スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ストロベリーナイト」 誉田哲也
2010 / 02 / 15 ( Mon ) 21:30:50
あと10年以内には,スマッシュヒットが来そうな作家さんでもあるけど。
誉田さん,それまでバイバイ♪

★★☆☆☆


溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。人気シリーズ、待望の文庫化始動。(Amazonより)



『ジウ』でも感じたのですが,この方の作品って,かなり劇画的。
いっそのこと,マンガにすればいいんじゃない?…と思ったけど,
グロい絵のオンパレードになってしまって,通勤電車の中で読むにはちとつらいものが出来上がりそうだ('◇')ゞ


【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文
書評:まねき猫の読書日記


            

キャラの立ち方やスピード感。いいんじゃないかと思います。
だけど,私はどうもダメかなぁ。。。
 
何がイヤって,エフがただの駒としての異常者でしかないところが一番イヤ。
『マークスの山』のように…とまでは言わないけれど。
たとえ描かれていたとしても,読者にはその論理構造が理解できないかもしれないけれど。
ちゃんと1人の人間として描いてほしかったな…と思います。
 
警察小説,推理小説,ハードボイルド…警察側の人間を描いた作品って,いろんなジャンルにまたがって,
たくさんあると思います。
警察を主とした小説では,大概相対する者として「犯人」がいるわけで。
この犯人が薄っぺらいと,やっぱりちょっと「浅い」というか何というか。。。

なんか生意気にスミマセン…なのですが,そんなことを感じました。

冒頭にも書いたように,誉田さんが作家さんを続けてくれたら,
そのうち「これは!」と思うような作品が出来上がってくるような,
そんな気もしています。
そういう意味では期待してます♪

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

誉田哲也 TB:2 CM:2 admin page top↑
<<映画「ハンサム★スーツ」 * HOME * 「無理」 奥田英朗>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

こんばんは~。
誉田さんの作品、キャラクターの立たせ方とか、テンポの良さとかは良いのですが、どうも、「えげつない」というのはありますね。
なんで、そこまで、えぐい描写を……というか……

でも、映画化が決定した、っていう『武士道』シリーズ(『武士道シックスティーン』『武士道セブンティーン』『武士道エイティーン』)は、そういうのがなく、剣道に精進する主人公の少女2人を主人公にした青春小説で、面白いな、と思っているシリーズです(まだ『エイティーン』は読んでいないのですが)

でも、その著者紹介でデビュー作とかを記した後で「本シリーズは、人が死なない初のシリーズ」とあって、世間でもそういう扱いなのかい!! と思わずツッコミを入れてしまいました。
by: たこやき * 2010/02/16 20:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんばんはっ♪

> 誉田さんの作品、キャラクターの立たせ方とか、テンポの良さとかは良いのですが、どうも、「えげつない」というのはありますね。
> なんで、そこまで、えぐい描写を……というか……

うん。。。(^^;)

『武士道シリーズ』。
ほーほー,そーなんだ。
と,図書館で予約してみました。
あはは!懲りてないv-8
by: そら * 2010/02/17 20:39 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/872-4c2608d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)ストロベリーナイト
著者:誉田哲也 ストロベリーナイト (文芸)(2006/02/22)誉田 哲也商品詳細を見る 住宅地で見つかった男性の遺体。ブルーシートで覆われたそれ... 新・たこの感想文【2010/02/16 20:40】
読書日記186:ストロベリーナイト by誉田哲也
タイトル:ストロベリーナイト 作者:誉田 哲也 出版元:光文社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺.. 書評:まねき猫の読書日記【2010/02/28 16:23】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。