スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介
2009 / 03 / 21 ( Sat ) 23:33:28
いやはや何とも…言葉にならない作品でした。
初・道尾さんです。道尾さんって,いつもこんな感じなの?
とってもダークです。

★★★☆☆

明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、彼が家の中で首を吊っているのを発見する。慌てて学校に戻り、先生が警察と一緒に駆け付けてみると、なぜか死体は消えていた。「嘘じゃない。確かに見たんだ!」混乱する僕の前に、今度はS君の生まれ変わりと称するモノが現れ、訴えた。 ―僕は、殺されたんだ。半信半疑のまま、僕と妹・ミカはS君に言われるままに、真相を探る調査を開始した。(Amazonより)



独特の世界が広がります。

あ,この本,帯に「ネタバレ厳禁」と書いてあったようですね。
すみません。私,いつものようにやっちゃいました。
…ということで,未読の方は読まないでください
(と,今頃言ってみる。。。もう書いちゃったんだもん




            


かなり不思議系です。

最初,ミカは,シンプルに死体なのかと思っていたんですけどね。
屍臭がするから,お母さんは家のゴミを捨てないのかと。

ミカの死にミチオが絡んでいたから,お母さんはミチオを虐待し,
お父さんはそれに目をつぶっているのではと。
そんな一家だと想像したのですが。

でも,ミカを家から連れ出したりもしているので,それは違うなと。
だったら何だろうと,そこが知りたくて,読み進めてたところもあります。
なので,ミカがトカゲでも,あまりびっくりしませんでした。
…よくS君と仲よくなれたなぁとは思ったけど。

まぁ,私もいいとこ突いてたけど,そうですかぁ。。。。
あんまりうれしくないですねぇ。
お父さんが何ともだらしないやね。
お母さんの心,壊れているのに気がついていて,どうして早く病院に連れていかなかったのかなぁ。
逃げてりゃ時間が何とか解決してくれるって思っていたのかなぁ。
ありがちなことだけど。。。

この物語,だれが人間でだれが動物なのか,どんどん分からなくなり,
泰三さんまで,犬か猫か鳥なのかと思ってしまいました。
だって百葉箱に身を潜めるんだよ。
どんだけ体が柔らかいお年寄りなんだ。。。
いやいや,バイトしてるって言ってたから,泰三さんは人間だよねぇなんて,
自分で突っ込んでみたりして。

何だかんだで,道尾ワールドにすっぽり嵌ったような気も。。。

児童虐待,動物虐待,いじめ,自殺,ゲーム感覚,異常性愛,,,,,
「心の闇」のオンパレードです。
決して読み心地のよいお話ではありません。

それでもって,岩村先生,結局今も教師を続けているんだよねぇ。
おかしくないか?
絶対おかしい!!!


ミチオが生きている世界は,何ともすさまじく歪んだ世界で,
でも,ホントはそうじゃないんだよなんて,私も自信を持って言えなくて。
…もしかしたら,ミチオの感じている世界のほうが,現実社会に近いのかもしれないし。。。
私だけ,何だか取り残されてるのかもしれないし。。。

だけど私は,ミチオが自分の認識世界をスコーンと変えてくれる「何か」と出会う物語を読みたいと思ったのでした。
…甘いのかもしれないけどね。

奇しくも今日,図書館から,『カラスの親指』の順番が回ってきましたメールが届きました。
うっ!2冊続けて道尾さんかぁ。
次の本は,カラスがしゃべったりするのかなぁ。。。。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

道尾秀介 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「カラスの親指」 道尾秀介 * HOME * 「さまよう刃」 東野圭吾>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちは。ごぶさたしています。

僕は、この本は、ダメでした。
「誰もが狂ってる」ということと、「いつまでも終わりが来ないスパイラル感」っていうのはうまく描けてるように思うのですが、うーん。これはもはや感性のレベルでの好き嫌いなのかもしれません。

もう1冊ぐらいがんばってよんでみます。
by: hontaka * 2009/08/26 09:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

hontakaさん,こんにちはっ♪

この本,めちゃくちゃダークでしたよね~(>_<)
読み心地は悪かった…と私も思います。

>もう1冊ぐらいがんばってよんでみます。

では,ぜひとも『カラスの親指』を♪
私,イチオシしちゃいます(*^_^*)
by: そら * 2009/08/26 17:30 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんにちは^^
コレ読みました~

うん、うん、ダークでした。
そうとは知らずに
お昼休みにお弁当を食べながら読み出したんですよね~
案の定気分が・・・(苦笑)
でも先が気になってどんどん読んじゃいました。
(その分すぐ忘れると思いますが・・)

しかし、理解力が乏しいためよくわからず(笑)
最後、結局みんな助かったの?
でもなんでミチオは親戚に引き取られるの?
?????で最後の部分を何度も読み返してみました。

結局助かったのはミチオ(とミカ)だけ?ってコトなんでしょうか??
お父さんとお母さんは・・・生まれ変わったってこと?
うーん・・・

でも火事のとこでウルウルしちゃいました^^;
親子の愛とか、なんかそーゆーの弱いです(泣)

次は何読もうかなぁ~
by: 通りすがり * 2009/11/20 11:16 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

通りすがりさん、こんばんはっ♪

たくさんコメント、ありがと~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

> うん、うん、ダークでした。

ね~~~(-_-)
初・道尾作品として読むと、かなーり引くよね~~~~(-_-)
この方の作品では、今のところ「カラスの親指」がオススメよん♪
なかなかですv-221

> 結局助かったのはミチオ(とミカ)だけ?ってコトなんでしょうか??
> お父さんとお母さんは・・・生まれ変わったってこと?

かなり忘れているんだけど(!)、多分私は、それで納得したような気が……。

> でも火事のとこでウルウルしちゃいました^^;
> 親子の愛とか、なんかそーゆーの弱いです(泣)

そうだったんだ(*^_^*)
親子の愛っていったら、重松清さんの『流星ワゴン』とか、角田光代さんの『八日目の蝉』とか、
評判いい…ような気がします。
私、重松さんはあんまり相性よくないんだけどv-8

> 次は何読もうかなぁ~

楽しんでね~~~(^o^)/
by: そら * 2009/11/21 23:26 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/796-44e564f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。