スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「天神のとなり」 五條瑛
2009 / 02 / 10 ( Tue ) 16:14:50
スパイも外国人も出てこない五條さん作品。
うーん。なんかとっても大人しめ。

★★★☆☆


他人の心の痛みに敏感で、まじめで正直なのに世渡りベタ。そんな男が生きる東京・亀戸天神あたり。人生を棒に振りそうになりながら、それでも懸命に生きる姿をいったい誰が笑えるだろうか―。明日がなくて悪かったな。元大学准教授・鏑木。現在、理由あってヤクザの使いっ走り。(Amazonより)



何やらカッコつけておりますが,
主人公・鏑木は女性関係で大学を追われた元大学准教授。


やくざの依頼を受けて探偵のまねごと(いや,探偵か^^)をするお話です。
5編からなる連作集。


【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文




            

タイトルの「天神」って亀戸天神のことなのね。
福岡の天神を思い浮かべていました。
天神のとなりって…中洲かぁ!なんて思ったんだけどね。
全然違いました。
んでもって,「天神のとなり」にはうまい蕎麦屋があるそうです。
ふーーーん。
この鏑木って人,何歳の人なんだろう?
ちょっと枯れてる感じがするのだけれど,意外と30代みたいな記述もちらほら。
謎でした。
(もしかして,どこかに書いてあったかしらん。しっかり読み落としてます^^;)


鏑木は,人生をやり直す気力も体力もなく,
だからといってアウトローを気取ることもなく,
今の生活に甘んじている自分をどこかで見下しつつ,
あきらめの境地にも達しています。

何だかとっても後ろ向きで,エネルギー低めの主人公で,
共感できる相手ではないのですが。
なんかキライになれないんですよね。
それが鏑木の人間性…なのかな。
何やらかにやら人の将来の心配ばかりしている鏑木は,
どこか慈愛に満ちています。

今どきは任侠ひと筋のこわもてヤクザより,経済ヤクザのほうが羽振りがいいとか。
「経済ヤクザ」という言葉に,久しぶりに山内練を思い出しました(笑)
練,今でもエグイこと,やってるのかしらね~。
うーっ!練の話が読みたいぞっ♪

と,まぁ,練のことはおいといて。

この作品,ラストで鏑木がブツを隠し持ってしまいます。
あらら。自分のためにではなく,京二やエイコが困ったときに使おうと思うあたり,
優しいというか何というか。。。
なんかとんでもないことになりそうな気が。。。
次作はそのあたりを描いていただけるとうれしいです。
(これ,別に五條さんが書かなくてもいいじゃんとか,結構失礼なことを思っていたわりに,
続編を希望している私^^;)
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

五條瑛 TB:1 CM:4 admin page top↑
<<映画「マンマ・ミーア!」 * HOME * 「パコと魔法の絵本」関口尚>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆おひさです◆

相変わらず読んでますね。

私は最近また電車で読み始めました。

今は南米の作家のホンを読んでます。

わりと面白いよ。
by: 一陽 * 2009/02/11 15:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,こんにちはっ♪

おひさ~o(^▽^)o

南米の作家さん…読んだことないなぁ。南米を舞台にしたハードボイルドなら,読んだけどv-8
と,私,相変わらず読書にスリルを求めておりますが(^^;)

また,ちょくちょく読んだ本のお話なんかをしに来てね~(^o^)/
by: そら * 2009/02/12 16:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは~。
読んでいて、鏑木さんって、一体、何を研究していた学者だったのだろう? というのを思いました。
飼い主である白樺に色々と皮肉を言ってみたり、ここ一番で好き勝手にやるだけの度胸があったり…と、普通の学者さんとは思えないような…(^^;)

他の作品ほどスケール感はなかったですけど、しっかりとまとまっていて面白かったです。


>この鏑木って人,何歳の人なんだろう?
>ちょっと枯れてる感じがするのだけれど,意外と30代みたいな記述もちらほら。
30代半ばくらいだと思います。
亡くなったヤクザの未亡人が39歳というのを聴いて、「自分より年上」というシーンがあったので。
by: たこやき * 2009/09/08 18:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんにちはっ♪

>30代半ばくらいだと思います。

おーっ!そうだったかぁ\(^o^)/
なーんか言ってた気がするけれど,よくわからんなぁ…って思ってました。
私の中では,最後まで60代のシルバーグレーの紳士…ってイメージだったのよねぇ。
その割には走ったりしてた気がするけど(^^;)

「しっかりまとまっていた」かどうかは忘れちゃいましたv-8

ちょっと大人しめだったけど,続編が読みたい短編集でした♪
by: そら * 2009/09/09 12:28 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/782-95559c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)天神のとなり
著者:五條瑛 天神のとなり(2008/09/20)五條瑛商品詳細を見る 地域を取り仕切っていた墨田連合が分裂し、天藤会、久栄興業、新生墨田連合が争... 新・たこの感想文【2009/09/08 17:55】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。