スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「神鳥-イビス-」篠田節子
2005 / 08 / 11 ( Thu ) 14:24:39
ホラー小説というよりも、パニック小説といった感じの作品でした。

★★★☆☆

イラストレーター葉子は、日本画家河野珠枝の生涯を描くという美鈴慶一郎の指名を受け、彼女のそれだけ異質な幻想画、「朱鷺飛来図」をイラストレーションしてほしいという依頼を受けた。
「朱鷺飛来図」に戦慄を覚えた葉子は、軽い男、美鈴とともに珠枝の足跡を追う。
そしてふたりが奥多摩で見たものは。。。

思ったより恐くはなかったというのが素直な感想です。
最大の恐い場面が常にヒッチコックの「鳥」を彷彿とさせてしまったため、ぞくぞくと恐いというより、ギャーっとおぞましい感じが強かったです。
これって、私がホラーに求めている怖さとは微妙に違うのです。
ホラーには、もっとぞくぞくと体の中から湧き上がるような怖さが欲しいのです。
これは全く私の勝手なカテゴリーに過ぎないのですが。


佐渡で語られた朱鷺の生態が、何だか痛ましかったです。
攻撃性もなく動きも鈍い鳥だったがゆえに、ほんのわずかの間に絶滅寸前まで狩りつくされてしまった朱鷺。
作者はそんな朱鷺を殺戮しつくした人間に激しい怒りを感じ、その怒りがこういう形に結晶したのかもしれません。
スポンサーサイト
篠田節子 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「マドンナ」奥田英朗 * HOME * 「月神の浅き夢」柴田よしき>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/85-a08057d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。