スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「笑う警官」 佐々木譲
2008 / 11 / 02 ( Sun ) 14:21:39
この作品,なぜ改題したんでしょう?
原題の『うたう警官』のほうが気が利いていると思ったのは私だけ?

★★★☆☆

うたう=証言する、密告する。警官殺しの容疑をかけられた刑事に射殺命令が下された。有志たちによって、彼の潔白を証明するための極秘の捜査が始まるのだが…。追うも警官、逃れるも警官。北海道警察を舞台に描く警察小説。 (Amazon『うたう警官』より)



この作品の背景になっている事件…拳銃摘発の功績を急ぐ余りに暴力団と関与して,検挙数をねつ造してた話,
どこかで読んだことがあるような。
うーん,同じ作者さんの『警官の血』だったかなぁ。
モヤットくんが消えてくれない。


【こちらの記事も♪】
higeruの大活字読書録
ひろの東本西走!?
21st徒然草




            


読後3日,4日たってます。
正直言って,印象薄れてます。
1日で一気に読んだから,おもしろかったんだと思うけど。。。。

読んで強く印象に残っているのは,最初に書いた改題のことだったりして(^^;)
何でも映画化に際して,映画タイトルを変えたいという打診を受け,
ついでに原作のタイトルも変えたらしい。
登場人物たちは権力に屈しないぞって感じだったけど,
作者さん自身は意外と軽く巻かれてしまうのね~と思ったのでした。


刑事が警察にナイショで独自捜査とか,
組織に不利なヤツは抹殺とか,
随分と漫画っぽい設定だなぁという気もします。
けど,タイムリミットが近づく緊迫感とか,
だれが裏切り者なのかといった疑心暗鬼とか,
最後の駆け引きとか,
頭を空っぽにして読むには十分おもしろかったような気が。
(そして私は,頭を空っぽにしすぎたわけやね^^;)

この作品,道警シリーズ第1弾だそうで,
第2弾は『警察庁から来た男』です。
消防署のほうから来ました~…じゃないのよね。失礼!
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

佐々木譲 TB:1 CM:6 admin page top↑
<<「MONSTER」完全版1 * HOME * 「なまえのないかいぶつ」 MONSTER完全版 別巻 >>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

>原題の『うたう警官』のほうが気が利いていると思ったのは私だけ?
 いや、「笑う」の方が良いという意見を読んだことがありませんね。

>どこかで読んだことがあるような。
 これの続編の『警察庁から来た男』では? まあ、もともとが実話に基づいた(インスパイアされた?)話ですから。
by: higeru * 2008/11/02 22:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

マルティン・ベック・シリーズに 『笑う警官』 マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールーがあります。面白いミステリです。
作者はこれを意識したんだと思いますよ。ファンなんでしょう。
by: 佐平次=梟 * 2008/11/03 09:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんばんは。

私も「笑う警官」の方が良いと思ったのですが・・・(笑)。

この作品は面白いと思う部分と”うーん今いちか”と思う部分があり、全体としては「まずまず」といった評価にしました。
もうちょっと深みが欲しかったですね。

by: ひろ009 * 2008/11/03 20:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

higeruさん,おはよっ♪

> いや、「笑う」の方が良いという意見を読んだことがありませんね。

おー!そーですかー!
久々に多数派だったようで(^^;)

『警察庁から来た男』は読んでないのよね~。なので,あの事件は違うところで読んだと思うんだわ。(あの事件が本当にあったことだと知ったのは,この作品の解説読んでからだったし。。。。)
う~ん。モヤットくんがぁ~v-355
higeruさんが何か思いついたら教えてね~(^o^)/
by: そら * 2008/11/04 08:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

梟さん,おはよっ♪

>マルティン・ベック・シリーズに 『笑う警官』 マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールーがあります

そうそう!作者さんもあとがきで,
「オリジナル・タイトルも,マルティン・ベック・シリーズへのオマージュそのものと言ってよい」って言ってました(*^_^*)

面白いの?読んでみようかな♪
by: そら * 2008/11/04 08:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

ひろさん,おはよっ♪

おっ!ひろさんは『笑う』派ですか♪

>もうちょっと深みが欲しかったですね。

確かに。さらさらっと読めたけど,さらさらっと忘れそうな予感v-8
by: そら * 2008/11/04 08:20 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/750-38404519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【佐々木譲】笑う警官
 2006年版このミス10位ランクイン作品で、『警察庁から来た男』は本書の続編になる。面白かった! ちょいと甘いかも知れないが、『警察庁から来た男』との相対的評価で★五つとした。 ハルキ文庫 2007/5/18 第一刷発行  札幌市内のマンションの一室で、道警本部... higeruの大活字読書録【2008/11/02 22:39】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。