スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子
2009 / 05 / 20 ( Wed ) 17:20:25
どこかいびつなガラス玉…のような作品でした。
小川洋子さんって,詩人だわ~。

★★★★☆

伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの密やかな奇跡。触れ合うことも、語り合うことさえできないのに…大切な人にそっと囁きかけたくなる物語です。(Amazonより)



慎ましやかな雰囲気に満ちた作品でした。


【こちらの記事も♪】
読書・映画・ドラマetc.覚書
ひろの東本西走!?



                  


まず感じるのが,言葉の美しさ。
何とも詩的な表現が続きます。
チェスって,宇宙的な広がりを持つ,美しいものだったのねぇと思うのでした。
チェスでなくても,将棋をやっている方なら,
少しはこの世界が共有できるかもしれません。
…私は,ただ外側から眺めているだけでしたけれど。

1人の人間の物語というには何もかもが淡々としていて,
ファンタジーというにはどこかいびつで。
結局,どう捉えていいのか分からないまま,
たゆたうように物語に流された…という感じ…かな。

とても不思議な感覚の作品でした。
読者の共感(もしかしたら反感)を超越したところに
位置しているような,そんな感じを受けました。

この作品の一番の山場は,マスターとの別れ…だと思います。
読みながら,思わず泣きそう…になりました。
泣かなかったのは,隣でバイク雑誌を読んでいた夫に,
「ねぇ,これカッコよくね?」と唐突に声をかけられて,
思いっきり現実に戻ってしまったからなのでした。
うんうん,カッコいいカッコいい♪
でも,せめてあと5分,1人で遊んでいてほしかったかな(^^;)

まぁ,そんな話はいいんだけど。

この本,3日くらいに分けて読みましたが,
現実と本の世界を行ったり来たりしているうちに,
だんだん本の世界に入るのがきつくなってしまいました。
できれば一気に,どっぷり浸って読みたかったなぁと思ったのでした。



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小川洋子 TB:2 CM:4 admin page top↑
<<「決壊」上・下 平野啓一郎 * HOME * 「ブラザー・サン シスター・ムーン」 恩田陸>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆美しい物語でした◆

こんばんは。お久しぶりです。
読みました!
不思議な不思議な、しかし、とても美しい物語でした。
私が感動したシーンは、リトルア・リョーヒンが老婆令嬢にチェスを(再び)教えるシーンでした。そう、かつてマスターが自分に教えてくれたように。また、終盤も悲しさはあるのですけれど、とても素晴らしいと思いました。
小川洋子さんは凄いです。

※最近、どこにTBを送ってもどうもうまくいきません。
 どうも、うちのブログ人側の問題のようなのですが。。。
by: ひろ009 * 2009/05/31 00:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん,こんにちはっ♪♪♪(←思わず3つ^^)

ひろさんも読まれたのね~\(^o^)/

> 不思議な不思議な、しかし、とても美しい物語でした。

ですね~。
どこまでも美しい物語に仕上げた文章のすばらしさ。
ホント,小川洋子さんって凄い!と思いました。

> 私が感動したシーンは、リトルア・リョーヒンが老婆令嬢にチェスを(再び)教えるシーンでした。

あーーーー。
なんか切なさと温かさと,そして広がりも感じたシーンでしたね~。
うん。よかった。

んで,TB,またまた迷子になってるの?
そうかぁ。
ま,私のところは,そゆときのためにリンクを直接貼りつけているから,
ひろさんのも貼っておくね♪
by: そら * 2009/05/31 16:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。TBさせていただきました。
いやー素晴らしかったです。
小川さんの作品はまだ2冊目なのですが、言葉が本当に綺麗で、引き込まれます。
マスターの死は、私も泣きそうになりました。
文章を読んでいると、きっと別れがあるんだろうなとは思ったのですが。
リトル・アリョーヒンの人生を創り上げてくれた人の死は、重みを感じました。
老婆令嬢とのチェスのシーンも好きですが、ミイラとリトル・アリョーヒンとの最後のすれ違ったシーンが辛かったです。
あとちょっとだったのに!彼だって、ミイラとどんな話をしようって楽しみにしてたのに!って、切なくなりました。
by: 苗坊 * 2009/06/28 16:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,おはよっ♪

TB,ありがと~\(^o^)/

> いやー素晴らしかったです。

> 言葉が本当に綺麗で、引き込まれます。

うんうん♪

> 老婆令嬢とのチェスのシーンも好きですが、ミイラとリトル・アリョーヒンとの最後のすれ違ったシーンが辛かったです。

そうなんだよね~。
思い出しても,ちょっと切なくなるなぁ。
どのシーンもじんわりと印象に残る…という感じで,
心の中に大切にしまっておきたくなるよね(*^_^*)

by: そら * 2009/07/01 09:44 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/811-8bd7057d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
猫を抱いて象と泳ぐ  小川洋子
猫を抱いて象と泳ぐ/小川 洋子 小川洋子 2009 文藝春秋 STORY: 生まれつき唇が閉じていたリトル・アリョーヒン。彼は内向的に育つが、マスターにチェスを教えてもらった日からチェスの虜となって…。 感想:  不思議な話だった。舞台は日本なのだと思... 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)【2009/05/31 10:56】
猫を抱いて象と泳ぐ 小川洋子
猫を抱いて象と泳ぐ 伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの密やかな奇跡。 触れ合うことも、語り合うことさえできないのに…大切な人にそっと囁きかけたくなる物語です。 心温まる、少し物悲しい作品でした。 インディアという、デパートの屋上に閉じ込め... 苗坊の徒然日記【2009/06/28 15:58】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。