スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「シャドウ」 道尾秀介
2009 / 08 / 31 ( Mon ) 16:52:44
実はこの本,1週間くらい前に読み終わっていました。
んで,感想書くために,ちょこっと読み直すつもりでページを開き。。。。
結局最後まで再読。
1度目にはザラッとした読後感が残ったこの作品。
2度目は,じわ~っと泣きたくなります。

再読して,よかったわ~。

★★★★☆

人間は、死んだらどうなるの?―いなくなるのよ―いなくなって、どうなるの?―いなくなって、それだけなの―。その会話から三年後、鳳介の母はこの世を去った。父の洋一郎と二人だけの暮らしが始まって数日後、幼馴染みの亜紀の母親が自殺を遂げる。夫の職場である医科大学の研究棟の屋上から飛び降りたのだ。そして亜紀が交通事故に遭い、洋一郎までもが…。父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは?話題作『向日葵の咲かない夏』の俊英が新たに放つ巧緻な傑作。(Amazonより)

『向日葵の咲かない夏』の著者が,渾身の力で描いた”救い”の物語!(文庫の帯より)



”救い”の物語というより,…”成長”の物語…だと思いました。





            


最初に読んだときは。
だれが異常でだれが正常なのか,何だか世界がぐらんぐらんと定まらず,
ページを繰る手が止まりませんでした。
あーーー。そうだったのかぁ。
と終盤を迎え,
「よくできている」と思ったけれど,
ざらつく読後感がどうしようもなく。

題材が,やっぱりちょっと辛いなぁとか,
この作者さん,心の闇がお好き?とか,

はっきり言って,それほど「よい」と思ってはいませんでした。

んで,2度目。

1度目にも「よくできている」と思ったけれど,
細かいところまで本当によくできている!ということがよーっく分かり。
作者さん,すごいっす。いろんなパーツがめちゃくちゃ緻密にできてます。
例えば時間経過。人は点と点を見せられると,それが連続していると思ってしまう。
そんな習性を作者さんは存分に使いこなしています。
また,作中に書かれていた「確証バイアス」…人は自分の確信に合致する情報だけを集めようとし,その反証となる証拠の収集を避ける傾向…までもが,フルに活用されていたことが分かります。
あー,ここで私は○○だと思っていたから,しっかり誤読していたのね…なんて。

そんな,技術的というのか,推理小説的というのか,外枠的な驚きもあったのですが。

2度目に読むと,何と言っても凰介の心の成長や,亜紀ちゃんの立ち直り…に心打たれます。
「成長」だの,「立ち直り」だの,何だか言葉が軽いよね…と思うくらい,
彼らは彼らなりに,一生懸命悩み,決断し,まっすぐ生きようとしている。その姿に胸が熱くなる思いがしました。

子供の魂って,真っすぐ伸びようという力が最初から備わっているのかもしれないなぁと,
その逞しさに涙が出そうになりました。

「我は草なり 伸びんとす」

という詩を,ふと思い出したのでした。(全文はこちら)

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

道尾秀介 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「天使突抜一丁目」 通崎睦美 * HOME * 「メビウス・レター」 北森鴻>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆やっと読みました◆

そらさん、こんばんわ!

予約していた本の順番がやっときて、あっという間に読んでしまいました。
いやぁ~こんなに一気に読めるなんて、久しぶりでした♪
凰介くんと亜紀ちゃん、辛い現実だけど、それを受け止め立ち向かえたのは、しっかり愛情を感じられてきたからだろうと思いました。

守るべき存在だと思っていた息子が、自分に寄り添ってくれる存在に成長したんだな~と感じた洋一郎の気持ちを思うと、じ~んときました。
やはり、どうしても親の立場になっちゃうね^^;

「ひまわり~」も早速予約してきましたよ!
楽しみです^^v

by: 一個 * 2009/09/27 20:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一個さん,こんにちはっ♪

風邪の具合はいかが?
お大事にね。

んでもってこの作品!
読まれたのね♪

>凰介くんと亜紀ちゃん、辛い現実だけど、それを受け止め立ち向かえたのは、しっかり愛情を感じられてきたからだろうと思いました。

愛情を「感じられてきた」…ホントにそうなんだろうね。
彼らが実感できるような愛情がかけられてきた…。

>守るべき存在だと思っていた息子が、自分に寄り添ってくれる存在に成長

凰介の育っていこうとする力…みたいなものを感じ,
私も心にじんわりきました。
うんうん。つい親目線になっちゃうね(^^;)

この子たち,何というか根っこが太いなぁなんて思ったよ。

「ひまわり」…読んだら感想教えてね♪

個人的には『カラスの親指』がオススメ(^_^)v


by: そら * 2009/09/30 13:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

これも読み終わりました~
この人は性的虐待とか・・なんかそーゆーくらーいモノが好きなの?
なんて考えながら読みましたが面白かったです^^
いろいろと深く考えるのは苦手なので
この本はあーだ、こーだ、と話すのは出来ませんが^^;
最後は凰介がたくましくなった姿にうるうるしちゃいました~

by: 通りすがり * 2009/12/11 14:19 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

通りすがりさん,コメントありがと~\(^o^)/

> この人は性的虐待とか・・なんかそーゆーくらーいモノが好きなの?

あ。わかる!
私も,こーゆー暗い系が好きなんかい…と,ツッコミながら読みました(o^v^o)

> 最後は凰介がたくましくなった姿にうるうるしちゃいました~

うん。本当に。。。。
子どもって,なんてたくましく育つんだろう…と思いました(*^_^*)
by: そら * 2009/12/13 21:34 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/824-694a4ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。