スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「神様がくれた指」佐藤多佳子
2008 / 12 / 01 ( Mon ) 12:13:02
最初の一文で挫けました。

めったにないことなので,残しておきます。

辻牧夫は,やっと自分の服を取り戻したのはいいけれど,
このチョンチョンの坊主頭がたまらねぇなぁと苦笑いしながら,
早田のお母ちゃんの前に出てゆき,
いきなりガバリと抱きすくめられたのには閉口した。




あはは!
私にはちょいと長すぎる文章です(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

佐藤多佳子 TB:0 CM:10 admin page top↑
<<10月・11月に読んだ本&本記事一覧 * HOME * 「ララピポ」奥田英郎>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

どれが主語なのかよく分からないんですけど…。

これって、日本語検定?(^^ゞ
by: nagayume * 2008/12/01 23:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

nagayumeさん♪

あはは!まぁ,主語は無難に(?)辻牧夫さんなんでしょうけど,
一度にたくさんのことをやってくれるんだもの。ボーッと読んでたらまるっきり絵が浮かんできませんでした(^^;)
ちなみにこの本,すんごく評価が高いです。
なので,もし興味があったら読んでみてねっ(^_-)-☆
by: そら * 2008/12/02 10:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

え、マジわかんない。真剣に考えてしまった。

>主語
これは分かった。

>苦笑いしながら,
誰が?つじくん?

>抱きすくめられたのには
誰が誰を抱きすくめたの?
早田のお母さんがつじくんを
抱きしめたんだよね。

なんか、主語が複数あるような気がするんだ。私が難しく考えすぎただけ?

???





by: nagayume * 2008/12/02 17:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

大分前に「しゃべれどもしゃべれども」を読みました。
そのときは、そう酷い文章だとも思わなかったけれど、これは酷いですね。
山崎豊子という大作家のもっと凄い文章を読んで呆れてそれきりにしたことがありました(雑誌連載。佐藤さんも大家の素質があるのかな。
by: 佐平次 * 2008/12/03 13:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

nagayumeさん,こんばんはっ♪

これね,第1文だから,辻君しか登場してないんだわ。
なので主語はぜーんぶ辻君しか考えられない…と思うんだなぁ。

辻君は,洋服を取り戻し,苦笑いし,母ちゃんに会い,閉口したと。

やっぱ,ややこしいよね~。
nagayumeさんが混乱しているみたいなので,逆にちょっと安心しました(*^_^*)
by: そら * 2008/12/03 19:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

梟さん,こんばんはっ♪

この本,帯に「佐藤多佳子はなんでこんなに上手いんだろ。天下一品です!」と書いてあったので,
多分最初で引っかからなければ,
そんなにひどくはなかったと思うんだ。

あはは!山崎豊子さんね~。私,この人の文章は重複が多くて何だかなぁと思った記憶があるけれど。(すんごく昔,中学生くらいのときのお話です^^)

>佐藤さんも大家の素質があるのかな。

うん!確かに!v-221
by: そら * 2008/12/03 20:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

全部辻君なのね。なるほろ。

え~そうなの?(ワンテンポ遅い(^^ゞ)

…さらに考え込みました。

だとしても、違和感がある。なんでだろ?

……
………

わかった。「出て行き、」がおかしいんだ。ここは、逆接の接続詞じゃなければおかしいような気がする。

「出て行った。が、…閉口した」だったら少し分かる。

なお、山崎豊子氏って、重複が多いのか。私はあんまり気にしなかった。内容があまりに生々しいから、気がつかなかったのかもしれない。
by: nagayume * 2008/12/03 23:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

nagayumeさん♪

あー,そうだね。
それだったら,少しすっきりするね。
ふむふむ。
nagayumeさん,編集者になるといいかもしれない\(^o^)/

山崎豊子さん,重複っていうか。。。
私が読んだのは『華麗なる一族』っていう,もとは新聞小説だった作品なのね。
だから,どこから読んでも登場人物の印象が変わらないように…って配慮だったんじゃないかなぁ。
何とか君は精悍,何とかさんは清楚…みたいに同じ修飾語が何度も出てきて,子供心に「しつこいなぁ」と思ったわけ(^^;)
…まぁ,昔の話だから,今読んだら違う感想になるかもだけど(*^_^*)
by: そら * 2008/12/04 17:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

編集者っすか。いやあ、照れるなあ(*^_^*)

>華麗なる一族
って、あんなの中学の時に読んだのですか。すごい!!

私は、2年前(15才か、中3だ(*^_^*))に読みました。

http://blog.livedoor.jp/nagayume/archives/51209709.html

この本、今でも何度か読み返すのですが、言われてみればそうですね。「親切に何度も同じ説明かいてるなあ」と何気なく読んでました。そうかぁ。確かにしつこいかも(ようやく気づいたかも)。
by: nagayume * 2008/12/04 19:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん,おはよっ♪

『華麗なる一族』…いや,その頃は父の本棚の本をこっそり読むのがマイブームだったってだけで,全然すごくないんだなぁ(^^;)
nagayumeさんとこに遊びに行って,多分絶対,そのときは内容を理解してなかったと思ったわ~。
自殺しちゃった「精悍な人」しか覚えてない(^^;)
by: そら * 2008/12/05 09:31 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/759-cca3b39d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。