スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ぬしさまへ」 畠中恵
2009 / 07 / 01 ( Wed ) 22:40:05
ほっこりとおもしろかったです。

★★★★☆

きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、新品の布団から泣き声が聞こえたり…。でも、こんなときこそ冴える若だんなの名推理。ちょっとトボケた妖怪たちも手下となって大活躍。ついでに手代の仁吉の意外な想い人まで発覚して、シリーズ第二弾、ますます快調。(Amazonより)




第一弾『しゃばけ』を読んだのは,いつのことだったのでしょう。
よく覚えていないけど,長編だった『しゃばけ』より,短編集のこちらのほうが,
ずっとおもしろかった…ような気がします。


…どーでもいいけど,私,ここまで下書き書いたのが6月17日。
おーーーーい,放ったらかしにしないでくれ~~~(^^;)



            


特に好きだったのは,『空のビードロ』,『仁吉の思い人』そして『虹を見し事』
6編中3編がお気に入り(*^_^*)

『空のビードロ』
一太郎の腹違いの兄,松之助の真っ直ぐな心持ちが
世の中の不条理にさらされて。…でも,一太郎に救われて。
松之助と一緒に,私も泣きそうでした。
ええ話や。

『仁吉の思い人』
妖(あやかし)仁吉の千年にも及ぶ片思い。
何とも切なく,でもその純粋さが美しく。
私,仁吉に惚れちゃいそうです。

『虹を見し事』
夢かうつつか。
だれの夢か。
幻想的で怖いぐらいの前半部分。
おまきの一生に哀感を覚える後半部分。

一太郎,17歳。
まだまだ恋心には疎いお年頃。

私は…私は本当に,もっと大人になりたい。
凄いばかりのことは出来ずとも,せめて誰かの心の声を聞き逃さないように



あー,本当に一太郎っていい子だわ。
以前,「(本当の)美人は性格がいい」ということが取りざたされたことがあったけど,
本当に愛情たっぷりに育った人は,やっぱり真っすぐ育つのかしらん。

辛い現実をほんわか優しく包むこのシリーズ。
一太郎君のこれからを,もっともっと追い続けたくなります。

ということで,今,『おまけのこ』を読んでます♪


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

畠中恵 TB:2 CM:8 admin page top↑
<<『金春屋ゴメス』  西条奈加 * HOME * TV「アイシテル」 最終回>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんわ。TBさせていただきました。
「しゃばけ」シリーズは心があったかくなりますよね。
それは一太郎君がとってもいい子だからなのかなーなんて^^
私もその3作好きです。
やっとお兄ちゃんに会えて良かったねって思いましたし(お兄ちゃんもとってもいい人で)
仁吉の思い人に関してはちょっと切なくなりましたし。
夢の話はちょっとハラハラして。
私、まだ「おまけのこ」読んでないです。
早く読まないとまた新作が出ちゃうかもしれないですよね^^
by: 苗坊 * 2009/07/12 01:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。
かなり昔にこちらにコメントを残させていただきました夕凪です(^^;)

このシリーズは魅力的な妖怪さんがたくさん出てきますよね。彼らの妙に人間くさいところが好きでした。
一太郎のでき愛っぷりもまたいいですよね。両親や妖怪たちからの愛情がひしひしと伝わってくるお話だと思います。
by: 夕凪 * 2009/07/12 23:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,こんばんはっ♪

コメント&TBありがと~\(^o^)/

>それは一太郎君がとってもいい子だからなのかなーなんて^^

ねぇ~♪
心持ちがよいのよね~。見てるだけで,気持ちが和らぐ。

同じ3作がお好きなのね♪
6作中,3作も,「いいな」と思える短編集って,
ちょっとお得感がありますv-221

『おまけのこ』…これもね~,よかったよぉ~\(^o^)/
by: そら * 2009/07/14 20:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

夕凪さん,こんばんはっ♪

お越し頂き,ありがと~\(^o^)/
恩田陸さん以来ですね~(ちょっとズルして,履歴を見ました^^)
ありがと~♪

夕凪さんも,このシリーズお好きなのね。

>彼らの妙に人間くさいところ

うんうん。だけどちょっとずれてるところ。
いいですね~♪
愛情に包まれた作品だから,読むと心がほっこり温かくなります。


また,気が向いたら遊びに来てね♪
待ってますよ~(^o^)/
by: そら * 2009/07/14 21:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

畠中さんの本、いいですね。
 今月になって、「しゃばけ」と「アイスクリン強し」を読んだのですが、
何というか、さわやかというか、
怖い部分や時代の厳しさなんかも描いているんですが
重たいところが少しもない。

しゃばけってドラマになっているんですね。
しゃばけ読本ってのもいっしょに読みました。
おもしろかったんですかね。
by: しぐ * 2009/08/22 17:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆Re: タイトルなし◆

しぐさん,こんばんはっ♪

> 畠中さんの本、いいですね。

ですよね~♪

> 何というか、さわやかというか、
> 怖い部分や時代の厳しさなんかも描いているんですが
> 重たいところが少しもない。

重たくはないけれど,じーんときたり,しみじみしたり。
ときどき現代の風刺かと思ってみたり。
シリーズ重ねるごとに筆が冴えてきてる…って感じなのよ~
(めちゃくちゃ推してる(*^_^*))

しゃばけのドラマ,私も見てなかったけど,
どうだったんでしょうかね~。
一太郎君って,ドンピシャの人が思い浮かばない。。。(^^;)
by: そら * 2009/08/23 23:03 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

しゃばけ読本の中で、畠中さんが影響を受けたと語っていたのが、
都筑 道夫さんの「なめくじ長屋シリーズ」。

そのうちの一つ「さかしま砂絵」ってのを借りて読みました。
なるほど、少し影響を受けている感じがわかります。
人情ものの捕物帳なんです。妖ばなしも出てくる。
ただし、ほんとに妖がいるわけじゃないから、全然違うんだけど。

今は、ぬしさまへを読んでます。

by: しぐ * 2009/08/30 17:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

しぐさん,こんにちはっ♪

都筑道夫さんですかぁ♪
最近,「道尾秀介」さんは,都筑道夫さんの名前をとった…という話を聞いたので,
ちょうど興味を持っていた作家さんです。
『なめくじ長屋シリーズ』ねっ!私も読んでみよっ♪

教えてくださってありがと~\(^o^)/
by: そら * 2009/08/31 16:03 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/814-4d4b6fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ぬしさまへ 畠中恵
ぬしさまへ (新潮文庫) 日本橋大店の若だんな・一太郎は、めっぽう身体が弱く、くしゃみひとつとしただけで布団にくるみ込まれてしまう始末で、放蕩なんてことは、夢のまた夢。 そんな若だんなの身の回りを守っているのは、犬神・白沢・屏風のぞきといった摩訶不思議な 苗坊の徒然日記【2009/07/12 01:09】
ぬしさまへ
************************************************************ 身体が弱くて繊細で力もないけど、どんな事件も たちまち解決! それは強い味方がついているから!? 健気な若だんなと妖怪たちが繰り広げる洒落っ気 たっぷりの痛快人情推理帖。 ************************... 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪【2009/07/19 01:51】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。