スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「マドンナ」奥田英朗
2005 / 08 / 12 ( Fri ) 10:43:18
どこかにいそうな40代サラリーマンの心の機微を描いた短編集。
読後、爽やかな風がひと筋吹き抜けます。

★★★★☆

「マドンナ」営業三課の課長、荻野春彦は、人事異動でやってきた倉田知美に淡い恋心を抱く。

「ダンス」大手食品会社営業四課課長の田中芳雄は、息子俊輔がダンサーになると言い出した。「おれと違う価値観を持つやつ」に対して芳雄は。。。

「総務は女房」大手電機メーカー総務部第四課課長、恩蔵博史は、異動早々、改革を断行しようとしたが。。。

「ボス」鉄鋼製品部第一課課長田島茂徳のところへ新部長がやってきた。浜名陽子、女性部長。ヨーロッパ仕込みの彼女は次々と古い慣習を打ち破る。会社人間であった田島は大いに反発してみるが。。。

「パティオ」営業推進部第一課課長鈴木信久は、悠然と1人を楽しむ老人と出会う。

皆さん、課長さんなんですね。
40代サラリーマンというと、課長さんの年代なのでしょうか。
課長というとひどくおじさんのように思えるけれど、
ふと気づくと同年代。。。
知らないうちにもうこんなところまで来ていたんだと、軽いショック。


この短編集は、初出が2000年11月ですから、5年前の作品です。それほど昔ではないのだけれど、
何というか、皆さん、いろいろあるけど元気です。
エネルギーが枯れ果ててはいないというか。
家庭でも会社でも、思い通りにいかないことは多いけれど、ほんのりうるおいが残っています。

世の中の矛盾に怒ったり、恋をしたり、違う価値観を尊重してみたくなったり、人との心の交流にしみじみしたり、
幾つになってもそんな気持ちを持っていたいと、くすぐったくそんなことを思いました。

5編の中では「マドンナ」が好きです。
主人公、荻野さんは、倉田知美をただ見ているだけでときめいて。生活にも張りなんかが出てきたりして。
奥さんはそんな荻野さんを冷静な目で判断し、どんと構えていてくれます。
本人は一生懸命なんだけど、何ともおかしみがあふれています。


全編、作者の目線が暖かいです。
スポンサーサイト
奥田英朗 TB:10 CM:14 admin page top↑
<<「アクアリウム」篠田節子 * HOME * 「神鳥-イビス-」篠田節子>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちは~
>読後、爽やかな風がひと筋吹き抜けます。
やーん♪
読みたいですぅ~
本っていいですね。。
しみじみ~
by: ゆー * 2005/08/14 09:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おっ!ゆーさん、こんにちは♪

奥田さん、私はやっぱり好きだわ~(*^_^*)
by: そら * 2005/08/14 10:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あとで、ココにTB・コメントしに行こうと思ってたら、、
見事に先を越されてしまった。。。(笑)

コレ、奥田さんじゃなけりゃおおー!ですけど。。
やっぱ、カナリ期待持ちすぎて
読み出しちゃったのが失敗です。。

なんだか、課長さんたちの「哲学」は、
この世代の特徴を現してて、笑っちゃいました
意外と多いですよねーこういう感じのひとたち(笑)
by: じゅん * 2006/04/19 17:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪
お先っv-221
>カナリ期待持ちすぎて読み出しちゃったのが失敗です。。
うんうん、こういうこと、あるな~。
ここに出てくる課長さんたちって、大体同じ年代の人たちなんだよね。げっ!私の知ってるあの人もこの人も、こんな年代なんだぁ~と思うと、それが軽くショックでした(笑)
>意外と多いですよねーこういう感じのひとたち(笑)
そだねv-290
by: そら * 2006/04/21 09:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは~♪
面白かったです!さすが奥田さん♪って感じで^^
ちょっと情けないオトコを描かせたら、
私の中では奥田さんか荻原さんが一番ですね^^

3連チャンで奥田作品を堪能したところでしたが、
TBも4つまとめてさせていただきました~
by: marin☆ * 2007/03/13 22:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

marin☆さん、こんにちはっ♪
>ちょっと情けないオトコを描かせたら、
私の中では奥田さんか荻原さんが一番ですね^^
分かるぅ~\(^o^)/
情けない度は荻原さんのほうが上かもしれないけどね(^_-)-☆

TB、4つもつけてくださったのに、1つしか反映していないみたいね~(>_<)
ごめんね~(T_T)
by: そら * 2007/03/14 16:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

 おお、久しぶりにTBできた。

>奥さんはそんな荻野さんを冷静な目で判断し、どんと構えていてくれます
 はい、うちのカミさんも体形はど~んと…。
by: higeru * 2007/12/15 13:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>おお、久しぶりにTBできた。

ね~、よかったよかった\(^o^)/
このまま、ご機嫌麗しければいいんだけどねっ☆

>はい、うちのカミさんも体形はど~んと…。

あはは!そりはいずこも同じなのだ(=^▽^=)
そうじゃなくちゃねっ☆
by: そら * 2007/12/16 20:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
ガールは面白く読んで、それと同じぐらいの面白さを期待してしまったのでちょっと物足りない感じはありましたが、若い子に妄想で恋しちゃう課長さんとかは可愛かったですね。私的にはマドンナの奥さんが大ヒットでした。
by: masako * 2008/07/10 00:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

masakoさん,こんにちはっ♪

あぁ,期待が高いと,物足りなく感じることも多いって,
なんか「マーフィーの法則」にもありそうだわ~。
(実際,あるかどうか分かんないけど^^)
分かる分かる♪

>私的にはマドンナの奥さんが大ヒットでした。

私もこの奥さん,好き♪
短編の脇役の登場人物なのに,いまだにちゃんと覚えてる。
なんかど~んと構えていて,いいよねぇ(*^_^*)
by: そら * 2008/07/11 10:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは。
TB送信させていただきました。
奥田さんの作品は面白いですね~!
まだまだ、読んでない作品が多いので
しばらくは楽しめそうです。
by: ちえぞう * 2008/09/21 18:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ちえぞうさん,おはよっ♪

TB!!!
あ~,そうだ,最近私,TBの存在を忘れてた(>_<)
コメントじゃなくTBだけしてくださってた方々,遅くなってごめんなさいv-356(と,ここで謝ってみる^^;)

>奥田さんの作品は面白いですね~!

うんうん!「人生の機微をすくい上げて,くすりと笑える小説」が多くて,私も好き♪
でも最近は,また初期の『最悪』のような長編を書いてくれないかなぁと思ったりして。読者はわがままなのだ(=^▽^=)

>しばらくは楽しめそうです。

しばらく楽しんでくださいね~\(^o^)/
by: そら * 2008/09/22 11:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No Title◆

こんばんは。
うちの記事の方で、『ガール』と混同していた、と書いたのですが、でも、そういう、「何でもない日常の一コマ」を書いた奥田さんの作品って、温かくて良いですよね。

表題作は、私も好きです。
本当、ちょっとしたことで生活に張りが出る、なんていうのはよく分かりますし、でも、それを他人が見ると……なんていうのも。
色々と良いながらも、この夫婦、お互いをちゃんと判っている夫婦なんだな、とか、そういうのも感じました。
by: たこやき * 2010/09/20 02:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんばんはっ♪

>「何でもない日常の一コマ」を書いた奥田さんの作品って、温かくて良いですよね。

ねっ♪
奥田さんはとても細かいことが気になる人なんだろうなぁと思います。
でなければ,こんなに細かい描写,ないだろうなぁと(笑)

> 表題作は、私も好きです。
> 本当、ちょっとしたことで生活に張りが出る、なんていうのはよく分かりますし、でも、それを他人が見ると……なんていうのも。
> 色々と良いながらも、この夫婦、お互いをちゃんと判っている夫婦なんだな、とか、そういうのも感じました。

たこやきさんに好きと言ってもらえてよかったわ~\(^o^)/

いや,単に私が好きだから(^^;)

夫婦が分かってる…っていうよりか,
奥さん分かっていらっしゃるm(_ _)m
って感じでした。うん。
こんなふうにドーンと構えてる奥さんが,
私の理想です(*^_^*)
by: そら * 2010/09/21 18:46 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/86-a46b91c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
奥田英朗『マドンナ』
マドンナ講談社このアイテムの詳細を見る今回は、奥田英朗『マドンナ』を紹介します。本書は、男性40代の「課長」さんの心情などを描いている5つの短編小説です。中年男性の哀愁を感じさせます。男性40代はいろんな責任が出てくるんだと感じます。そういうつらさなどの真情が itchy1976の日記【2005/09/05 16:19】
「マドンナ」奥田英朗
「マドンナ」奥田英朗かなり年下の女性の部下に恋をしてしまったり息子がダンサーになると言い出したり課の悪の体制に正義の鉄槌を下そうとしたり新しい女性の上司に苦労したり毎日みかける老人に父親を重ねてみたり、、と、いろいろと大変な、40代サラ... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2006/04/19 16:57】
マドンナ/奥田英朗
マドンナ(著者:奥田英朗|出版社:講談社文庫) オススメ度 10点満点!読書仲間のじゅんさんご紹介の小説。TBさせてもらいます。いつもありがとう(^-^*)/5編の短編からなる小説。それぞれの主役は、40代課長職の男性方。表題作のマド... □■アナタのおともに~Books~■□【2006/05/12 15:48】
「マドンナ」奥田英朗
タイトル:マドンナ著者  :奥田英朗出版社 :講談社文庫読書期間:2006/06/14お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]人事異動で新しい部下がやってきた。入社四年目の彼女は、素直で有能、その上、まずいことに好みのタイプ。苦しい片思いが始まってしまっ AOCHAN-Blog【2006/06/22 01:25】
マドンナ(奥田英朗・講談社文庫)
奥田作品、3連チャンですね^^;実はこの本、ずーっと前から書店で見かけていたんですが、なんだか読む気がしなくって。。。表紙からしてOLの話かぁ~、って思い込んでたんですよ 文庫の本棚【2007/03/13 22:35】
【奥田英朗】マドンナ
 次に読む奥田作品はこれ、と思っていたのだが、思いがけず『サウスバウンド』が文庫落ちしたのでだいぶ遅くなってしまった。シリーズ物という訳ではないが、『ガール』、『ララピポ』と合わせて「人生いろいろ三部作」と勝手に呼ばせてもらおう。 講談社文庫 2001/11... higeruの大活字読書録【2007/12/15 02:30】
奥田英朗 『マドンナ』
マドンナ (講談社文庫)/奥田 英朗 ¥620 Amazon.co.jp 部下に恋をする。息子がダンサーになりたいと言い出す。同い年の女性が上司になる-今、日本で一番大変なのは「課長さん」。注目の大薮春彦賞作家が、愛をこめて「課長さん」を描く短編集。 最近新刊の... 映画な日々。読書な日々。【2008/07/10 00:23】
マドンナ
奥田英朗さん、3冊目。 『マドンナ』  奥田英朗 40代の中間管理職の課長さんを主人公とした5つの短編集。 この主人公たちが、「こう... Double-OK!!【2008/09/21 18:48】
奥田英朗「マドンナ」
奥田英朗著 「マドンナ」を読む。 このフレーズにシビれた。  ただ、これでやっかいな夢想からは解放されるなと春彦は思った。 明日からは、心に波風が立たない、普通の生活に戻るのだ。 [巷の評判] "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!では, 「小説としてはどれ ご本といえばblog【2010/05/28 16:21】
(書評)マドンナ
著者:奥田英朗 マドンナ (講談社文庫)(2005/12/15)奥田 英朗商品詳細を見る 40代、妻子もある課長さんを主人公とした5編を収録した短編集... 新・たこの感想文【2010/09/20 02:06】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。