スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ララピポ」奥田英郎
2008 / 11 / 29 ( Sat ) 14:21:32
「エロい」と評判の作品ですが。
ま,それほどでもないんじゃない?(^^;)

★★☆☆☆

対人恐怖症のフリーライター、杉山博(32歳)。NO!と言えないカラオケBOX店員、青柳光一(26歳)。AV・風俗専門のスカウトマン、栗野健治 (23歳)。文芸コンプレックスの官能小説家、西郷寺敬次郎(52歳)。専業主婦にして一応AV女優、佐藤良枝(43歳)。デブ専裏DVD女優のテープリライター、玉木小百合(28歳)。選りすぐりの負け犬たち、ここに集合。最新爆笑小説。(Amazonより)



みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専裏DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長篇。下流文学の白眉。(も1つAmazonより)




いや,爆笑しないです。
くすりとも笑えないです。
私,相変わらず,笑いのストライクゾーンが狭いです。

【こちらの記事も♪】
higeruの大活字読書録
Double OK!!

                        


何だかとっても虚しさを感じました。

1つの作品の主人公は違う作品の脇役として登場するという形式の
連作短編集です。

どの主人公たちも,感じるのは精神性の荒廃。

才能があるわけでもない,容姿端麗なわけでもない,
パッとしない人生を,自分自身が投げちゃってる。
こんなもんだよと言いながら,その場その場をしのいでる。
そんな主人公のオンパレードです。

最近の風潮というか,空気というか,
「どうせ…」みたいな感覚がくっきりと映し出されているようで。
余計に何だかねぇ。。。。

奥田さん,もっとくだらない本に徹していただきたかったなぁなんて。

あ,主人公の1人,小百合さんのお仕事(テープリライト),私もやってます。
あまり一般的じゃないフットコントローラーなんかも出てきて(私が使ってるやつとは操作が逆だったけど^^),相変わらずディテールにこだわってるなぁと思いました。
小百合さん,60分テープ1本8時間かぁ。
勝ったかも♪\(^o^)/

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

奥田英朗 TB:3 CM:10 admin page top↑
<<「神様がくれた指」佐藤多佳子 * HOME * 「テロリストのパラソル」 藤原伊織>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

 うーん、これは笑える話という訳ではないと思いますよ。
 ところでこれ、映画化されて成宮寛貴とかが出るって知ってました?

 一年近く読んでない奥田さんですが、最近(昨日?)出たのが図書館に入ったら予約するつもりです。
by: higeru * 2008/11/29 23:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

higeruさん,こんばんはっ♪

あ,やっぱり?
これ,笑えないよね~(*^_^*)

映画化ですかぁ!何をどう映画にするんだろう????
成宮くん,やっぱりスカウトマンかしらね~。しょーもない人々の中で,一番まともだったような(^^;)

>最近(昨日?)出た

私も今日の新聞広告で知りました。長編サスペンスって書いてあったので,すごく楽しみ♪
図書館,早く買ってくれないかな
(*^_^*)
by: そら * 2008/11/30 23:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんばんは~。
「爆笑」とか、そういうタイプの作品ではないですよね。
まぁ、「下品さ」みたいなものはあるとしても、その状況から抜け出せない苦しみとかを、「下品さ」というオブラートに包んでいる、という感じがして、これを素直に笑うというのは、ちょっと違うように感じました。
これ、シリアスに描いたら、『最悪』並に、胃が痛くなりそうだな、とか思います(^^;)
by: たこやき * 2008/12/01 22:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

たこやきさん,おはよっ♪

>これを素直に笑うというのは、ちょっと違うように感じました。

やっぱり?よかったよかった。
また,私,世間の笑いから外れたかと思ったよv-8

>その状況から抜け出せない苦しみ

主人公たちって,それを苦しいとか,抜け出したいとか,そういう感情も抜け落ちているみたいで,余計にちょっとね,凹むものがありました。

『最悪』…胃が痛くなったの?あれ,ホントにあがいてあがいて,だけどそれが悪いほうに転がって…最後はなんか突き抜けちゃったじゃない?私は結構好きでした(*^_^*)
by: そら * 2008/12/02 10:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは。

>くすりとも笑えないです。
私,相変わらず,笑いのストライクゾーンが狭いです。
同じくです。
笑える作品ではないですよねぇ。

エロは苦手とはいわないのですが
グロは苦手です・・・(><)

ドンピシャ!
成宮くんはスカウトマンですよ!
by: ちえぞう * 2008/12/05 22:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ちえぞうさん,こんばんはっ♪

あ,も1人笑えなかった仲間,発見♪\(^o^)/

グロとエロ,まぁ,どっちもどっちだけどv-8
エロいのは,それなりに免疫ついてきたような気がしてならない私(^^;)

>成宮くんはスカウトマンですよ!

あ,やっぱり?
よかったよかった\(^o^)/
教えてくださってありがと~♪
by: そら * 2008/12/06 21:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは!

『ララピポ』これも懐かしい・・・結構前に読みました~
くっだらないな~と思いながら読んだ記憶が。

ところで、higeruさんとの会話の中に出てくる本は
『オリンピックの身代金』でしょうか?
実は今日読み終わりました。

長かった~!!でもとても面白かったですよ。
何となく『ジャッカルの日』に似ていました。
本の厚みは普通ですが、とっても時間がかかりました。
時間がバラバラになっているので多少複雑でしたが、
人物の書き分けもウマくて、まさに「力作!」でした。

『ララピポ』や伊良部センセイシリーズと同じ作者には思えない、
色々考えさせられる内容でした。
by: nao * 2009/03/06 21:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん,こんにちはっ♪

> くっだらないな~と思いながら読んだ記憶が。

あはは!o(^▽^)o


> ところで、higeruさんとの会話の中に出てくる本は
> 『オリンピックの身代金』でしょうか?
> 実は今日読み終わりました。

そうですそうです♪
naoさんは,読まれたのね。
うらやましい(*^_^*)
私はあと36人待ちです。いつになるのやら(^^;)

> 長かった~!!でもとても面白かったですよ。
> 何となく『ジャッカルの日』に似ていました。
> 本の厚みは普通ですが、とっても時間がかかりました。
> 時間がバラバラになっているので多少複雑でしたが、
> 人物の書き分けもウマくて、まさに「力作!」でした。

おーっ!余計に楽しみだ。
早く来い来い図書館本♪
by: そら * 2009/03/08 11:32 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

う~ん。僕も笑えない。
本の中身も救われないが、読んだ僕も救われない。
いっそのこと、生き残れなかった方がよかったかも。

ついでにいえば、カラオケで売りをやってた女子高生の
末路も書いて欲しかった。

ま、いっか。

by: しぐ * 2009/06/04 22:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

しぐさん,こんにちはっ♪

うんうん,やっぱり?
ちょっとドヨ~ンとした気分になるよねv-356

>カラオケで売りをやってた女子高生の末路

ま,何食わぬ顔をして,どこかでママにでもなっていればいいけどね。
…って,あんまりよくないか。

何というか,…やっぱり何だか澱んでるよね~(>_<)

by: そら * 2009/06/08 12:57 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/758-9b623405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【奥田英朗】ララピポ
 な、なんじゃこら~!?  初めてこの本(の表紙)を見たのが誰のブログだったか定かではないが、恐らく下の写真より小さなものだったのだろう、「小さな男の子が振り向いている姿(上半身)」に見えたのである。先入観というのは恐ろしいもので、それ以来どこで見かけ... higeruの大活字読書録【2008/11/29 23:09】
「ララピポ」 奥田英朗・著
ラジオで某有名タレントが 「面白い。一気に読んじゃった。 奥田さん、やっぱすごいわー」 と言っていたので、読んでみた。 ワタクシはお腹いっぱいかな。 目次に「LIGHT MY FIRE」や「GIMMIE SHELTER」など 往年の名曲のタイトルが使われているが、 内容と一切 ダラ読みブックレビュー【2008/12/04 00:15】
ララピポ
一応、読んだという記録は残しておこうかなと・・・ ララピポ(2005/09)奥田 英朗商品詳細を見る 奥田さんの作品で今度、映画化されると以前... Double-OK!!【2008/12/05 22:21】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。