スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ブルータスの心臓」 東野圭吾
2010 / 03 / 14 ( Sun ) 17:20:10
さらっと読めて,さらっと忘れるタイプの作品でした。
アイディアはおもしろかったんだけどなぁ。

★★☆☆☆

産業機器メーカーで人工知能ロボットの開発を手がける末永拓也。将来を嘱望される彼は、オーナーの末娘・星子の婿養子候補になるが、恋人・康子の妊娠を知り、困惑する。そんな矢先、星子の腹違いの兄・直樹から、同僚の橋本とともに、共同で康子を殺害する計画を打ち明けられ…。大阪・名古屋・東京を結ぶ完全犯罪殺人リレーがスタートした。傑作長編推理。 (Amazonより)



東野さん初期の作品です。
「いかにも初期」の浅い作品ですが(失礼!),
「そっちですかぁ!」の意外性は,今の東野さんに通じるものを感じました。



            


何と言っても痛いのが,登場人物の魅力のなさ。
逆玉の輿を狙う拓也もさることながら,
わがままいっぱいの令嬢星子,抜け目のない康子の女性陣も,
かなーり薄っぺらく。
こういう人たちって,バブル時代の一時期にステレオタイプのように描かれていた人たちだけど,
今ひとつリアリティーというか,実物感?がなかったように思いました。
社会の空気に流された人物を描いてしまうと,後でかなり気恥ずかしいものがあるんだろうなぁと思ったのでした。

それでも,一気に読ませるストーリー展開の速さと意外な犯人像は,
さすが…なのかもしれません。




どうでもいいことですが。
この作品は89年の作品です。
技師拓也がロボットの全能性を信じているところは,ホンマかいなと思ったりしました。
その頃のまだまだ不完全なロボットを前に,日々開発に励んでいた技師さんであればなおさら,
そんなにたやすくロボットを信用したりはしないような気がしました。
…ロボット。今いちストーリーに有機的に絡んでいなかった気がするので,
ホントにどうでもいいんだけれど(^^;)




スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

東野圭吾 TB:1 CM:4 admin page top↑
<<「スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季 秋冬編」 スティーヴン・キング  * HOME * 「龍神の雨」 道尾秀介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆管理人のみ閲覧できます◆

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/03/15 07:30 * [ *編集] * page top↑
  ◆◆

鍵コメさん,初めまして♪

ね~っ!(=^▽^=)

こちらこそ,よろしくお願いします(*^_^*)
また,遊びに来てください♪
by: そら * 2010/03/15 20:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

よろしくお願いしますね(笑)。私も読書が好きで書評めいたものを始めてますのでたまに遊びに来てください。http://whitebeach07.blog93.fc2.com/

そらさんのリンクを貼らせていただきます~。
by: シラハマ * 2010/03/16 01:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

シラハマさん,よろしくです(*^_^*)

私も,リンクを貼らせていただきました♪
FC2同士だと,とっても簡単なのね。
知らなかったぁ!
by: そら * 2010/03/16 15:51 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/879-0e69fa2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
東野圭吾『ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー 』
ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫)東野 圭吾光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー 』を紹介します。産業機器メーカーでロボットの開発を手がける末永拓也は、オーナーの末娘星子の婿養子候補になる itchy1976の日記【2010/06/09 07:14】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。