオタイプに集団=善では決してないはず。
なお、4以降にとても魅力的なキャラが登場しますよ!乞うご期待!(笑
by: すの * 2005/07/31 15:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

お~!鳥のさえずりが聞こえました!!
爽やかです♪
バッテリーは友人が貸してあげるって言ってくれたんですが、積み本も多く借りなかったの。
今度借りてみようかな^^
by: でねぶ * 2005/08/01 09:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは~
娘に読まそうと思ってたのに、買うのをすっかり忘れてた本だ。。
そう。わが娘はマンガしか興味が無いのだ(T_T)
情けないっす。。
by: ゆー * 2005/08/01 12:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

すのさん、はじめまして♪

コメント、ありがとうございました。

>主人公の孤高なる姿をぶれることなく描ききったことに惜しみない評価を与えます。

そうかぁ~、孤高な巧は最後まで孤高なのかぁ。
う~ん、、、、私としてはちょっと複雑(^^;)

だけど、すのさんのおっしゃるように、作品としては安易に流されるよりずっといいのかもしれませんね。

>ステレオタイプに集団=善では決してないはず

これは確かにそうだもの。

ただ、集団=善の考え方が野球の世界では主流である以上、巧は「野球を続ける」というごく簡単なことに、必要以上のエネルギーがいるだろうなと思ったのです。Ⅲはそういうお話でしたし。

巧をそのまま理解してくれるおおらかな集団に出会えますように、そして、そこで巧が、人とのかかわりも悪くはないと思えますようにと願っていたので。

子供には暖かく他人と心がつながる経験をたくさんたくさんしてほしいので。

そんな姿を描いてくれるといいな~と希望したのです。(*^_^*)

4以降の魅力的なキャラ、気になります(笑)
図書館では、なぜかⅢしかなかったんですよね。
リクエストしてみようかな。
by: そら * 2005/08/01 12:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

でねぶさん、こんにちは(^o^)

小鳥のさえずり、聞こえた?
よかったわ~(^o^)

「バッテリー」はさらさらっと読めるよ。
積み本消化にいそしむ合間にちょこっといかが?(*^_^*)
by: そら * 2005/08/01 12:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ゆーさん、こんにちは(^o^)

少年の世界ですからねぇ、お嬢さんには興味のない世界かもしれません(*^_^*)

読むのはさほど時間もかからないですし、感想文も結構書きやすいのではと思うのですが。
高校生は読書感想文の宿題なんて出ないか。
出ても「バッテリー」じゃ、怒られそうだね(^o^)
by: そら * 2005/08/01 12:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

はじめまして
『バッテリーⅢ』で検索してみたらわたしの記事のちょい上にこちらが出てまして、おじゃましました。

妥協つづきの自分としては、なにがあっても自分を変えない巧くんが「かっこいいなあ」と思えるわけですけど、子供を持つ親の立場からみたら、やはり相当ハラハラさせられるのでしょうね。

もう一本の記事も読ませていただきましたが、「危うい少年投手の話」というと、わたしは東野圭吾氏の実質的な処女作である『魔球』など思い出しました。とても切ない作品ですが、それだけに思いで深いものがあります。

トラックバック送ってみたのですがどうもうまくいかないようで。またトライしてみます。
by: SGA屋伍一 * 2006/07/05 07:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

SGA屋伍一 さん、はじめまして♪
コメント、ありがと~ございました\(^o^)/

TB、昔からどうもうまくいかないことがあったのですが、最近はそれが頻繁になってきました。どうなっているんでしょうねぇ。

『バッテリー』は、Ⅲを読んで、Ⅰ,Ⅱを読んだ…というとってもイレギュラーな読み方をしてしまいました。
まだⅥまで文庫が出ていないので、それ以降は読んでいないの。
早く出ないかな~と待っています。
巧、何だかんだで気になる子です。

東野圭吾の『魔球』。ご紹介ありがとでした。
そろそろ夏。夏といえば高校野球。みたいに、見もしないくせに、夏になったら野球の話が読みたくなります。
なのでとってもタイムリー♪
さっそく探してみますね(*^_^*)

これから、SGA屋伍一 さんのとこにも遊びに行かせていただきます。
こちらにも、ときどきお立ち寄りいただければうれしいな~と思います。
お待ちしてます♪
by: そら * 2006/07/05 15:57 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/75-85767081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *