スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「美しき凶器」東野圭吾
2009 / 01 / 09 ( Fri ) 19:08:55
さすが東野さん。
ラストの一言,それだけで,読んだことに満足でした。

★★★☆☆

安生拓馬、丹羽潤也、日浦有介、佐倉翔子。かつて世界的に活躍したスポーツ選手だった彼らには、葬り去らなければならない過去があった。四人は唯一彼らの過去を知る仙堂之則を殺害し、いっさいのデータを消去。すべてはうまく運んだかに思われたが…。毒グモのように忍び寄る影が次々と彼らを襲った!迫りくる恐怖、衝撃の真相!俊英が贈る傑作サスペンス。(Amazonより)




【こちらの記事も♪】
itchy1976の日記
◎読書記録◎


            

デンデンデデデーンと重低音の効いた音楽に乗って,
超人ハルクみたいな「タランチュラ」と呼ばれる女性が忍び寄る。
そして,1人また1人と,世にも恐ろしい殺され方を。
被害者は身に覚えのあるヤツばかり。
今度はオレが?いえいえ,私が?

…何やらアメリカのパニック映画にありそうな感じ。というのが第一印象。
何で「アメリカの」なんだか,自分でもよく分からないのですが(^^;)

まるで感情描写のない「タランチュラ」が,人間には思えなくて。
殺された博士(だったっけ?)に強い愛情を感じていたとも思えず,
愛する者を失った悲しみも,感じているのかいないのか。
いやいや,復讐に回っているくらいなのだから,強い感情がある…のだろうなぁと思ってみたり。
何だかこの「タランチュラ」の気持ちと行動がちぐはぐに見えて,ずっと違和感がありました。

なのになのに。
「タランチュラ」の最後の一言。
ちょっと反則ってくらいに彼女の切なさと深い悲しみが伝わってきて,
「今までタランチュラの内面を描かなかったのは,わざと?」というくらい効果的でした。

…人間の持つ悲しみというよりは,動物的な母親の本能に心揺さぶられたって気も,しなくはないけれど(^^;),

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

東野圭吾 TB:2 CM:8 admin page top↑
<<「告白」 湊かなえ * HOME * 「村田エフェンディ滞土録」梨木香歩>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆お久しぶりです!◆

あけましておめでとうございます!
覚えていますか?
りんごです(・▽・*)/
そらs元気にしていますか^^!
私も日々厳しい学校で頑張っていますっ

最近は、シャーロックホームズを買いましたww
でもネット株にもはまってるんですよー
こんな不景気な世の中なのに。笑

今年も宜しくお願いしますねー!!
あ。新しいブログに変えたのでぜひ遊びに来てくださいー

それでは~
by: りんご * 2009/01/09 19:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ほいほい,りんごちゃん♪

覚えてますよ~o(^▽^)o
お久しぶり♪

シャーロックホームズかぁ。
阿片窟が出てきたりとか,意外と暗い世相を反映してるよね~。

ネット株!
素人が株に手を出しちゃいかん!と,ファンドマネージャーの夫は言っております。
ま,先物取引みたいに身ぐるみはがされる心配はないから,
「捨て金」だけを使ってね♪
by: そら * 2009/01/09 20:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆それこそ。。。◆

そのうち映画化されそうな内容ですねぇ。

捨て金にするようなお金がない(涙)
ネット株。。。は当分できそうにない。
by: 一陽 * 2009/01/11 06:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,こんにちはっ♪

うんうん,映画化したらおもしろいと思う。
随分古い作品だけどね。

捨て金…うちにも,どこを探してもそんなもんありませ~ん(*^_^*)
by: そら * 2009/01/11 16:42 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんわ!

結構、前の作品なんですね。

一番怖かったのは「佐倉翔子」
一番強かったのは、「日浦の奥様」

そして、一番かわいそうだったのは「タランチュラ」
タランチュラと呼ばれることさえかわいそう…。
ちゃんと名前もあっただろうに。

自分のコンプレックスのために、人間の肉体を改造するなんて、許せないなあ。

でも、もしかしたら、本当にあってるかもしれないと思ったら、ぞぞ~としました。
by: 一個 * 2009/03/03 00:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一個さん,こんばんはっ♪

>一番かわいそうだったのは「タランチュラ」

だよね~。ラストの言葉が,ホント切なかったです。

>でも、もしかしたら、本当にあってるかもしれないと思ったら、ぞぞ~としました。

うん,ない話じゃないでしょうね~。
自分の肉体改造だけにしてほしいと(リスクは自分で負ってほしいと)思いました。
博士,許せん!v-217
by: そら * 2009/03/03 19:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆はじめまして!◆

はじめまして。RYOJIと申します。

はじめはハラハラドキドキ読み進めていましたが、最後の最後でとても切なくなりました。
タランチュラもまた、悲しい被害者だったと思います。
ラストは本当に東野さんらしい作品だと思いました。

それではまた遊びに来ます^^
by: RYOJI * 2011/05/31 09:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

RYOJIさん,はじめまして♪

よくお越し下さいました\(^o^)/

> はじめはハラハラドキドキ読み進めていましたが、最後の最後でとても切なくなりました。

ねっ!ホントに最後の最後で…でしたよね。
ラスト1行でパキッと決める東野作品,
私も好きです♪
また,そういう作品を書いてほしいなぁと思います(*^_^*)

> それではまた遊びに来ます^^

いつでも遊びに来てください♪
お待ちしてま~す(^o^)/
by: そら * 2011/05/31 17:06 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/766-6614fc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
東野圭吾『美しき凶器』
美しき凶器光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『美しき凶器』を紹介します。安生拓馬・丹羽潤也・日浦有介・佐倉翔子の4人は、自分たちの悪しき過去(ドーピング)を隠蔽するために、仙道之則宅に放火殺人という大罪を犯してしまう。しかし、4人の背後に仙 itchy1976の日記【2009/01/31 23:04】
◎読書記録◎ 「美しき凶器」 東野圭吾 
安生拓馬、丹羽潤也、日浦有介、佐倉翔子。 かつて世界的に活躍したスポーツ選手だった彼らには、葬り去らなければならない過去があった。 四人は唯一彼らの過去を知る仙堂之則を殺害し、いっさいのデータを消去。 すべてはうまく運んだかに思われたが…。 毒グモのよ... The 近況報告!【2010/07/14 00:06】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。