スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「夜市」 恒川光太郎
2010 / 01 / 18 ( Mon ) 08:57:01
一筋縄ではいかないストーリー展開。
豊かな叙情性と,そこに織り込まれている残酷。
物語世界に引きずり込まれました。

★★★★☆

大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る。小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。(Amazonより)




恒川さん,初読みです。
一度読んだらクセになりそうな作家さんです。

【こちらの記事も♪】
ポコアポコヤ


            


「夜市」と「風の古道」の2編収録。

「風の古道」も,なかなかです。

古くから存在する異次元の道。
いろんな物語が生まれてくるような設定が,
想像力を刺激します。

2編とも常識外の設定なので,物語の落としどころも予測不可能。
いい緊張感がありました。

そして,わらべ唄を聞くときに感じる郷愁…というのでしょうか,
実体験で感じたわけではないはずなのになぜか感じる懐かしさ,
心細さ,切なさ,怖さ,独特の湿度……
そんなこんなを,この物語世界に感じたのでした。


これは成長の物語ではない。
何も終わりはしないし,変化も,克服もしない。
道は交差し,分岐し続ける。一つを選べば他の風景を見ることはかなわない。
私は永遠の迷子のごとく独り歩いている。
私だけではない。誰もが際限のない迷路のただなかにいるのだ。
           (風の古道)



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恒川光太郎 TB:1 CM:8 admin page top↑
<<これからの予定(^^;) * HOME * 映画「ラッシュライフ」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

そらさん、こんにちわ!

「のだめ」映画館で見ましたよ~♪
ああ~後半も見たいっ!
(まんまとワナにハマルv-389

「ホルモー」「重力ぴえろ」も、見たいな~と思いつつ
逃してしまいました。
今度、レンタルいこ~っとv-411

ところで、「夜市」
ずっと前に読みました。
弟がどうなったのか、どうしても思い出せないので
もう一度借りて読んでみたいと思っています。

子供の頃にいだいていた、漠然としたこわいもの…
そんな思いがよみがえってくるようなお話でしたね。
今でも、時々、夕暮れのこの道の向こうに「夜市」が
開かれているかも…そう思ってしまう私です。

「風の古道」は好きでした。
お話じゃなく、ほんとにあるような…次元の違う世界。
でも、やっぱり、迷いこむのは怖いなv-388

怖がりなんです、私。
なので、子供の頃、この物語のような空想ばっかりしていました(笑)

遅くなりましたが、そらさん、今年もよろしくお願いします。
by: 一個 * 2010/01/19 10:42 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

面白そう、読んでみようかな。
by: 佐平次 * 2010/01/20 08:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一個さん,こんにちはっ♪

こちらこそ,今年もよろしくお願いします♪
たくさんお話しできるとうれしいなっ!と思います(^-^)v

「のだめ」,後編始まる前に,きっとテレビで放映するよね♪
DVDにとっておこう!と手ぐすね引いて待ってます(*^_^*)

「ホルモー」と「重力ピエロ」。
映画館でなくても十分楽しめます\(^o^)/
ぜひど~ぞ♪


「夜市」
> 子供の頃にいだいていた、漠然としたこわいもの…
> そんな思いがよみがえってくるようなお話でしたね。

うんうん!
そんな感じ!
この懐かしさは何なんでしょうね~。

> 今でも、時々、夕暮れのこの道の向こうに「夜市」が
> 開かれているかも…そう思ってしまう私です。

特にコウモリが飛んでいると,そんな気分になりそうな。。。。
(最近見ないな,コウモリ)

> 「風の古道」は好きでした。
> お話じゃなく、ほんとにあるような…次元の違う世界。

ねっ!
神隠しにあった人たちって,
この古道に迷い込んでいるんじゃないか…って思ってしまいました。

> 怖がりなんです、私。
> なので、子供の頃、この物語のような空想ばっかりしていました(笑)

私も昔,夜,夢とうつつの間をさまよっているときに,
こんな雰囲気のところによく行っていたような。
もしかしたら,そこで一個さんと会っていたかもしれないね(*^_^*)

by: そら * 2010/01/21 16:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟さん,こんにちはっ♪

うんうん!これはね,オススメ♪
by: そら * 2010/01/21 16:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆私も好きです♪◆

そらさん、こんにちは!
私も恒川さんワールドが大好きです。
最初に読んだのが「夜市」でしたが「秋の牢獄」もなかなかですよ^^
ハマっちゃったので、彼の出してる本は今の処読めるだけ全部読んで来ています。
by: latifa * 2010/01/22 10:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

latifaさん,こんばんはっ♪

> 最初に読んだのが「夜市」でしたが「秋の牢獄」もなかなかですよ^^

そうそう!『秋の牢獄』!!!
と~っても気になっているのです(ただ今予約中。なぜにこんなに遅いのか。。。*^_^*)

私も,なんだかハマりそうです♪



by: そら * 2010/01/22 21:30 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

オススメ度が高かったので読んでみました~
おもしろかったです!

でも実は・・・
図書館から借りてきて読もう、読もう、と思いつつ
なんだか気乗りしなくて(じゃあ何で借りてきたんだ?笑)ほったらかし・・・
そしてついに今日が返却日だったんですね~^^;
やば~い!って焦って昨日の夜読み上げました。
絶対読み終わらないだろーなぁ~
と思っていたんですが、意外にも2時間ほどで読めたんで今日返却できます!^^v

ホラー大賞とかで、「えーホラー?嫌だ~」なんて思いましたが
(だぁかぁらぁ、じゃあ何で借りた?笑)
怖い!とは思わなくて(こんな世界に迷い込んだらどーしよ~って怖さはありますが)
短いながらもこの世界に引き込まれてました。

異次元みたいなこんな世界、あるかないかと聞かれると
私はあるんじゃないかなぁ~と思います^^
by: のっち * 2010/02/02 12:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

のっちさん,こんばんはっ♪

> オススメ度が高かったので読んでみました~
> おもしろかったです!

どもどもです\(^o^)/

>なんだか気乗りしなくて(じゃあ何で借りてきたんだ?笑)

>「えーホラー?嫌だ~」なんて思いましたが
>(だぁかぁらぁ、じゃあ何で借りた?笑)

あはは!

> 異次元みたいなこんな世界、あるかないかと聞かれると
> 私はあるんじゃないかなぁ~と思います^^

うんうん。私もあるんじゃないかなぁ~と思うっ!
どこかに,それも身近に,ありそうな世界だったよね。
この引き込まれ感,のっちさんと共有できて,うれしいわ~\(^o^)/

by: そら * 2010/02/03 19:06 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/867-4cefb623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「秋の牢獄」「夜市」感想 恒川光太郎
「夜市」ホラー小説というわりには、ファンタジーっぽくて、和風というか古風な味わいがあり、どこか懐かしさを感じる小説でした。 ポコアポコヤ【2010/01/22 10:53】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。