スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「使命と魂のリミット」 東野圭吾
2010 / 04 / 06 ( Tue ) 18:32:04
月1冊のペースで読んでいる東野作品。
この作品が,ここ最近では一番おもしろかったかも。
爽やかな読後感を味わいました。

★★★☆☆

心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う。あの日、手術室で何があったのか? 今日、何が起きるのか? 心の限界に挑む医学サスペンス。(Amazonより)



でも反面,とってもベタなお話ゆえに,何も東野さんじゃなくても…って気が少し。
…私は東野さんに何を期待しているのでしょう???
だんだんわからなくなっています(笑)


【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記





            


使命かぁ。。。。

人間は生まれながらにして使命を持っている



あちこちのキリスト教系中学校の学校説明会で,よく耳にした言葉だわ。
己の使命を知り,使命を全うする生き方こそ,神様の望む生き方であると。

そうはいっても使命だなんて大仰な言葉,一般ピープルにはなかなかピンと来ないものだけど,

プロになれ

という言葉が近いのかしらん…とつらつらと思った時期がありました。

それはさておき。
使命…がテーマなこの作品。
雄々しくも清々しく使命を全うしようとする人びとが出てきます。
いや,命を預かるお医者さんが使命感なくお仕事されちゃ,困りますが(^^;)

ひと頃の医療ミスに対する弾圧的な姿勢に対して,
東野さんなりに感じることがあったのかなぁと思いました。

性根の曲がっていない登場人物たちが織りなす,
サスペンス要素満載なストーリー。
そして家族の絆もパラッと一振り。

韓国ドラマになりそうなお話でした。

…韓国ドラマに詳しいわけではないけれど(^^;)


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

東野圭吾 TB:2 CM:2 admin page top↑
<<TV「NHKスペシャル アフリカンドリーム」 * HOME * 「臨床真理」上下 柚木裕子>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

こんばんわ。TBさせていただきました。
私も結構同じ意見ですね。
東野作品って、「え?ここで終わり?」っていう気になる感じで終わる印象だったんですけど、最近はやたら爽やかに終わる作品が多いなぁと思ってました^^;
この作品もそんな感じでしたね。
東野作品なんですけど、そうじゃないような・・・。
作品自体は嫌いじゃないんですけどね。
私も韓国ドラマは見たことがありませんが、韓国ドラマでありそうな感じですよね^^;
by: 苗坊 * 2010/04/12 18:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,こんばんはっ♪

> 東野作品なんですけど、そうじゃないような・・・。
> 作品自体は嫌いじゃないんですけどね。

そうなんだよね。作品自体,キライじゃないんだけど,な~んか満足度が低い。。。。

期待度が高くなってしまって,困ったもんです(^^;)

by: そら * 2010/04/12 22:20 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/885-83e35f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
使命と魂のリミット 東野圭吾
使命と魂のリミット 氷室夕紀は父の死をきっかけとして、心臓外科医を目指している。 今は研修医として、数々のオペに立ち会っている。 夕紀が医師を目指したのは、父の死に対して、ひとつの疑惑を感じていたからだった。 看護婦の望の恋人である譲治はエンジニア。 ... 苗坊の徒然日記【2010/04/12 18:22】
●読書記録● 「使命と魂のリミット」 東野圭吾
心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う! 大傑作長編サスペンス。 (Web KADOKAWaより) The 近況報告!【2010/09/05 23:39】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。