スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「極北クレイマー」 海堂尊
2010 / 05 / 13 ( Thu ) 20:05:56
多分,もう読まないだろうなぁと思っていた海堂さん。
図書館の本棚に鎮座していたので,ついつい。
うーーーーん。。。。
「医療現場の現状を訴えるの巻」が続きますね~。

★★☆☆☆

財政破綻にあえぐ極北市。赤字5つ星の極北市民病院に、非常勤外科医の今中がやってきた。院長と事務長の対立、不衛生でカルテ管理もずさん、謎めいた医療事故、女性ジャーナリストの野心、病院閉鎖の危機…。はたして今中は桃色眼鏡の派遣女医・姫宮と手を組んで、医療崩壊の現場を再生できるのか。(Amazonより)



Amazonのあらすじはいつもよくまとまっているのに,
このあらすじは,いろいろ誤解を生みそうです。
姫宮,途中参加の途中退場だし。
今中はある種の気概を持って乗り込んできたわけじゃないし。
まぁ,それだけ,この作品がいろんな要素を詰め込みすぎている…ってことなのかもしれません。



【こちらの記事も♪】
itchy1976の日記
りゅうちゃんミストラル
徒然なるままに・・
三毛猫の飼い主の日常



            


医療過誤を謳った医師の不当逮捕。医療分野への司直の参入。
市政の失敗がもたらした地方財政の困窮と市民病院の存続。
病院内の危機意識の欠如と意識改革。

何やら現実の医療現場で起きているであろう多くの問題をギュウギュウ押し込んで,
そしておしまい。な小説でした。

確かにこれを読むことで,医師の立場からの主張というのもわかるけど。

もしかしたら,こういう小説を社会派小説と呼ぶのかもしれないけれど。

…全然おもしろくありませんでした。

うーーーーーん。

世の中,総クレーマー。うまくいって当たり前。そうでなかったら非難ごうごう。
オレたちは黙々と過酷な勤務に耐えながら,懸命に働いているんだ。バカヤロー。

…って,わかるけどね。

何だかとってもモヤモヤ感。

患者や患者家族の立場からすると,医療現場への不信感…というのはやっぱりあって。
だから「何か」があると,簡単にクレーマーと化してしまうのだと思うんです。
…というか,それを「クレーマー」と忌み嫌うこと自体,患者サイドからすると傲慢に思えるし,不信感を募らせてしまう。。。
不定愁訴外来もいい試みだと思うけど,
それより先に,ちゃんと話を聞いてくれて,的確にわかりやすく説明してくれる先生に,
一生のうち一度くらい会ってみたいです。
そんな先生が全国津々浦々どこにでもいる…みたいになるためには,
そういう先生がちゃんと儲かる仕組みも必要なんだろうなぁとも思うんですけど。

大体,入院患者が床ずれ起こして平気な病院なんて,だれが信じられるのかね~。
お医者さんは立派で有能。
お医者さんは信用できる。
だとしても,病院の姿勢が信じられなければ,
「保身のために何か隠してるんじゃないの?」と疑いたくもなりますし。

なんて素朴なことしか考えられない私には,
何だか海堂さんのおっしゃることがあまりに医師の立場からでありすぎて,
医療現場に司直が入ることは医療現場の崩壊を意味する…という危惧すらも,
だんだん医者の傲慢のように思えてしまいます。
まぁ,そうじゃないって頭じゃわかるんだけどね。

信頼できるお医者さんにいまだかつて巡り会ったことのない私の偏見…なのかもしれません。はい。







スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

海堂尊 TB:4 CM:0 admin page top↑
<<「七つの死者の囁き」 アンソロジー * HOME * 「ゴールデン・ボーイ」 スティーヴン・キング>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/898-310d4692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
海堂尊『極北クレイマー』
極北クレイマー海堂 尊朝日新聞出版このアイテムの詳細を見る 今回は、海堂尊『極北クレイマー』を紹介します。本書は地域医療と産科医療の崩壊のフォーカスを当てた作品である。モデルは、夕張市民病院と福島県立大野病院産科医逮捕事件かな。非常勤外科医の今中が赤字 itchy1976の日記【2010/05/20 17:15】
「極北クレイマー」海堂尊
「極北クレイマー」を読んだ。(この記事はネタばれあり)     極北市民病院に赴任した外科医の今中。この地は無理なリゾート開発が裏目に出て、ひどい赤字体質。今中も外科部... りゅうちゃんミストラル【2010/05/26 20:20】
『極北クレイマー』 海堂尊
ジェネラル・ルージュは北へ去り、『ジーン・ワルツ』と『イノセント・ゲリラの祝祭』でも「北」「北」と連呼されていましたが、その両作品で間接的に語られていた、北海道は極北市で起こった妊婦の医療事故死の全貌が遂に語られます。 何となく本筋に対する外伝というか... 【徒然なるままに・・・】【2010/10/11 19:24】
『極北クレーマー』
財政難の病院の実態と救急搬送された妊婦の事故。 海堂尊著『極北クレイマー』 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常【2011/02/15 21:35】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。