スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「カラスの親指」 道尾秀介
2009 / 03 / 24 ( Tue ) 12:24:11
おもしろい!
これは,私好きです。

★★★★★

“詐欺”を生業としている、したたかな中年二人組。ある日突然、彼らの生活に一人の少女が舞い込んだ。戸惑う二人。やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは。(Amazonより)



思わず5つですよ,奥さん(^^;)
いや~,「あの」道尾さんがと思うと,何だかとってもうれしくて。




【こちらの記事も♪】
読書感想文とブツブツバナシ
新・たこの感想文



            


近所のスーパーの2階に,本屋さんが入ってます。
新刊本しか置いてないので,普段あまり行かないところですが,
ちょっと覗いてみると。
何と,「道尾秀介先生,ご来店記念!」と書いてあり,
デデーンと道尾コーナーがしつらえてあるではありませんか。
…道尾さん,こんなところまで営業にいらしたんですかぁ???
そこまでしなくても,大丈夫…なんじゃない…かなぁ。。。

まぁ,それはともかく。
「ご来店」は,この『カラスの親指』のキャンペーンだったらしく,
大量の『カラスの親指』の単行本の山の上に,道尾さん直筆と思われる色紙が飾ってありました。

「他人のような家族より
家族のような他人のほうが
絶対強い
       道尾秀介」



うーーーーーん。字はお上手だったけど,ポップはあまりお上手じゃないようで(^^;)



んで,この作品。

前回読んだ『向日葵の咲かない夏』が,どことなく乙一っぽかったのに対して,
この作品は,どことなく伊坂幸太郎っぽいなぁなんて思いながら読んでました。

暗い過去を背負った男のお話でありながら,どこかライトな印象。
飄々とした,そして機知に富んだ会話。

悪くありません。

そして物語はどんどん転がり,
2人の詐欺師と2人の女性と,そして1人の彼氏(?)が,
闇組織に仇討ちを仕掛ける。

この転がり方にも釘付けでした。

が,
やっぱり,戦い終わって日が暮れて。。。
物語がラストを迎えた…と思った後のどんでん返しが素晴らしかった。
かつて映画『スティング』を観たときと,同じ衝撃と幸せな気分を味わいました。

そしてそれ以上に,
最期を知った男の一世一代の大仕掛けが,何とも心に響きました。
こういうの,ステキです。
動機も,切なくも優しく。
ホントに好きだわ。

親指はほかの指の顔を見ることができるというエピソード,
なるほど~と納得したのでした。
『カラスの親指』という題名の洒落っ気が,
ちょっと甘酸っぱく心に沁みたのでした。

この物語,指の話がもう1つ。
人差し指(お母さん指)と小指(赤ちゃん指)の2本だけだと
なかなか寄り添うことができないけれど,
親指(お父さん指)を添えてやると,簡単に3本寄り添うことができる。
父親と母親は,やっぱりそろっていたほうがいいんですよというお話。
読みながら指を動かしてみた私。
ほほー,確かに。
ちょっと印象的でした。

…長女が同じ箇所を読んで,「私は特に力を入れずにくっつけられる」と,
ひょいと人差し指と小指をつけてくれたけど(^^;)

道尾さん,ほかのも読んでみたいなと素直に思えた一冊でした。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

道尾秀介 TB:1 CM:10 admin page top↑
<<「中庭の出来事」 恩田陸 * HOME * 「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは。
>思わず★5つですよ,奥さん(^^;)
いや、奥さん、て…(笑)

どこかライトな感じでのやりとり、そして、どんでん返し、というまとめ方が伊坂さんに似ている。言われてみると、そういう感じがします。
コンゲームとしてのやりとりだけでも面白かったのですが、それをひっくり返してのラストシーンのさわやかさがすごく印象的でした。「だまされた! でも、良かった」という風に思いました。

ちなみに、道尾さん、デビュー作は、京極夏彦さんっぽいです(笑)
by: たこやき * 2009/03/25 20:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんばんはっ♪

> いや、奥さん、て…(笑)

あはっ♪v-8

ねっ!ちょっと伊坂さんに似てる…よね?(*^_^*)

> コンゲームとしてのやりとりだけでも面白かったのですが、それをひっくり返してのラストシーンのさわやかさがすごく印象的でした。「だまされた! でも、良かった」という風に思いました。

うんうん!そうだよね。
ほんのり切なく,でも爽やか…な読後感でした。
たこやきさんも同じ印象だったのね。うれしいわ~\(^o^)/

> ちなみに、道尾さん、デビュー作は、京極夏彦さんっぽいです(笑)

ほーほー,『鬼の何とか』ってやつですね。
妖怪が出てくるのかしらん?
読まなくてはo(^▽^)o
by: そら * 2009/03/26 19:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆面白そう♪◆

こんにちは、そらさん。
久しぶりに穴倉から顔をだしてみたら(モグラような…e-263)
面白そうな本を紹介してくださっていて、得した気分です。
ぜひ読んでみますね!

ちなみに、私も人差し指と小指、簡単にくっつくよ(張り合ってどうする)。
シングルマザーの相とかだったらやだなー(笑)

by: すみか * 2009/03/31 00:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おーっ!すみかさん,こんにちはっ♪

あはは♪モグラですかぁ(*^_^*)
遊びに来てくださって,うれしい限りです\(^o^)/
いつでも気が向いたときに,ひなたぼっこでもしに来てくださいね♪
…モグラさんの日なたぼっこ,なかなかメルヘンだわ(=^▽^=)

で,この作品。
うんうん,読んでみて♪
すみかさんのお気に召すか,感想が楽しみだ~(*^_^*)

> ちなみに、私も人差し指と小指、簡単にくっつくよ(張り合ってどうする)。

あらそうなんだ。
シングルマザーの相って…なぜに???
ま,でも娘が経済的に自分で養っていけるんだったら,
孫が抱けるからいいや♪
…って,何をいろいろ妄想してるんだか(^^;)
by: そら * 2009/03/31 17:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆お久しぶりです!◆

道尾秀介さんの本は読んだことがないのですが、この記事を読んで、読んでみたくなりました。
今度探してみます▽・ω・▽
by: 大葉 もみじ * 2009/04/04 00:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

大葉もみじさん,こんばんはっ♪
お久しぶりです\(^o^)/

ぜひ機会があれば読んでみてくださいな♪
感想,楽しみにしてま~す(*^_^*)
by: そら * 2009/04/05 21:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

面白かったです。
最後の種明かしがなくても、なかなか軽い痛快感がありだったのに。
だって、トサカのできすぎも、偶然がくれるちっちゃな幸せもありかなって。
でも、
最後の種明かしで、「軽さ」が「味わい深い爽快感」に変わった。

いいですね。道尾作品は初めてなんですが、素敵な一作にいきなり出会ったかんじです。
by: しぐ * 2009/06/27 10:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

しぐさん,おはよっ♪

お返事が遅くなりました。ごめんね~m(_ _)m

>面白かったです。

ねっ!ねっっ!!
面白かったよね~(*^_^*)

>最後の種明かしで、「軽さ」が「味わい深い爽快感」に変わった。

ですね~。味わい深い爽快感かぁ。うんうん,確かに。

私も,この作品は本当に好きです。
道尾さん,何だかいろんなタイプの作品を書いていらっしゃるようです。
しぐさんが今度出会う道尾作品は何だろう?
もし何かを読まれたら,そちらの感想も教えてね♪
ほかの作品も気になってます(*^_^*)

by: そら * 2009/07/01 09:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆はじめまして◆

はじめまして、バリバリの通りすがりです(笑)

『カラスの親指』私も伊坂幸太郎っぽなあ、と思っていたのでコメントを残したくなりました。
『向日葵の咲かない夏』は乙一っぽんですね。
『向日葵~』は近いうちに読もうと思っていて、乙一は未読の作家さんです(実は読まず嫌いしてます^^;)
なので、乙一を読もうかどうしようかのものさしの一つにしようかなあ、なんて思います。

では、ずかずかとお邪魔しましたm__m
by: お茶々 * 2009/07/16 16:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

お茶々さん,はじめまして♪

お返事が遅くなって,ごめんなさい(>_<)
通りすがりでコメント,ありがとです\(^o^)/

> 『カラスの親指』私も伊坂幸太郎っぽなあ、と思っていたのでコメントを残したくなりました。
> 『向日葵の咲かない夏』は乙一っぽんですね。
> 『向日葵~』は近いうちに読もうと思っていて、乙一は未読の作家さんです(実は読まず嫌いしてます^^;)
> なので、乙一を読もうかどうしようかのものさしの一つにしようかなあ、なんて思います。

乙一は,俗に「白・乙一」と「黒・乙一」がいるようです(^^;)
『向日葵…』は,どっちの乙一かなぁ。黒ほどグロくないけど,白ほど切ない感じでもない。。。
両方合わせたような感じ?なような気がします。
…といっても私,「黒・乙一」くんは,周到に(?)避けているんですけどね(*^_^*)
グロいのが苦手だったら,ぜひとも「白・乙一」を♪
んとね,『しあわせは子猫のかたち』とか,『暗いところで待ち合わせ』なんか,いかがでしょー♪

>では、ずかずかとお邪魔しましたm__m

そんなそんな。
いつでも遊びにいらしてくださいね♪
お待ちしてますよ~(^o^)/

by: そら * 2009/07/23 18:30 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/797-a10e405a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)カラスの親指
著者:道尾秀介 カラスの親指 by rule of CROW’s thumb(2008/07/23)道尾 秀介商品詳細を見る 少し前に知り合った相棒・テツさんとちんけな詐欺師稼業... 新・たこの感想文【2009/03/25 20:53】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。