スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「神のふたつの貌」 貫井徳郎
2009 / 10 / 27 ( Tue ) 14:40:05
貫井さんの本、私、初めて最後まで読めました\(^o^)/
けど、やっぱり何だか相性はよくない…かも。。。

★☆☆☆☆

―神の声が聞きたい。牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。彼が歩む神へと到る道は、同時におのれの手を血に染める殺人者への道だった。三幕の殺人劇の結末で明かされる驚愕の真相とは?巧緻な仕掛けを駆使し、“神の沈黙”という壮大なテーマに挑んだ、21世紀の「罪と罰」。(Amazonより)



「罪と罰」ねぇ。。。
私には、ちょっと難しいテーマだったような気がします。

【こちらの記事も♪】
観・読・聴・験 備忘録


            


主人公・早乙女、自分で感じろ!

と思った私。
この後読んだ「モダンタイムス」(伊坂幸太郎)に毒されています(*^_^*)

無痛症の人は人の心の痛みにも鈍感になる…かのような記述。
ホントにそうなの????

最初はキリスト教がベースになっているから読みにくいのかと思っていたけど、
早乙女のあまりにも頭でっかちな思考回路に、嫌気がさしてしまったのでした。
それでも、最後はどんな結末が…という興味だけで読み続けたんですけどね。

………。

最後まで、「救いようのないヤツ」だったのでした。

ん?

救いようのないヤツが一生をかけて考え抜いたのは「神の救い」についてだった。
というところに、この作品の味があるのかな?

読んでいて、「因果はめぐる」じゃないけれど、どうも親子で同じ轍を踏んでるなぁと思っていたら、
ふーーーん、叙述トリックだったんですか。
…なんかどーでもいい…と思ってしまった私。

ま、私、ラスコーリニコフ君もどこがいいんだかさっぱりわからなかったからなぁ。

しょうがないか(^^;)

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

貫井徳郎 TB:1 CM:4 admin page top↑
<<「悪夢のエレベーター」 木下半太 * HOME * 「骸の爪」 道尾秀介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

貫井徳郎さんの作品は、一応、全部読んでいるのですが、その中でも、一番、コメントしづらい作品のような…(^^;)
雰囲気からして暗いし、「エンターテインメント作」という体裁は取っているけど、どうしても宗教観とか、どうしても出てしまうし、しかも、トリックで驚かせる、というのが主眼とも思えない…。
私自身は嫌いではなかったのですが、でも、絶対に好き嫌いは分かれる作品だろうな、と思いました。

というか、貫井さんの作品、後味の悪い作品とかがすごく多いのが味だとも思っているのですが(^^;)

そらさんが、貫井さんの作品、これまで何を読んだかわからないのですが、もし未読でしたら、『追憶のかけら』、お勧めです。
あんまり小難しいこと考えずに楽しめると思います。
by: たこやき * 2009/10/27 17:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん、おはよっ♪

> 貫井徳郎さんの作品は、一応、全部読んでいるのですが

おーーっ!そうなんだ。すばらしい\(^o^)/

>その中でも、一番、コメントしづらい作品のような…(^^;)

なるほど。少なくとも貫井作品初心者が最初に手を出す作品ではなかった…みたいね(^^;)

> というか、貫井さんの作品、後味の悪い作品とかがすごく多いのが味だとも思っているのですが(^^;)

うーみゅ。そうか。
「後味悪くても、なんか手に取っちゃうのよね~」って本もありますからね~。
やっぱり作者さんとの相性なんだろうなぁ。
私は貫井さんと相性、悪いのかなぁ。
『慟哭』は、何度トライしても最初の数ページから進まないし(^^;)

次は『追憶のかけら』を読んでみます。
「あまり小難しいことを考えずに楽しめる」なんて私向きだわ♪
オススメありがと~\(^o^)/
by: そら * 2009/10/28 08:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは♪

私も貫井さんの作品、すご~くはまって読んでいた時期があったのですが、たしかこの作品を読んでからパタっとブームがさったような・・・(苦笑)
宗教的な部分が入っている作品ってどうにもこうにも
難しくって。

私は「症候群」シリーズがすきです。
連作だから読みやすいですよ!!
by: ちえぞう * 2009/10/29 22:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ちえぞうさん、おはよっ♪

> 私も貫井さんの作品、すご~くはまって読んでいた時期があったのですが、たしかこの作品を読んでからパタっとブームがさったような・・・(苦笑)

あはは!やっぱりこの作品から貫井作品に入ろうとしたのが間違っていた気が……v-8
>
> 私は「症候群」シリーズがすきです。
> 連作だから読みやすいですよ!!

「症候群」シリーズね。
表紙の文字がひっくり返っているやつだよね。
たこやきさんオススメの『追憶のかけら』が図書館から来て、
おもしろかったら次に『症候群』、行くかな♪
オススメありがと~\(^o^)/
by: そら * 2009/10/30 08:39 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/841-2549bb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『神のふたつの貌』
貫井徳郎 『神のふたつの貌』(文春文庫)、読了。 キリスト教プロテスタントの牧師の家に生まれた少年の心の葛藤を描いた作品。 「神と... 観・読・聴・験 備忘録【2009/11/18 22:57】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。