FC2ブログ
「アクアリウム」篠田節子
2005 / 08 / 13 ( Sat ) 17:05:41
・・・何だこれ?というのが第一印象。
物語の前半と後半の空気の違いに戸惑います。

★★☆☆☆

長谷川正人は、遭難したダイビング仲間を捜すため、奥多摩の地底湖に潜った。そこで正人はイクティと名乗る(?)神秘的で知的な真性洞窟性生物に出会う。イクティに魅せられた正人は、彼女の生息環境を守るため、道路建設反対運動に参加する。そこで現実を目の当たりにした正人のとった行動は。。。(文庫裏表紙より一部抜粋)

物語前半のイクティという陸封性イルカに出会う場面や、彼女との交流場面は幻想的であり、神秘的であり、そしてもの悲しさを漂わせていました。
大きなものに抱かれているようなゆったりとした時間の流れは、穏やかな心地と、絶滅する種への哀惜の念を持たずにはいられませんでした。

なのに、どうしてそういう方向に走るのか。。。。
中盤の環境保護団体の実態はあまりに陳腐でつまらなかったし、
後半の正人の行動は、イクティを守るにはあまりにも過激で、常軌を逸しており、正人に何の共感も理解もできませんでした。

篠田さんだったら、もっと人間に膨らみを持たせて描くこともできただろうに。
イクティを守りたい正人の気持ちや、破壊に向かう現実を読者に共振させることもできただろうに。
何だか残念な作品でした。

スポンサーサイト



篠田節子 TB:1 CM:0 admin page top↑
<<「パイロットフィッシュ」大崎善生 * HOME * 「マドンナ」奥田英朗>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/87-81d8788d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アクアリウム<篠田節子>-本を読んだ(今年67冊目)-
新潮社 ; ISBN: 4101484112 ; (1996/07)評価:84点(100点満点)図書館で手にしたときに確認すると、平成8年発行だった。そんなに昔ではない、そう思って借りたのだが、平成8年って1996年なんだなあ。えらい昔だ。時間の経過が加速度的に早くなっている。この.... デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)【2005/11/11 21:47】
* HOME *