スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「骸の爪」 道尾秀介
2009 / 10 / 22 ( Thu ) 19:50:59
うーん。おもしろくないわけじゃないんだけど、何かが足りないって感じ(^^;)
知らず知らずのうちに、道尾さんには「何か」を求めるようになっているのかも。。。

★★★☆☆


ホラー作家の道尾は、取材のために滋賀県山中にある仏像の工房・瑞祥房を訪ねる。彼がその夜見たものは、口を開けて笑う千手観音と、闇の中で血を流す仏像。しかも翌日には仏師が一人消えていた。道尾は、霊現象探求家の真備、真備の助手・凛の三人で、瑞祥房を再訪し、その謎を探る。工房の誰もが口を閉ざす、二十年前の事件とはいったい。(Amazonより)



おどろおどろしい雰囲気と、安心できる合理的な説明。
きちんとつながる数々の伏線。
一作目より心に響かなかったのは、もしかしたら子供が出てこなかったから?

次の作品に期待。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

道尾秀介 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「神のふたつの貌」 貫井徳郎 * HOME * 「六月の夜と昼のあわいに」 恩田陸>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/840-fc0755bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。