スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午
2009 / 01 / 28 ( Wed ) 10:03:58
おーっ!そうきたかぁ!
ということで,だまされました(笑)

★★★★☆

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。(Amazonより)




【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文
higeruの大活字読書録
苗坊の徒然日記




            


この作品,以前からラストのどんでん返しがいいの悪いのと,
評判だけは聞いていたのですが。。。
なるほど~。そういうことだったのね~~~。
の作品でした。

「何かある」と気をつけていながら,そして途中違和感を感じながら,
しっかりドボンとはまった私。

分かってみると,まぁ,そういうこともありだよね~と納得できることも多く。

このだまし絵的な構造,私はなかなか好きです。
たまにはこんなオドロキのある作品も楽しいです。

内容の割にはロマンチックな題名も,
読み終わってみると作者の言いたいことが伝わってきて,
いい味わいがありました。

「僕らはみんな生~きているぅ~♪」

なのでした\(^o^)/



今,次女が読んでます。
主人公の将虎は,要潤みたいでもあるけれど,もうちょっとマッチョな感じ…と言っています。
うんうん,分かるよ


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

歌野晶午 TB:3 CM:16 admin page top↑
<<「バカの壁」養老 孟司 * HOME * 「犯罪小説家」 雫井脩介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは。
私はちょっと、意識して考えすぎて「こういう感じかな?」と想像できてしまいました。
ただ、それがなくても悪徳商法であるとか、そういうエピソードを中心に十分に楽しむことが出来ました。

>主人公の将虎は,要潤みたいでもあるけれど,もうちょっとマッチョな感じ…と言っています。

全部、読み終わってどういう風に感じるのか、ちょっと楽しみです(笑)
by: たこやき * 2009/01/29 23:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

 おひさ!
 これを読んで、こいつの作品はもう二度と読んでやるもんか~!と思っていたのですが、割と最近リベンジしてやろうと、ある作品を読み(まだ感想書いてないけど)、三度目は無いぞ~!と思いました。(^^;

 ちなみにTBした感想にも書いたけど、ずっともこみちでアテ読みしてました…。

 それにしても…なんかチマチマしたテンプレートでコメント書きづらいなぁ…。
by: higeru * 2009/01/30 00:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆面白かったです◆

冒頭の一行がイタダケナカッタ^^。けれど一気に読ませました。
最後のどんでん返しで腰を痛めてしまいましたよ。
by: 佐平次 * 2009/01/30 10:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんにちはっ♪

たこやきさんは見抜いたのね。
すごいっ!\(^o^)/

私もイロイロ考えたんだけど,及びませんでした。

> ただ、それがなくても悪徳商法であるとか、そういうエピソードを中心に十分に楽しむことが出来ました。

うん,「そう思って」読んでみても,またおもしろいかも♪

次女は読み終わって,「うっそー!」と叫んでましたよ。
だまされてる姿を見てるのも,楽しかったですv-8
どちらかというと,主人公よりさくらちゃんにびっくりだったみたい(*^_^*)
by: そら * 2009/01/30 16:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん,おひさ♪

あはは!higeruさん好みじゃなかったのね(*^_^*)
歌野さんって,私もこの作品が初めてだったけど,
ほかには何を書いているんだろう???

将虎くんはもこみちかぁ。。。。(^o^)

>なんかチマチマしたテンプレートでコメント書きづらいなぁ…。

あ,やっぱり?
ぢつは私もそう思ってた(^^;)
ということで,ちょっぴり早くバレンタインデー仕様にしてみましたよん♪

by: そら * 2009/01/30 16:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟佐平次さん,こんにちはっ♪

>冒頭の一行がイタダケナカッタ^^

そうかぁ。
私的には16禁でもなかったけどv-8
…「おもしろいから読んでみる?」とか言って,女子高生にオススメした私(^^;)

>最後のどんでん返しで腰を痛めてしまいましたよ。

あはは!\(^o^)/
by: そら * 2009/01/30 16:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

はい、わたしもスパーンとだまされました。
この人、最初の方の作品、ぜんぜん面白くなかったけど、
どんどん上手になってます(←なんてえらそうな……)。
by: hontaka * 2009/01/30 19:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんわ。TBさせていただきました。
私も見事に騙されましたね。
でも、最後まで堪能しました。
面白かったです。
私もここまでいかなくても、かっこよく最後まで生きられたらいいなぁと思います。
次女さんの読み終えた後の感想がとっても気になりますね^m^
by: 苗坊 * 2009/01/31 00:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

hontakaさん,こんばんはっ♪

hontakaさんも騙されましたかぁ。
わーい♪仲間仲間\(^o^)/

歌野さん,最近の作品のほうがよいのね。
何があるんだろう。調べてみましょ♪
教えてくださってありがと~\(^o^)/
by: そら * 2009/02/01 20:16 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,こんばんはっ♪

うんうん,面白かったよね。
私も,騙されたことに腹立たしさは感じませんでした。
なんつーか,いいじゃんと思いました(*^_^*)

>次女さんの読み終えた後の感想がとっても気になりますね^m^

こういうタイプの作品は初めてだったみたいで,
とってもと~っても驚いてました\(^o^)/
見ていて楽しかったよ♪
by: そら * 2009/02/01 20:26 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは~
お久しぶりですv-7

この本、ずいぶん前に読みました。
たしか「このミステリーがすごい!」で上位に入っていたので、図書館で探して読みました。

そうそう、ビックリ!な仕掛けですよね!懐かしいなぁ。
歌野さんのほかの作品は途中で挫折しちゃいましたが、
この本だけは割りと気持ちよく読み終えました。
by: nao * 2009/02/22 16:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん,お久しぶり♪
コメント,ありがと~\(^o^)/

この本,懐かしい?(*^_^*)

しっかりドボンとはまった私。我ながら,なかなか素直な反応でしたv-8


歌野さんのほかの作品,そうかぁ。naoさんは途中挫折かぁ。。。
…また機会があったら読んでみよっ☆
by: そら * 2009/02/23 10:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

きゃ~絵文字、どうして「べ~」なのかしら・・・
笑顔にしたかったのに・・・ありゃりゃ、失礼しました。。。

読んだのは3年位前だったかな?
久しぶりに読み返したくなりました。

歌野さんの本は、『女王様と私』とあと何か読もうとしたけれど
選択が悪かったのか・・・失敗でした。
この『葉桜の~』はのんびりした空気もあるけれど、
他は私には慌しくて・・・
でも上手な作家だと思います。
by: nao * 2009/03/01 19:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん♪

あはは!v-290にしたかったの?
v-8でもかわいいよ♪

この作品,もう1回読んでみたら,ちょっと違った雰囲気が味わえそうだよね。
何ていったって,オチが分かっているんだから(*^_^*)

>他は私には慌しくて・・・

そうか,ほかのは慌ただしいのか。
歌野さん,ほかに何がオススメなのかしらね~。

by: そら * 2009/03/02 13:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆御礼◆

はじめまして。実は、ここ半年ほど、このブログを読書の参考にさせていただいております。ありがとうございます。
 この、葉桜の季節に君を想うということ、サニーサイドエッグ、誘拐ラプソディー、スリーアゲーツ、精霊の守り人などを読ませていただきました。
 今は、図書館で闇の守り人を借りています。

 なお、このブログには、るいさんのブログからたどりつきました。2つのブログは、僕の読書バイブルになっております。これからもたくさん読んじゃってください。
by: しぐ * 2009/04/04 15:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

しぐさん,はじめまして♪

そんな参考になんて,照れてしまうじゃないですか(*^_^*)
私も好みが偏っているから,当たりはずれがあったんじゃないですか?
しぐさんは,どんなのがお好きなんだろう。

るいさん経由とのこと。
なんだかうれしいなぁ(*^_^*)
るいさんには,吉田修一さんのよさをいろいろと教わりました(*^_^*)

>  この、葉桜の季節に君を想うということ、サニーサイドエッグ、誘拐ラプソディー、スリーアゲーツ、精霊の守り人などを読ませていただきました。
>  今は、図書館で闇の守り人を借りています。

おーっ!なんか好きなのが並んでます(*^_^*)
しぐさんはいかがでしたか?
『闇の守り人』も,私好きです。大人の物語ですよね~。

また,いつでも気が向いたら遊びに来てくださいね。
そして,しぐさんオススメの本も教えてください。
楽しみにしています\(^o^)/
by: そら * 2009/04/05 21:29 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/777-b5b4b04a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)葉桜の季節に君を想うということ
著者:歌野晶午 葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)(2007/05)歌野 晶午商品詳細を見る 「何でもやってやろう屋」を名乗る成瀬は、あ... 新・たこの感想文【2009/01/29 23:08】
【歌野晶午】葉桜の季節に君を想うということ
 歴代のこのミスランクイン作品の中にあってもひと際目を引くタイトルが、以前から気になっていた。同じようにタイトルに惹かれて読んだという人が結構多いようで、著者にしてみればしてやったりということか。 文春文庫 2007/5/10 第 1 刷  「純文か!?」と突 higeruの大活字読書録【2009/01/30 00:29】
葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午
葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1) オススメ! 「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。 そんな折、自殺を図ろうとしていた女性を助ける。 それが、麻宮... 苗坊の徒然日記【2009/01/31 00:05】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。