スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
TV「NHKスペシャル アフリカンドリーム」
2010 / 04 / 07 ( Wed ) 00:25:39
以前に観た映画,『ホテル・ルワンダ』と『ルワンダの涙

そのルワンダの今…を特集した番組でした。

あの大虐殺から16年。
首都キガリはめざましい発展を遂げている。
その主力となっているのは,ディアスポラと呼ばれる,虐殺を逃れヨーロッパ諸国に逃げたツチ族。

教育を受け,優秀な大人となった彼らは,母国ルワンダの発展のため,続々と祖国に戻っている。

ここまでが前半。

「あの」キガリが…と目を見張るほどの復興ぶり。

そして後半。

少数派であったツチ族と多数派であったフツ族。
共存していた2部族だったが,第1次世界大戦後,ベルギーの植民地となり,
より白人に似ている,つまり背が高く鼻筋が通っているツチ族が優遇されることとなる。
ここからツチ族とフツ族が格差が始まり,
それを不服とするフツ族の反乱や,いろいろいろいろぐちゃぐちゃあり。
で,1994年のフツ族によるツチ族大虐殺に発展したと。

軽く歴史的背景が紹介され。
…諸悪の根源は,白人による白人至上主義だったのかぁと思いました。
そのために,どれだけ多くの血が流されたことか。。。。

そして,フツ族と共存しようと歩み寄るツチ族の何とかさん(名前忘れた)のプロジェクトの紹介。

彼もフツ族に母親と妹3人(2人だったかも)をナタで殺された過去がある。
が,フツ族の農民にコーヒー豆を栽培してもらい,自分たち(ツチ族)が工場で加工し,輸出する…という案を
フツ族の農村に打診する。

ここで,繁栄しているのは都市部だけで,農村はまだまだ貧しいこと,
難を逃れて隣国に逃げていたフツ族の人びとが帰ってきていることで,
農村は,その人びとを抱えきれずに困っていることなどが知らされる。

そして,ツチ族に対するフツ族の根強い不信感なんかも映し出され。。。。

まるで,ツチ族の理性とフツ族の土着的な頑迷を,強いコントラストで印象づけるかのようでした。
結果,お互いフィフティー・フィフティーの利益折半という契約書がモノをいい,
共同プロジェクトが始まるところまでが放送内容。

…同じ「人」なのに,この意識の差は何だろうと思います。
多分,きっと,ツチ族のほうが優秀で…という話ではないはずで。。。。
これが,教育の差…なのかなぁ。。。
ツチ族の何とかさんも,英語を話し,経済の仕組みなんかも理解しているようで。
ほかの「富める」ディアスポラも,諸外国で高等教育を受け,
もっと前段階を言えば,先進諸外国のありさまを目の当たりにしていて。
フツ族は,(すべての人ではないのかもしれないけれど)逃げるといっても,隣の国で。

植民地時代からの格差が教育の格差となっており,そしてそれが今の生活の格差になっており。

「新たな火種」と,放送の中でもチラッと言われていたけれど。

キガリで建設中の高層ビジネスビル。
これが一瞬のうちに瓦礫に化すかもしれないと,
ふと不安になりました。

まずはフツ族の人たちにも教育を!と思った私。
フツ族の人の中にも,絶対優秀な人はいるはずだよね。
…違うのかな。。。。



スポンサーサイト
てれび TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「さくらえび」 さくらももこ * HOME * 「使命と魂のリミット」 東野圭吾>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

やはり教育でしょうね。それですべてが解決するわけではないでしょうが。
by: 佐平次 * 2010/04/07 10:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟佐平次さん,こんにちはっ♪

> やはり教育でしょうね。それですべてが解決するわけではないでしょうが。

確かに,それですべてが解決するわけではないかもしれないけれど,
やっぱり教育って大切ですよね~。

翻って,今の日本。高等教育(?)が高すぎです(>_<)
国立でも,昔のように勤労学生がバイトで賄える金額じゃないような。。。
そして,各種資格をとるために,大学生のダブルスクールが当たり前の今の風潮。。。
なんか,大丈夫なのかなぁ。。。。と思いますです。
by: そら * 2010/04/07 17:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

おお…。
先日読んだダーウィンの伝記をなぞるようだわ。
当時は「骨相学」ってのが流行っていて、
ぶっちゃけて言えば白人、それもゲルマン民族が
一番賢い~ていう結論付け。
それに一番遠くて、聖書にも出てこない
黒人とかネイティブアメリカンとか
黄色人種は、「違う人種」、つまり
交配も不可能という結論まで作られてたの。

だから奴隷にしても平気だったし(いわゆる
人間じゃないもん)格下扱いできたのね。

ダーウィンはそれに逆行する理論を作り上げたの。
それが「種の起源」。ただの本ではなかったのね。
当時としては聖書にも反するし、ものすごく
勇気がいったと思うのね。
リンカーンと同年同月同日生まれというのに
因縁を感じます。

その読後の興奮冷めやらぬところに、そらちゃんの日記。
まさかルワンダでその亜流が起きてたとは。

教育の必要性をひしと感じますね。
フツ族もツチ族も、どんだけの違いがあるってーの。
by: ぷらん * 2010/04/10 14:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ぷらんちゃん,こんにちはっ♪

「骨相学」…テレビでも,鼻の高さをT字定規で測っている写真が紹介されていました。
鼻の高さが高いほど白人に近い。ゆえに優秀だ…という文字通りの物差しだったようです。
そんなもんのために,ツチ族とフツ族の分断が起き,少数派ツチ族が多数派フツ族より上層部に位置するピラミッド構造の社会が出来上がっていったらしく。。。

これこそ罪作り以外の何者でもないだろうと思いました。
なるほどね。当時のヨーロッパの人たちにそういう思想があったのか。と思いました。
ダーウィンの「種の起源」って,そんな大きな価値転換の本だったのね。
…なんか,いい意味でも悪い意味でも世界ってつながっているんだね。。。と感じます。
教えてくださってありがとう♪

> 教育の必要性をひしと感じますね。
> フツ族もツチ族も、どんだけの違いがあるってーの。

ほんとよね。一括りにできないくらいの個性だって,それぞれ持っているでしょうと思います。
世界各国で高等教育を受けてきたツチ族は,ツチもフツも平等だと,同じルワンダ人なんだと,そんな考え方も広まっているようですが,フツの中には,まだまだ感情的な不信感が拭えないという人びとも多い模様。でも,それはツチが優秀で,フツが…という話ではないんだよね。よーするに教育なんだよ。うん。。。ツチでもなく,フツでもなく,「ルワンダ人」であることを自然に受け入れられる人たちが育つのは,これから何代先なんだろうと思います。それまで,「富めるツチ族に対するフツ族の反乱」みたいなニュースが飛び込んできませんように…と,私が願うのもすごく無責任にも思えたのですが,何だか強く願ってしまったのでした。


by: そら * 2010/04/12 18:02 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/889-7b84f074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。