スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「きものであそぼ」 遠藤瓔子
2009 / 09 / 07 ( Mon ) 11:17:15
平成14年初版のムック(というのでしょうか)。
文章がスパスパと活きがよいです。

TPO別着回しコーディネイト、究極の低予算コーディネイト、「着物のお手入れ」基本講座、オススメの着物ショップ・全国古物市情報など、楽しく着物を着るための情報を満載。ビギナーも、この一冊で着物美人! (Amazonより)





            



総じて,「そんなにめんどくさく考えること,ないない」ということをおっしゃってます。

結婚式にわらじを履いていく人はいないでしょ。その程度の常識をもっていれば大丈夫。
普段に着る着物なんて,ちょっとぐらいルールを破ったって,生卵が飛んでくるわけじゃなし。
いいんじゃない?
着物は着崩れるものなんだから,着崩れたら直せばいいでしょ。

みたいな感じ。

気持ちをラクにさせて,その上でこんなものもあるよ,あんなものもあるよ,これもおもしろいよ,こんなに真摯に作っている人もいるんだよと教えてくれている…って感じだったかな。

着付け教室やきもの本,ならびに岩下志麻のおかげで,着物初心者たちは,少しでも着崩れると,むち打ちの刑でもあうかのようにビビります



「岩下志麻」…って…
名指しでしかも呼び捨てかい。
とひどくびっくりした文章ですが,著者さんは阿部譲二さんの奥様だそうで。
ふーん。そうかぁと思ったのでした(^^;)

表紙の着物写真の1枚に,次女が一言。「ファンキーだね~」

言い得て妙と思いました。

「アンティーク」といわれる着物と帯の組み合わせって,確かにファンキーという言葉がしっくりきます。

おもしろいなとは思ったけれど,いいなとは思わなかった…かな。

でも。
袖の丈が足りなくてにょっきり腕を出していても,全然気にするふうでもなくにっこり笑っている写真とか,
妙に裾がぐずぐずしているのに元気いっぱい歩いている写真とか,
帯に帯締めが食い込んでいても何のそのの写真なんかを見ていると,
何だかとっても大らかな気分になりました。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「直観でわかる数学」 畑村洋太郎 * HOME * 「ねこのばば」 畠中恵>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/829-eb54a235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。